ASSIGN MEDIA

リブ・コンサルティングの平均年収。年代・職種別の年収や福利厚生を解説

リブ・コンサルティングは、「100年後の世界をよくする」を企業理念に掲げている総合コンサルティングファームです。

大企業から中小企業まで、幅広い業界の企業に対してコンサルティングを実施しています。

日本のコンサル業界のなかでは、比較的新しく勢いのあるファームの一つです。

本記事では、リブ・コンサルティングにおける年齢別・役職別での平均年収や福利厚生、教育制度などについて詳しく紹介します。

リブ・コンサルティングへの転職を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

リブ・コンサルティングの平均年収

OpenWorkによれば、リブ・コンサルティングで勤務する回答者における平均年収は「746万円」です(2023年5月時点)。

この数値は、国内における全産業の平均年収「443万円」と比べると高い水準にあります。

ここからは、リブ・コンサルティングにおける新卒や年齢別などでの年収の違いを解説します。

新卒の年収

リブ・コンサルティングの採用ページによると、新卒の年収は「500万円(年俸制)」とされています。

新卒時から年収500万円に到達する企業は、国内では少ない部類に入ります。

リブ・コンサルティングの新卒時年収が高いことを示すデータの一つが、厚生労働省が発表した「令和4年賃金構造基本統計調査」です。

この調査によれば、新卒時年収の平均は男女計で「228.5万円」です。

リブ・コンサルティングの新卒時年収は平均の約2倍であり、新卒からすぐ高収入を得られることは大きな魅力だといえます。

参考:令和4年賃金構造基本統計調査

年齢別の平均年収

リブ・コンサルティングは、ほかのコンサルティングファームや他業界の企業と同じく、年齢が上がるにつれて年収も上がることが一般的です。

以下に、年齢別の平均年収を紹介します。

年齢年収(年収の幅)
30歳700万円 (495万〜990万円)
35歳741万円 (524万〜1048万円)

参考:OpenWork

新卒社員の年収が500万円からスタートするのを考慮すると、多くの社員が数十万〜数百万円ほど給料アップしていることが読み取れます。

リブ・コンサルティングは、年齢以上に役職や個人の成果によっても年収が変動する傾向があります。

「30歳や35歳の時点でどのような役職に就き、十分な成果を出しているか」が最終的な年収額の決め手です、

リブ・コンサルティングとその他企業との年収比較

外資・国内問わず、日本のコンサルティングファームは複数あり、平均年収にも違いがあります。

リブ・コンサルティングとそのほかのコンサルティングファームの平均年収は、以下の通りです。

会社名年収
リブ・コンサルティング745万円
ボストン・コンサルティング・グループ1,463万円
マッキンゼー・アンド・カンパニー1,259万円
ドリームインキュベータ1,064万円
デロイト トーマツ コンサルティング934万円
PwCコンサルティング956万円
日本アイ・ビー・エム911万円
KPMGコンサルティング882万円
EYストラテジー・アンド・コンサルティング884万円

参考:OpenWork

リブ・コンサルティングの平均年収は、ほかの大手コンサルティングファームと比較すると、やや低い水準にとどまっているのが実情です。

ただ、dodaが2022年12月に公開した年収調査によると、コンサルティング業界全体の平均年収は「585万円」です。

コンサル業界全体から見ると、リブ・コンサルティングは決して低い給料水準ではないといえます。

比較的新しいファームであるがゆえに、現状はまだ大手にはおよばない水準です。

ただし今後の成長次第では、大手ファームの平均年収に追いつくチャンスが十分にあります。

参考:年収の高い職業は?平均年収ランキング(職種・職業別)【最新版】 |転職ならdoda(デューダ)

【関連記事はこちら】

>>ディルバートの平均年収。年代別の年収や福利厚生をまとめて解説
>>デロイト トーマツ コンサルティングの平均年収。初任給や福利厚生もまとめて解説
>>ベイカレント・コンサルティングの平均年収。福利厚生やボーナスもまとめて解説

