アパレルで1人勝ちを続けるユニクロの経営戦略

アパレルで1人勝ちを続けるユニクロの経営戦略

アパレルブランド「ユニクロ」を持つ、ファーストリテイリングの快進撃が止まりません。日本を代表するグローバル企業となり、今も成長を続けるユニクロの戦略について今回は解説します。

自社で全てを一気通貫に行うSPA戦略

ユニクロの戦略として重要なのはSPAという考え方です。

SPAとは、Speciality store retailer of Private label Apparelの略で、簡単に説明すると、商品の企画、製造、物流、販売までを全て自社で行う仕組みのことを指します。

SPAを採用しているのは、ユニクロ以外にH&MやZARAといったファストファッションで採用されていることが多いです。

SPAのメリットは、生産コストを最小限に抑えられる点が挙げられます。通常のアパレルブランドであれば、製造、物流などは社外の主体に依頼することになります。

バリューチェーンの中で中間業者が入れば入るほどマージンとしてコストがかかってしまうため、製造元メーカーからすると利益を圧迫していく構造になってしまいます。

ユニクロの場合はSPAにより、バリューチェーンの中で余計な業者を一切通さないため、不要なマージンを取られることなく、低コストで商品を売り出すことを可能にしています。

コストは最小化できていますが、ユニクロの商品は他のアパレルブランドよりも利益率の高い商品が多いというわけでもありません。ユニクロは、余計な経費を抑えて利益率の高い商品を売るのではなく、より安く、より高品質の商品を製造することに重きを置いています。

SPAで実現される圧倒的なコストリーダーシップ戦略

上記のようにユニクロはSPA戦略により製品価格を下げることが可能になり、圧倒的なコストリーダーシップ戦略を実現しています。

コストリーダーシップ戦略とは経営学の用語ですが、コスト・価格の安さで他社より優位に立つことを指します。

コストリーダーシップ戦略によって、他の競合他社は価格以外の付加価値で差別化していくしかありません。

そのため、価格で優位に立てるということは、その業界での価格基準になるということであり、特にアパレルは消費者の購入動機として価格のウエイトが大きくなります。

さらに、コストリーダーシップ戦略のメリットは、幅広い顧客をターゲットにすることができることです。価格の高いハイブランドは収入が高い人しか買えませんが、価格が安いベースファッションは幅広い顧客がターゲットになりえます。

逆に、他のアパレルブランドは、価格やコスパの面で優位に立てず、顧客のターゲットを絞って販売する必要が出てきます。

コストリーダーシップ戦略の最大の利点は、差別化やターゲット選別を行う必要がなくなり、大量に生産することでき、さらに規模の経済が働く、という好循環を生むことです。

定番アイテムでのブルーオーシャン戦略

ユニクロといえば、ヒートテックやエアリズムなどの機能性の高い商品が好調になっています。こういった商品の開発こそが、ユニクロのブルーオーシャン戦略と言えます。ブルーオーシャン戦略とは、一般的には競争のない新規市場を攻めることを指します。

通常、アパレル業界といえば、競合他社が非常に多く、レッドオーシャンであることが多く、流行の移り変わりも激しくなっています。

そうした中でユニクロは、他の企業が販売していない、 ヒートテックやエアリズムなどの 機能性の高い商品を開発し、独占販売しており、夏にエアリズムを着て、冬にヒートテックを着ることは当たり前になりつつあります。

エアリズムやヒートテックなどの機能性商品は、価格と質の高さ以外で差別化することが難しいものです。これらの商品はインナーとして使うことが目的のため、アパレルで重要になる見た目の要素が小さくなっています。

つまり、SPA戦略を取っていない他社がユニクロと類似した機能性商品を作っても、見た目やデザインが差別化要素になりにくいため、現状、価格・質では勝ち目がありません。

