ハイクラス転職とは。年収や求人、転職を成功させるポイントを解説

ハイクラス転職とは。年収や求人、転職を成功させるポイントを解説

ハイクラス転職とは、一般的に年収800万円以上の職への転職を指します。

ただ、年収はあくまで目安であり、経営戦略に関与するなどの影響力あるポジションであれば、年収を問わずハイクラス転職と言われる場合もあります。

ハイクラス転職は一般的な転職と比べてハードルが高く、求められるスキルや実績のレベルも高い傾向です。

ハイクラス転職を目指す場合には、しっかりと今後のキャリアプランを考えた上で、計画的に転職活動を進めていく必要があります。

そこで本記事では、ハイクラス転職の年収や仕事内容、転職を成功させるためのポイントを解説します。

ポイントを把握し、自身のキャリアプランや選考対策に落とし込んでください。

ハイクラス転職とは

ハイクラス転職とは、一般的に年収800万円以上の職への転職を指します。

ただ、年収はあくまで目安であり、明確な定義があるわけではありません。

年収800万円以下でも、経営戦略に関与するなどの影響力あるポジションであれば、ハイクラス転職に該当する場合もあります。

ハイクラス転職は、特定分野の専門性を持った「スペシャリスト」として活躍するか、幅広い知識を持った「ゼネラリスト」として経営に関与するかの2通りの方向性があります。

いずれの場合でも、ハイクラス転職をする人材はあらゆる業界・企業のなかで市場価値が高く、強い影響力を持つ人材です。

ハイクラス転職の求人例

ハイクラス転職の求人で多いのが、企業の経営幹部や上級管理職のポジションです。

これらの役割の求人は、前職で経営幹部や上級管理職、重役などをしていた人材を対象に募集していることが多い傾向です。

このほかにも、コンサルティングや金融、医薬、外資系などの業界で専門性の高い人材を募集しているケースもあります。

持ち合わせている専門性が高い人材は希少価値が高くなり、おのずと年収が高まります。

【求人の具体例】

  • 研究職
  • 経営企画担当
  • DX推進担当
  • 情報セキュリティ担当
  • データサイエンティスト
  • サイト運営責任者
  • マーケティングディレクター
  • 工場担当部長