リブ・コンサルティングの募集職種別の年収

リブ・コンサルティングでは、いくつかの職種別に募集が行われており、職種によって年収も変動しています。

ここでは、募集されている一部の職種を抜粋して、業務の概要や年収などを紹介します。

※2023年5月時点での求人情報をもとに記載しています。

戦略・経営コンサルタント

戦略・経営コンサルタントは、中堅・ベンチャー企業の経営者に対して戦略・経営の支援を行う職種です。

クライアントは、スタートアップからメガベンチャーまで多岐にわたります。

意思決定の早いベンチャー企業や、地域経済を支える企業などを支援することで、社会貢献を実感できる職種です。

業務内容戦略・経営コンサルティングに関わる業務全般
(経営戦略の策定・M&A・マーケティング・セールス など)
求めるスキル・大卒以上の方
・MBA、中小企業診断士の資格を保有する方
・論理的思考力の高い方
求める経験・プロジェクトマネジメント経験のある方
・経営者を対象とするクライアントワークにおいて成果創出経験のある方
・経営領域で高い成果を上げた経験のある方
年収600万~

参考:株式会社リブ・コンサルティング

新規事業開発コンサルタント

新規事業開発コンサルタントは、主にユニコーンやエンタープライズなどの企業に対し、事業開発をメインとした支援を行います。

事業開発の黎明期から携われるため、よりクライアントに寄り添ったコンサルティングを行えることが魅力です。

また、現場に深く入り込み、カンパニーベースの「経営支援型」として包括的に解決するアプローチを取っています。

戦略を描くところから現場レベルへの落とし込みまで関わりながら、クライアントの中長期的な支援が行える点も特徴です。

業務内容新規事業に関わる業務全般
(業務改善コンサルティングやITシステム導入コンサルティングは行わない)
求めるスキル・大卒以上の方
・コンサルティングファームでの実務経験が2年以上ある方
求める経験・経営領域でのコンサルティング経験のある方
・新規事業開発領域でのコンサルティング経験のある方
・海外案件の経験がある方
年収800万~1,500万円

参考:株式会社リブ・コンサルティング

マネージャー候補/戦略・経営コンサルタント

戦略・経営コンサルタントのなかでもマネージャー候補者の募集です。

入社後は、戦略・経営コンサルタントと同じく中堅・ベンチャー企業の経営者に対して戦略・経営コンサルティングを行います。

一定期間後、マネージャーとしてプロジェクトの品質管理やメンバー育成、案件獲得のための提案活動などを担当します。

具体的な役割やマネージャー昇格までの期間は選考時の面談で決定するため、入社を決める前に自身の希望を伝えることが可能です。

業務内容・戦略・経営コンサルティングに関わる業務全般
・マネージャーとしての業務全般
求めるスキル・大卒以上の方
・コンサルティングファームでの実務経験が2年以上ある方
・コンサルティングファームでのマネージャー経験が1年以上ある方
求める経験・経営領域でのコンサルティング経験のある方
・新規事業開発領域でのコンサルティング経験のある方
・海外案件の経験がある方
年収1,000万〜2,000万円

参考:株式会社リブ・コンサルティング

リブ・コンサルティングの福利厚生

リブ・コンサルティングでは、働く社員のためにさまざまな福利厚生が整備されています。

代表的なものとしては、以下の通りです。

  • 休暇制度(完全週休二日制、祝祭日、本人が定める休日など)
  • 社会保険完備
  • 社内イベント開催
  • 社内旅行手当
  • 資格取得サポート
  • 月度表彰制度
  • 半期表彰制度
  • 年間表彰制度
  • キャリアプラン相談
  • サークル活動費補助
  • 家賃補助 など