ベーシックアイテムの機能性の高い商品というブルーオーシャンで他社が参入しにくい圧倒的な障壁を作れていることは、ユニクロの明確な強みと言えます。

このようにユニクロは複数の戦略を混ぜながら成長を続けています。今後は海外も含めた戦略に注目していきたいところです。

20〜30代ハイエンド特化なら伴走型の転職エージェント「ASSIGN

株式会社ASSIGNではコンサルファームへの転職支援からスタートし、現在では、経営企画職や営業職など幅広い職種のキャリア形成、転職支援を行っています。

選考対策は一人ひとり完全オーダーメイド

20代-30代ハイエンドに特化した転職エージェント「ASSIGN」では、求職者一人ひとりのキャリアに向き合うため、初回面談でいきなり案件を紹介することはありません。

これまでのご経験や現職での課題感、目指したい将来像とライフプランを併せてお伺いし、まずは次の会社に必要なスキルや環境を棚卸しいたします。

その上で、DiSC修了者があなたの価値観と強みを分析し、一人ひとりにあわせたオーダーメイドの選考対策資料をご用意。

  • 転職を考えたきっかけ
  • 今回の転職軸
  • なぜこの業界か
  • なぜこの企業か

など各設問への回答を、専任コンサルタントと共に、妥当性・明確さ・根拠の3点から深掘りします。

Everything DiSC:米Wiley社で開発された、世界中で毎年100万人以上が利用するアセスメントツールの認定資格。
行動特性による分析理論であり、MicrosoftやSONYなどで導入されています。

両面型の転職エージェント

転職エージェント「ASSIGN」では、担当エージェントが企業への連絡や調整も行う両面型を採用。

担当エージェントが採用企業の人事と直接やりとりすることで、求めている人材・価値観・スキル・入社後の業務内容まで詳細を把握しています。

採用企業から共有された感度の高い情報を、すぐさま皆様にフィードバック可能。両面型エージェントだからこその、踏み込んだ転職支援が魅力です。

一流エージェントがご支援いたします

転職エージェントASSIGNの創業メンバーは、全員コンサルティングファーム出身。

他のメンバーについても、IBM、Recruit、野村証券、大手海運やグローバルメーカー出身者などのトップ企業で実績を残したエージェントです。

2021年6月には、株式会社ビズリーチが主催「JAPAN HEADHUNTER AWARDS 2021」にて、弊社取締役 奥井亮が、総合的に最も高い結果を残したキャリアエージェントに贈られる 「ヘッドハンター・オブ・ザ・イヤー(大賞)」を受賞いたしました。

*「JAPAN HEADHUNTER AWARDS 2021」は、即戦力人材に特化した転職サイト「ビズリーチ」に登録する約4,600名のヘッドハンターのなかから、面談満足度や決定数など7項目で構成されるヘッドハンタースコアをもとに、日本一のヘッドハンターを選出し表彰するアワード。

これは創業以来一貫して、目の前の転職だけでなく、応募者一人ひとりの中長期的なキャリアに向き合ってきた結果だと考えています。

転職の成功は、新たなキャリアのスタートにしか過ぎません。

まだまだ改善の余地も大きく、日々改善に努めながら、今後も一人ひとりに向き合ったご支援をお約束させていただきます。

» JAPAN HEADHUNTER AWARDS 2021の詳細はこちら

日本初AIキャリアシミュレーション「VIEW」

2019年2月、ASSIGNは「キャリアを見渡す。未来を選ぶ」をコンセプトにAIキャリアシミュレーションアプリ『VIEW(ビュー)』をローンチ。

20,000人以上のキャリアデータをもとに、AIがあなたに合うキャリアを自動でランキング化します。

3分であなたの経歴や価値観を登録でき、あなたのキャリアシナリオが可視化。

今ある選択肢が広がるだけでなく、新たな可能性を見出すことが可能です。

もちろんキャリアのシミュレーションだけでなく、トップエージェントからのスカウトを受け取ることもできます。

新たな可能性の再発見に、ぜひ『VIEW(ビュー)』をご利用ください。

無料でのキャリア面談はこちらから。

お電話にて30分程度のお時間を頂き、あなたが持つ価値観へのヒアリングから、キャリアの考え方、転職市場のトレンドや動向等、目の前の転職だけでなく将来を見据えたキャリア面談を実施いたします。

以下のリンクより面談日時をご指定頂き、その場でのご予約が可能です。

ぜひお気軽にご相談ください。