ASSIGN MEDIA

転職で失敗する人の特徴6選。失敗例や失敗しないためのポイントを解説

思い切って転職を決断したものの、「なかなか転職先が決まらない」「入社したけど、思っていた仕事内容と違った」などと感じている人は多くいます。

転職は今後のキャリアや生活スタイルを大きく左右するものなので、失敗は必ず避けたいところです。

満足のいく転職をするためにも、あらかじめ転職で失敗する人の特徴や失敗例を把握した上で、正しい転職対策を進めることが重要です。

そこで本記事では、転職における失敗例や転職で失敗する人の特徴6選、失敗しないための対策を紹介します。

正しい転職対策と準備を知り、自身の転職活動に活かしてください。

転職における失敗例

転職における失敗としては、具体的にどのような内容があるのでしょうか。

ここでは、転職における失敗例の一部を紹介します。

【転職前〜転職活動中の失敗】

  • 志望していた企業のエントリー期限を確認できておらず、応募を逃した
  • 自身のスキルや長所があいまいで、書類で適切にアピールできなかった

【面接での失敗】

  • 予期せぬ質問で慌ててしまい、伝えたいことが言えなかった
  • 会社情報について聞かれたときに答えられなかった
  • 面接に遅刻した

【転職後の失敗】

  • 希望通り年収は上がったけど、毎日の残業で疲弊してしまっている
  • 新たな業界へ入社したが、前の業務のほうが合っていたかもしれないと気づいた
  • 職場の雰囲気が自分にマッチしていない

上記のなかでも、転職後の失敗は必ず避けたいところです。

転職活動中や面接での失敗の場合は、失敗した原因を振り返り、次の選考対策へと活かすことが可能です。

しかし、入社後における「前職のほうが向いていたかもしれない」「企業や業界と合わなかった」などの失敗は改善も難しく、自身が苦労することはもちろん、転職先にも迷惑をかけてしまいます。

転職失敗を避けるためにできることを把握し、事前に対策を打つようにしてください。

転職で失敗する人の特徴

転職で失敗する人の特徴は、主に以下6つが挙げられます。

  1. 志望動機があいまい
  2. 自分の強みやスキルを理解していない
  3. 転職の条件を絞っていない
  4. 他責思考になっている
  5. 長期的なキャリアを見据えていない
  6. 選考対策が不十分

志望動機があいまい

多くの採用担当者が最も選考で重視するポイントである「志望動機」があいまいだと、転職先がなかなか決まらず長期化しがちです。

中途採用の場合、志望動機のなかで「転職をすることでどのようなキャリアを実現したいか」「その会社にどう貢献できるのか」を明確に答えられることが特に重要です。

「現職ではない会社で仕事をしたい」「新しい環境に身を置きたい」といった漠然とした志望動機では、志望度の低さや準備の甘さを見透かされてしまいます。

転職に対する熱意を伝えるためにも、どの企業にも言い換えできる内容ではなく、具体的でオリジナリティーのある志望動機が求められます。

自分の強みやスキルを理解していない

自分の強みやスキルを理解していないまま転職活動をしている人は、転職先がなかなか決まらず長期化する傾向にあります。

自分のスキルや強みを自身で理解していないと、そもそも企業の特色に沿ったアピールができません。

中途採用ではいかに「即戦力として活躍できるか」を重視されるからこそ、「〇〇に関するスキルや実績があるので、御社の〇〇の業務へ貢献できる」のように根拠を持って伝える必要があります。

また、自身の特徴を把握していないことが原因で、自分のよさを活かせないと、転職後もやりがいが感じられず、入社後のミスマッチにつながる恐れもあります。

「早く転職先を決めたい」と焦っている人でも、まずは自己分析をして自分のスキル、経験、実績を棚卸しし、自分の強みを明確にした上で転職活動をすることが大切です。

転職の条件を絞っていない

「年収が今より高い」「残業が少ない」といった抽象的な内容や、会社の知名度やネームバリューだけで応募先を決めるのは好ましくありません。

転職の条件があいまいなまま転職活動を進めてしまうと、企業とのミスマッチにつながりがちです。

仕事内容や社風など事前に十分な情報収集をし、「ここは譲れない」というポイントをはっきりさせておくと、企業選びで失敗しにくくなります。

【転職条件の例】

  • 〇〇の経験を活かせる仕事内容
  • 評価制度が明確
  • 経営方針・経営理念に共感できる
  • 土日祝が休み
  • 育児・託児・介護支援制度がある など