参考:採用情報 | リブ・コンサルティング RECRUITING WEBSITE

休日・休暇が充実しており、さらには働く上でも資格取得やサークル活動、社内イベントなどに支援があるのが大きな魅力です。

また、リブ・コンサルティングでは半年に一度、全社表彰式を行い、成績優秀者を評価し称賛しています。

このような表彰制度があることで、成果を出すモチベーションアップにもつながります。

リブ・コンサルティングで特徴的なキャリア形成プログラム

リブ・コンサルティングは、キャリア支援に関するプログラムが豊富です。

キャリア支援の充実ぶりが評価され、「働きがいのある会社(Great Place to Work®)」ランキング「働きがい認定企業」に8年連続で選出されています。

リブ・コンサルティングのキャリア支援プログラムは「人財育成制度」と名付けられていて、各々が自分のキャリアに向き合い、成長していく土壌が整備されています。

主なキャリア支援制度は、以下の通りです。

キャリア支援の項目詳細
1on1トレーナー制度・新人や中途社員一人ひとりに先輩コンサルタントが専属で教育・指導をする
・週次の1on1を通じて、プロジェクトでの価値発揮やキャリア形成をサポートする
CDP(キャリア・ディベロップメント・プログラム)面談・半年に1回、今後の目標・キャリアについて上司と共有し、実現に向けて業務調整をする
メンター制度・新卒メンバーに対し、トレーナーの資格を持った先輩社員が、コンサルの基礎から応用まで成長の全てをサポートする
プロジェクトナレッジ共有会・毎月全社員で集まり、プロジェクトナレッジ共有を実施するイベント
・毎月選りすぐりのプロジェクトのノウハウや問題、解決策を共有する
LiBユニバーシティ・理論と現場ノウハウをMBAホルダーである役員・社員が指導する
・Strategy(企業戦略講座)やOrganization Development(組織開発講座)など内容が充実している
CG Library(CG:Collective Genius)・過去に受注した案件に関する資料が集約されているライブラリーを、全社員が参照できる

上記はキャリア形成プログラムの一部で、ほかにもさまざまな制度があります。

リブ・コンサルティングの人財育成制度は、入社1ヵ月目から1人前のコンサルタントとしてプロジェクトを担当できるよう整備されたプログラムです。

プログラム一つひとつの内容を学ぶことはもちろんのこと、上長や先輩がサポートする風土が形成されているので、短期間でプロジェクトに参画できるようになります。

また、新卒以降役職や経験年数が上がっていっても、キャリアに即した人財育成制度が整備されており、いつでも成長の機会が設けられているのが特徴です。

参考:リブ・コンサルティング RECRUITING WEBSITE

リブ・コンサルティングに関する口コミ

リブ・コンサルティングの評価制度やカルチャー、ワークライフバランスに関する口コミやコメントを紹介します。

評価制度や昇進・昇給について

  • 配置転換は半年に一回行われ、そのタイミングで昇進も行われることが多い
  • マネージャーには入社してから早くて2、3年で昇格できるが、降格もしばしば発生するので、求められる成果と責任は大きい
  • 能力ランクによる給与・業績による給与・役職や役割による給与の3つで構成され、業績による給与の部分は半期に一度の改定で変動がある
  • 給与は前職の給与額を参考にして決まることもあり、入社後の実際の仕事量や貢献度と給与額が連動していない場合もある

半年に一度昇進のチャンスがあることで、メリハリをつけて成果を出していける環境があるといえます。

一方で、成果が出ていなければ降格もあり得ることを念頭に置いて勤務する必要があります。

また、給与面も半期に一度変動があることも特徴です。

中途採用の場合は、入社後に給与面でギャップを抱いてしまう可能性があるため、入社前のすり合わせが肝要となりそうです。

カルチャー・雰囲気

  • 経営方針はトップダウン型
  • 成績を上げた社員を全体会議で表彰したり、部門ごとに懇親会を頻繁に開いたりするなど、体育会的な社風を感じる
  • 「ビジネスパーソンとして成長したい」という上昇志向の強い人間が集まるので、全体的に勢いがある
  • 社員同士の関係はフラットで、上長にも意見を言いやすく・受け入れられやすい環境がある

リブ・コンサルティングの方針や理念が明確であるからこそ、それに賛同できる人材が多く集まっている印象が口コミから感じ取れます。

また、社員同士や上長などのコミュニケーションも活発で、相談・提案しやすい環境がある点は魅力的です。

【株式会社リブ・コンサルティング 西口氏/横山氏インタビュー】自動車業界・エネルギー業界の潮流と、先を見据えるリブ・コンサルティングの取り組み(前編)
【株式会社リブ・コンサルティング 西口氏/横山氏インタビュー】自動車業界・エネルギー業界の潮流と、先を見据えるリブ・コンサルティングの取り組み(前編)
【株式会社リブ・コンサルティング 西口氏/横山氏インタビュー】急成長を遂げるコンサルティング事業の優位性とは(中編)
【株式会社リブ・コンサルティング 西口氏/横山氏インタビュー】急成長を遂げるコンサルティング事業の優位性とは(中編)
【株式会社リブ・コンサルティング 西口氏/横山氏インタビュー】今後の事業成長を加速させるために求める人材像とは(後編)
【株式会社リブ・コンサルティング 西口氏/横山氏インタビュー】今後の事業成長を加速させるために求める人材像とは(後編)

