ASSIGN MEDIA

営業職のキャリアパスと転職の選択肢

はじめに

営業職は、企業の売上や利益に直結する重要な役割を担っている。営業職としてのキャリアを積んだ後、どのような選択肢があるのだろうか。本記事では、営業職のキャリアパスについて、具体的な選択肢や転職の傾向、他職種へのキャリアチェンジなどを詳しく解説する。転職を考える営業職の方々に、参考になる情報を提供できれば幸いである。

営業を極めた先にある4つのキャリアパス

1. 事業マネジメント

営業部長などと呼ばれる、大人数の営業組織の数字と責任を負うポジションである。自らがプレイヤーとして活動する機会は少なく、組織のマネジメント、リスク対応、市場の変化への対応など、営業組織全体の舵取りが主な役割となる。マネジメントや人を引っ張っていくことが好きな方に向いている。

2. スーパープレイヤー

営業を極め、そのままプレイヤーとして最前線に立ち続けるキャリアパスである。高い成果を出し続けることにモチベーションが湧き、現場でクライアントと接触することにやりがいを感じる人に向いている。また、独自のリレーションを活かして成果を出せる人も適している。ただし、マネジメントには向いていないケースが多いため、両立は難しいことも。

3. 営業企画

自身の成果の出し方を一般化し、営業全体の数字やKPIを上げていく役割である。他の人に成果の出し方を展開できる人に向いている。自分の施策によって数字がどれだけ伸びたかを追求する必要があり、すべての施策がうまくいくわけではないため、組織への思い入れが重要となる。

4. 特命担当

社長や役員直下で、その時々の会社にとって重要なミッションを遂行するポジションである。新しいプロダクトやサービスのテストセールスを行い、売れる見立てを作ったり、小回りの効く重要度の高いミッションに取り組むことが多い。社内外ともに影響力を持ち、知的好奇心旺盛な方がこの役割につくことが多い。

営業を極めた先には、これら4つのキャリアパスがある。自身の強みや特性、興味関心に合わせて、適切なキャリアを選択していくことが重要である。

営業職としての転職の傾向と注意点

キャリアステージによる転職の傾向

営業職として転職をする場合、キャリアステージによって求められるスキルや経験が異なってくる。

  • 20代前半までは、業界や営業の種類に関係なく、幅広い選択肢がある。営業スキルを磨くことが重要である。
  • 20代後半になると、担当していた業界やカウンターパート、商材などの専門性が問われ始める。これまでの経験を活かせる領域への転職が有利となる。
  • 30代以降は、これまでのキャリアで培ってきた専門性が重視され、同業界、同職種での転職が中心となる。
  • 40代以降は、転職先で培ってきた知見やスキルを還元することが求められ、マネジメント経験や人脈なども評価される。

営業職としての転職の注意点

1. スキルアップの必要性

営業職として長期的なキャリア形成を目指すためには、常にスキルアップを怠らないことが重要である。特に、商材知識、業界知識、提案力、交渉力、人間関係構築力などのスキルを磨くことが求められる。

2. 専門性の追求

キャリアが進むにつれて、専門性が問われるようになる。特定の業界や商材に特化し、深い知見を持つことが転職市場での価値につながる。

3. マネジメント経験の有無

営業職としてのキャリアを積む中で、マネジメント経験の有無が転職先の選択肢に影響を与える。マネジメント経験がある場合は、より上位のポジションへの転職が狙える。

4. 年齢による転職の難易度

営業職は比較的転職がしやすい職種ではあるが、年齢が上がるにつれて転職の難易度は高くなる。特に、40代以降は専門性やマネジメント経験が重視されるため、これまでのキャリアを活かせる転職先を見極めることが重要となる。

営業から他の職種へのキャリアチェンジ

マーケティング職への転身

営業職からマーケティング職へのキャリアチェンジは、比較的スムーズに行える選択肢の一つである。営業職で培った顧客ニーズの把握や市場動向の理解は、マーケティング戦略の立案に活かすことができる。特に、若手のうちにベンチャー企業などで営業とマーケティングの両方の業務を経験することで、マーケティング職へのキャリアチェンジがしやすくなる。

ただし、完全にマーケティング職に転身するためには、データ分析スキルやマーケティング理論の習得など、追加の学習と努力が必要となる。営業職とマーケティング職では求められるスキルセットが異なるため、自己研鑽を怠らずに取り組むことが重要である。