なお、ハイクラス転職の求人は、一般的な転職エージェントや求人サイト、ハローワークには出回っていません。

なぜなら、企業の事業戦略に関わるような役職・ポジションの情報であり、大胆に公開することができないからです。

戦略の根幹を担う、あるいは新規事業の戦略に関わる重要ポジションの求人だと、転職エージェントの非公開求人やスカウト、紹介に限定されます。

ハイクラス転職の年代

ハイクラス転職の年代は、一般的には30〜50代ほどが多い傾向です。

十分に経験を積み、実績を出した人材がハイクラス転職を成功させています。

ただ、20代だからといってハイクラス転職が不可能なわけではありません。

管理職や経営幹部への転職は前職で同等のポジションでないと難しいものの、希少性の高い専門性や実績があれば十分目指すことができます。

ハイクラス転職の年収

年収は800万円あたりが基準ですが、経営に関与するような重要ポジションであれば年収800万円以下でもハイクラス転職と言います。

年収の幅は広く、企業やポジションによっては1,000万円、2,000万円以上の場合もあります。

「ハイクラス人材=高年収」と認識している人もいますが、一概には言えません。

エグゼクティブとの違い

「エグゼクティブ」は役員や管理職員、経営者、重役といった意味です。

エグゼクティブは役職に特化していますが、ハイクラスはさらに広い意味合いを持ちます。

エグゼクティブとハイクラスは使い分けされないこともありますが、どちらの表現にしても企業の中核を担う重要な役割を果たす人材である点は変わりません。

ハイクラス転職の魅力

ハイクラス転職には、以下のような魅力があります。

  • 年収が上がる
  • 経営に関与できる可能性が高い
  • キャリアの幅が広がる

ハイクラス転職では問われる責任が大きくなり、レベルの高い専門性が求められる分、年収アップが期待できます。

ただ、年収や役職を上げることよりも、「経験・能力が活かせるポジション」「やりたい仕事ができる環境」を重視して転職を決断する人が多い傾向です。

すべてのハイクラス転職がそうとは限りませんが、自身の知識や経験を活かして経営に関与できるなど、現職よりさらにやりがいを持って働ける可能性があります。

また、業務のなかで経営スキルを身につけたり、さらに自身の専門性を磨いたりすれば、今後のキャリアアップにも大きくつながります。

ハイクラス転職の難しさ

ハイクラス転職の難しさは、以下のような内容が挙げられます。

  • ハイレベルなスキルや実績が求められる
  • 未経験分野での採用は困難
  • 求人数が限られている

ハイレベルなスキルや実績が求められる

ハイクラス転職は、一般的な転職と比べて本人のスキルや実績が厳しく評価されます。

過去の成果や実績をアピールした上で、企業に「即戦力となれる価値が高い人材」だと認識してもらわないと採用は難しい傾向です。

また、転職直後から高いレベルを要求される点も忘れてはいけません。

即戦力として期待されて入社する分、入社後にプレッシャーや負担を感じることも多いと言えます。

未経験分野での採用は困難

ハイクラス転職の場合、未経験分野への転職は困難です。

未経験者を採用すれば、少なからずその新しい分野の教育や研修が必要となり、入社後すぐに会社に貢献できる見込みが低いためです。

ハイクラス転職はある程度の年収を支払う以上、「いかに即戦力となれるか」を求める傾向があります。

もし未経験分野でハイクラス転職を目指したいなら、「まずは別の企業で経験を積んでから転職をしてハイキャリアを目指す」など、計画的にキャリアを構築する必要があります。