ワークライフバランス

  • 土日・祝日は基本的には休めて、平日でも休みが取れるように配慮し合う雰囲気がある
  • リモートワークが中心で、自分でスケジューリングして業務を進めるので調整しやすい
  • プライベートとの折り合いが難しく、働き方をコントロールする意思の強さが必要
  • 自身の成長と高い給与を求める人はハードワークになりがちである

配属される部署やアサインされるプログラムによって、残業時間や休日がまちまちであるようです。

また、成長や成果を出すことが目的の人は、達成のために仕事に割く時間が多くなる傾向にあります。

ワークライフバランスを保つには、自身で仕事をコントロールする必要があります。

リブ・コンサルティングへの転職なら「ASSIGN」へ相談を

転職活動を自分一人で行うことは、得策とはいえません。

特にコンサルティング業界は、転職難易度が高い業界の一つであり、闇雲に挑戦しても結果が得られない可能性があります。

コンサルへの転職を確実に成功させたいのであれば、転職エージェントを利用することがおすすめです。

転職エージェントサービスを展開する弊社「ASSIGN」は、これまでに多くのコンサル転職を支援してきました。

弊社にはコンサル業界に特化したエージェントが多数在籍しており、一人ひとりに合った求人の紹介が可能です。

ASSIGNでは、コンサル転職を希望される方に対して、はじめにキャリアやスキルなどを棚卸しするための面談を実施します。

その後の面談で、転職先で身につけるべきスキルや将来的なキャリアパスの希望を固めたら、求人紹介へ移行するのが基本的な流れです。

そのほかにも、ASSIGNでは以下のようなサービスを展開しています。

  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 面接練習
  • 面接日時調整の代行
  • 年収交渉の代行 など

各企業の傾向を調査し、それを踏まえたオリジナルの選考対策をするので、内定獲得に向けて万全に準備を進められます。

ぜひコンサルタント転職に強い転職エージェント「ASSIGN」の活用をご検討ください。

20〜30代ハイエンド特化の
転職エージェント

 
転職エージェント「ASSIGN」

サービス特徴

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 長期的なキャリア形成を重視した、キャリア相談から支援がスタート
  3. 完全オーダーメイドの選考対策資料を作成する伴走型の転職支援

キャリア相談の
ご予約はこちらから

ASSIGN

アサインはビズリーチの最高ランク受賞等、確かな実績を持つエージェントと、若手ハイエンド向け転職サイト『ASSIGN』であなたのキャリアを支援しています。 コンサルティング業界専門のキャリア支援から始まり、現在ではハイエンド層の営業職・企画職・管理職など幅広い支援を行っています。 ご経験と価値観をお伺いし、目指す姿から逆算したキャリア戦略をご提案し、ご納得いただいた上で案件をご紹介するのが、弊社のキャリア支援の特徴です。

企業詳細へ

PICKUP / 編集者おすすめ

" alt="若手経理が「会計のプロフェッショナル」になるために意識すべきポイントを解説">

若手経理が「会計のプロフェッショナル」になるために意識すべきポイントを解説

キャリアコラム
" alt="「人がいてこそ真のトランスフォーメーションが実現できる」価値の源泉である人材育成へのこだわり">

「人がいてこそ真のトランスフォーメーションが実現できる」価値の源泉である人材育成へのこだわり

インタビュー
" alt="広告代理店からエムスリー株式会社へ。エージェントと「なぜ」を突き詰めた転職活動。">

広告代理店からエムスリー株式会社へ。エージェントと「なぜ」を突き詰めた転職活動。

転職者インタビュー
" alt="【図解】プレゼンテーションのコツ。導入から聞き手を惹きつける話し方まで解説">

【図解】プレゼンテーションのコツ。導入から聞き手を惹きつける話し方まで解説

キャリアコラム
" alt="プロジェクトマネジメントとは。成功へ導く3つのポイントを紹介">

プロジェクトマネジメントとは。成功へ導く3つのポイントを紹介

キャリアコラム