事業企画職への挑戦

営業職で培った顧客との関係性や市場知見を活かし、事業企画職へのキャリアチェンジを目指すのも一つの選択肢である。事業企画職では、新規事業の立ち上げや既存事業の拡大など、会社の成長戦略を担う役割が求められる。

営業職の経験は、顧客ニーズや競合他社の動向を把握する上で強みとなる。ただし、事業企画職では、データ分析力や論理的思考力、プレゼンテーション能力など、営業職とは異なるスキルも必要とされる。社内の事業企画部門でのジョブローテーションや、MBA取得などの学習機会を活用し、必要なスキルを身につけていくことが求められる。

人事職へのシフト

営業職で培ったコミュニケーション能力や人間力を活かし、人事職へのキャリアチェンジを考えるのも一つの選択肢である。人事職では、採用、教育、評価、労務管理など、幅広い業務を担当する。

営業職の経験は、人材の育成や評価、モチベーション管理などに活かすことができる。ただし、人事職では、労働法規や人事制度の知識、データ分析スキルなど、営業職とは異なる専門性も求められる。人事部門でのジョブローテーションや、人事関連の資格取得などを通じて、必要なスキルを身につけていくことが重要である。

独立・起業への道

営業職で培った人脈やノウハウを活かし、独立・起業への道を選ぶのも一つの選択肢である。営業職の経験は、顧客ニーズの把握や販路開拓、ビジネスモデルの構築などに活かすことができる。

ただし、独立・起業には、事業計画の立案や資金調達、リスク管理など、営業職とは異なる知識とスキルが必要とされる。起業家向けのセミナーや勉強会に参加し、必要な知識を習得することが重要である。また、独立・起業には大きなリスクが伴うため、十分な準備と覚悟を持って臨むことが求められる。

営業職から他の職種へのキャリアチェンジには、それぞれ独自の難しさがあるが、営業職で培ったスキルを活かしつつ、必要な知識やスキルを身につけていくことで、新たなキャリアを切り拓くことができる。自身の強みと適性を見極め、戦略的にキャリアを構築していくことが重要である。

おわりに

営業職のキャリアパスには、事業マネジメント、スーパープレイヤー、営業企画、匿名担当という4つの選択肢がある。また、営業職としての転職では、キャリアステージによって求められるスキルや専門性が変化し、スキルアップや専門性の追求、マネジメント経験の有無などが重要なポイントとなる。

一方、営業職から他の職種へのキャリアチェンジも可能であり、マーケティング職、事業企画職、人事職、独立・起業などの選択肢がある。ただし、いずれの場合も、営業職とは異なるスキルや知識の習得が必要となる。

自分の強みや適性、将来のキャリアビジョンを見据えて、最適な選択をすることが重要である。営業職のキャリアは多様であり、様々な可能性が広がっている。自分らしいキャリアを歩むために、今後のキャリアパスについてじっくりと考えてみることをおすすめしたい。

ASSIGN

アサインはビズリーチの最高ランク受賞等、確かな実績を持つエージェントと、若手ハイエンド向け転職サイト『ASSIGN』であなたのキャリアを支援しています。 コンサルティング業界専門のキャリア支援から始まり、現在ではハイエンド層の営業職・企画職・管理職など幅広い支援を行っています。 ご経験と価値観をお伺いし、目指す姿から逆算したキャリア戦略をご提案し、ご納得いただいた上で案件をご紹介するのが、弊社のキャリア支援の特徴です。

企業詳細へ

PICKUP / 編集者おすすめ

" alt="転職エージェント『MyVision』では何ができる?特徴を解説">

転職エージェント『MyVision』では何ができる?特徴を解説

未分類
" alt="転職エージェント『JAC Recruitment』では何ができる?特徴を解説">

転職エージェント『JAC Recruitment』では何ができる?特徴を解説

未分類
" alt="転職エージェント『Izul』では何ができる?特徴を解説">

転職エージェント『Izul』では何ができる?特徴を解説

未分類
" alt="コンサルタントのキャリアプラン">

コンサルタントのキャリアプラン

キャリアコラム
" alt="マーケターのキャリアプラン 専門性を高めて活躍の場を広げるために">

マーケターのキャリアプラン 専門性を高めて活躍の場を広げるために

キャリアコラム