求人数が限られている

ハイクラス転職の求人は、そもそも募集の数が限られています。

どれだけスキルがあっても、必ずしも希望条件がすべて満たせる求人が見つかるとは限りません。

待遇や仕事内容、働き方などさまざまな観点で「どの条件が譲れなくて、どの内容は妥協してよいのか」を考え、優先順位をつけておく必要があります。

ハイクラス向けの求人を探す方法

デスクワーク

ハイクラス転職を目指す場合は、「どのサービスを利用して転職活動を進めるか」が重要なポイントです。

ここでは、ハイクラス向けの求人を探す主な方法を4つ紹介します。

  • 転職エージェント
  • 転職サイト
  • 紹介
  • スカウトやヘッドハンティング

転職エージェント

転職エージェントは、転職希望者のスキルや希望条件を確認し、保有している求人情報のなかから本人に合う企業を紹介するサービスです。

求人紹介だけでなく、これからのキャリアに関する相談、市場価値の見極め、書類や面接などの選考対策、年収交渉などまで行ってくれます。

転職エージェントでは、自分1人だけでは難しい企業の情報収集や求人探しをサポートしてくれるため、効率的に転職活動を進められます。

また、一般的な転職サイトには公開されていない非公開求人を紹介してもらえる点も魅力です。

一般的には公開されていない、好条件かつ好待遇の非公開求人を紹介してもらえる可能性があるため、ハイクラス転職の選択肢が大きく広がります。

ハイクラス転職を効率的に進めたい人に向いているサービスです。

>>【最新】ハイキャリア向けの転職エージェントおすすめ11選

>>ハイクラス向けの転職エージェント7選を比較 利用をすすめる理由や選び方のポイントも

>>【2022年】年収700万円以上を目指すハイクラス転職サイト、転職エージェントの選び方とおすすめ18選

>>エグゼクティブ向けの転職エージェントについて解説。選び方のポイントも

転職サイト

転職サイトでは、掲載された求人のなかから気になるものを自分で探し、自分で応募します。

サポートを受けられる転職エージェントとは異なり、自分のペースで転職活動を進められるのがメリットです。

ただし、転職サイトには非公開求人の掲載がないため、自分の条件やスキルに合うハイクラス向け求人が見つからない可能性があります。

また、第三者に転職に関する悩みを相談したり、情報収集や選考対策を手伝ってもらったりすることはできないため、転職活動が難航することも考えられます。

ハイクラス転職に対する不安があるなら、転職エージェントの利用がおすすめです。

紹介

知人や同業者からの紹介でハイクラス転職をする人もいます。

知人や同業者であれば、すでに自分の人柄やスキルをある程度理解しているため、自分に適切な職やポジションを紹介してもらえる可能性も高い傾向です。

ただ、紹介がきっかけでの転職は、すでに同業者とのつながりがあったり、異業種交流会や研修に頻繁に参加していたりと、人脈がある人に限られます。

現職で積極的に人脈を構築しておけば、思わぬ紹介のチャンスに巡り合えるかもしれません。

スカウトやヘッドハンティング

スカウトやヘッドハンティングを実施している転職サービス(転職エージェント)を利用する方法もあります。

スカウトやヘッドハンティングは、自分で求人を探し応募するのではなく、企業側あるいはヘッドハンターからのスカウトで転職活動を進めるスタイルです。

エンジャパンが実施した「年収アップ転職実態調査」によると、「スカウトオファーが来た企業への転職をしたことで年収アップを実現できた」と回答した人の割合が最も多いそうです。

ただし、スカウトやヘッドハンティングされたからといって必ず内定が獲得できるとは限りません。

スカウトがきっかけで選考に進んだとしても、念入りに選考対策をした上で面接に臨む必要があります。

ハイクラス転職で失敗しやすい人

ハイクラス転職で失敗しやすい人の特徴は、主に以下の2つです。

  • 年収アップ目的での転職
  • 前職のやり方を転職先にそのまま持ち込んでしまう

ハイクラス転職の場合、「年収アップ」や「待遇改善」を第一目的にしている人も少なくありません。

もちろん目的の一つではありますが、年収アップだけを転職の目的とすると、入社後に任される職務内容や環境が合わず、ミスマッチにつながる可能性があります。

ハイクラス転職は、一度期待されて入社すると「辞めにくい」といったデメリットもあるため、会社との相性は慎重に検討することが大切です。

また、前職のやり方や考え方を新しい職場にそのまま持ち込み、強要してしまう人も失敗しやすい傾向です。

ハイクラス人材は、転職先の新しい職場でも指揮を担うような重要なポジションを担うことが多々あります。

企業の文化や環境に馴染み、周囲からサポートを得る努力や工夫をしなければ、期待されていた成果を出すことはできません。

これまでの進め方や成功体験に固執せず、新たな職場のやり方を吸収しながら周囲との関係性を構築することが大切です。

ハイクラス転職を成功させるポイント

ハイクラス転職は求められるレベルが高いからこそ、計画的に転職活動を進めることが大切です。

ハイクラス転職を成功させるために、以下5つのポイントを意識してください。

  • 募集背景や入社後に求められるミッションを確認する
  • 入社後の上司・部下、部署の人間関係を把握する
  • 中長期的なキャリアプランを考える
  • 現職で十分な実績を積んでおく
  • 第三者に市場価値を判断してもらう

募集背景や入社後に求められるミッションを確認する

ハイクラス向けの求人は、募集時にポジションや職務内容、ミッションが明確に定められていることがほとんどです。

入社を決める前には「このポジションには何が求められているのか」「自分のスキルが活かせる職務内容か」を入念に確認した上で、入社を決断するようにしてください。

求人ページだけではわからない場合は、面接などで採用担当者に直接質問するのが望ましいです。

ミッションだけでなく、職場環境や方針などに関する疑問を事前に解消し、自分がその職場で働くイメージをつけておくようにしてください。

入社後の上司・部下、部署の人間関係を把握する

入社後に自分の強みやスキルを発揮し、やりがいを持って働くためには、職場の人たちとの相性が重要です。

新しい職場では1から人間関係を構築する必要があります。

もし相性が合わず、メンバーから協力が得られなければ、期待されていた成果を出せません。

人間関係でのミスマッチを防ぐためにも、上司や部下をはじめ、連携する機会が多い他部署のメンバー、チームの人数なども事前に確認してください。

ただ口頭で聞くだけでなく、オフィスを訪問した際に本人と会う機会を作ってもらうなど、実際に会話しながら相手との相性を確かめると確実です。

中長期的なキャリアプランを考える

キャリアプランとは、自分が今後どのようなキャリアを積み上げ、理想の実現に向けてどう行動するかをまとめた中長期にわたる計画です。

ハイキャリア転職では、目の前の転職だけを目標にするのではなく、キャリアプランに沿った計画的な転職をするほうがミスマッチを防げます。

また、企業側も採用者とのビジョンやニーズのずれをなくすために、選考時にキャリアプランに関する質問をするケースもあるため、明確に回答できるよう準備しておく必要があります。

キャリアプランは、以下のステップで考えてみてください。

【キャリアプランを考える流れ】

  1. スキルや経験の棚卸しをする
  2. 将来的になりたい姿を考える
  3. 現在の自分とのギャップを明確にする
  4. なりたい姿から逆算し、やるべきことを挙げる

キャリアプランを考える際には、単なる自分の理想だけでなく実現可能性も考慮しなければなりません。

自分のスキルや強みを正しく理解した上で、いつ・何をするかの行動をできるだけ明確に挙げていく必要があります。

自分のスキルを過信することなく、現状を正しく把握するのがポイントです。

現職で十分な実績を積んでおく

ハイクラス転職では、選考時にこれまでの成果・実績をアピールし「採用する価値が高い人材」だと認識してもらえないと採用は困難です。

現職で十分な成果を残していないなら、まだ転職するタイミングではないかもしれません。

「当面は現職で経験を積み、実績を作る」という選択も検討してみてください。

現職で成果を出し評価してもらえば、その後のハイクラス転職もスムーズに進められる可能性が高まります。

第三者に市場価値を判断してもらう

ハイクラス転職は、自分自身だけで進めても上手くいかないことがあります。

転職活動をスムーズに進めるためにも、第三者に協力やサポートを求めることをおすすめします。

特に自分の市場価値を正しく捉えることは、自分自身だけではなかなかできません。

実際に、現在大手企業に勤めて高年収を得ている場合でも、「転職市場ではそこまで価値が高くなく、予想していたほど評価はされない」と気づくケースもあります。

自分の市場価値を正しく把握すれば、「どのくらいの年収が適正なのか」「自分のスキルや経験を評価してくれそうな企業はどこなのか」を見極めることが可能です。

市場価値の判断が難しい場合は、自分のスキルや経歴、実績を客観的に判断してくれる転職エージェントなどに相談することをおすすめします。

ハイクラス転職を実現させるなら転職エージェントを利用しよう

ハイクラス転職を確実に成功させるなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

転職エージェントには転職に精通したプロのアドバイザーが在籍しており、業界の最新情報や採用傾向を共有してくれます。

過去の採用データも多数保有しているので、「ハイクラス転職では何が重視されるか」「これまで転職に成功した人はどのような実績があるのか」などの貴重な情報を得ることが可能です。

また、第三者の視点からあなたの市場価値や向き不向きを判断し、さまざまなアドバイスを受けることができます。

ほかにも、転職エージェントでは以下のような支援を受けられます。

  • キャリア面談
  • 非公開求人紹介
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 面接練習
  • 面接日時調整の代行
  • 年収交渉の代行 など

ぜひ転職エージェントの活用を検討してみてください。

20〜30代ハイクラス特化の
転職エージェント

 
転職エージェント「ASSIGN」

サービス特徴

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 長期的なキャリア形成を重視した、キャリア相談から支援がスタート
  3. 完全オーダーメイドの選考対策資料を作成する伴走型の転職支援

キャリア相談の
ご予約はこちらから