他責思考になっている

「労働環境が悪い」「上司が悪い、自分は悪くない」といった他責思考の人は、転職に失敗する可能性が高い傾向です。

もし転職先で前職と似たようなトラブルが起きた場合、他責思考の人は自身で解決策を考えられず、結局同じ悩みや不満を抱えてしまいます。

自分でできる工夫や解決策を考えられないと、転職するだけでは根本的な解決にはなりません。

何事も自責で考えられないと、転職先でやりがいを持って長期的に働くことは困難です。

長期的なキャリアを見据えていない

「とにかく現職から逃げたい」などと転職を急いでいる人は、目の前にある内定獲得が目的になりがちです。

転職は内定獲得が目的ではなく、長期的な目線で「長く働けるか」「どのようなキャリアを歩めるか」を考えることが重要です。

「転職することでどのようなキャリアを歩みたいのか」「3年後はどのような姿になっていたいか」を考えるようにしてください。

選考対策が不十分

転職者のなかには「特別な対策をしなくても、何とかなるだろう」と自分を過信し、書類作成・面接対策の手を抜いてしまう人がいます。

しかし、基本的な対策が十分でなければ、選考の通過が難しくなるのは事実です。

書類選考対策と面接対策の2つは、手を抜かずに取り組む必要があります。

求職者を最初に知るツール「履歴書・職務経歴書」は、本人の第一印象を左右します。

志望動機や自己PRの記載が極端に短かったり、他社と使い回しているのがわかる内容だったりすると、採用担当者の目に留まることはありません。

基本の書き方や見られているポイントを理解し、自分のよさや実績をアピールできる書類に仕上げることが重要です。

また、面接選考では「本人のスキル・経験を自社に活かせるか」「会社とマッチするか」など、本人の人柄やスキルを念入りに確認されます。

効果的に受け答えするためにも、聞かれやすい質問の受け答えを準備したり、スムーズに話せるよう練習したりする対策は欠かせません。

【面接対策のポイント】

  • 身だしなみを整える
  • あいさつや入退室時のマナーを把握する
  • 事業内容や業界の動向をリサーチし、質問されたときに答えられるようにしておく
  • 面接時に想定される質問内容に答える練習をする

キャリアパスに迷ったら20・30代特化の「ASSIGN AGENT」

ーーASSIGN AGENTが選ばれる4つの特徴

  1. 400,000人のキャリアデータと10,000人以上の支援実績からキャリアの選択肢と強みを提示
  2. 企業紹介より先にキャリアプランを作成しお渡しする
  3. あなた専用の選考対策資料で内定獲得をサポート
  4. 入社後も半年に1度の面談でキャリアの実現まで伴走

転職で失敗しないためのポイント

転職で失敗しないためには、以下6つの内容を徹底してください。

  • 転職の必要性を検討する
  • 自己分析をして強みと弱みを明確にする
  • 自分の市場価値を知る
  • 業界・企業分析をして自分と合うかを判断する
  • 3、5年後のキャリアパスを考える
  • 転職エージェントに相談する

転職の必要性を検討する

転職を急いでいる人でも、まずは「本当に自分には転職が必要なのか」を考えてみてください。

転職を考え始めたきっかけや要因を深掘りし、「それらの問題は現職で解決できないか」「解決するにはどのような企業へ入社すればよいか」を検討するのが望ましいです。

転職の必要性が明確になれば、自ずと転職の軸や転職条件も明確になります。

軸を持って転職先を選ぶことができれば、企業とのミスマッチも防げます。

自己分析をして強みと弱みを明確にする

自己分析を通して、自分の強み・弱みを明確にしてください。

転職者のなかには、自己分析をせずいきなり求人探しから開始してしまう人がいます。

しかし、自己分析を十分に行わないと自分に合う・長く働ける転職先を見つけ出すことは困難です。

最悪の場合、入社してから「自分の長所が活かせない職場だった」「会社の方針と自分の考えと合わないかも」と後々になって気づく可能性もあります。

自分の強みや弱みがはっきりすれば「その業種・職種で自分のよさを発揮できるか」「うまく自分の欠点もカバーできそうか」などを正しく判断できます。

自分に合った企業へ転職するためにも、まずは十分な時間を自己分析へ投下してください。

転職時の自己分析のやり方を6つのステップで徹底解説。自己分析の注意点も
転職時の自己分析のやり方を6つのステップで徹底解説。自己分析の注意点も

【保存版】転職時に読んでおきたい自己分析関連本おすすめ15選
【保存版】転職時に読んでおきたい自己分析関連本おすすめ15選

自分の市場価値を知る

「自分のスキルや経験が転職市場でどのような評価になるのか」という市場価値を把握しておくことも重要です。

自分の市場価値に合わないようなハイレベルな企業ばかりエントリーしていると、なかなか内定をもらえず、転職活動が長期化しがちです。

自分の市場価値を知り、自分にとって適正なポジション・年収をリサーチすれば、自分に合った転職先が見つかりやすいと言えます。

自分のスキルや実績を過信せず、客観的な視点で考えることをおすすめします。

業界・企業分析をして自分と合うかを判断する

企業選びの前には、必ず業界・企業分析を実施してください。

未経験の業界に進む場合は、特に業界研究が肝心です。

未経験からの転職を目指す人のなかには、自分の思い込みや憧れだけで未経験業界に進もうとしている人がいます。

入社後のミスマッチを避けるためにも、事前に正しい業界事情や近年の動向を知り、「自分に合うか」「進みたいキャリアの方向性に沿っているか」を判断してください。

また、企業研究では以下のポイントについて詳細を調べてみてください。

  • 仕事内容
  • 事業内容
  • 方針
  • 社風
  • 給与
  • 成長性
  • 就業環境・働き方
  • 福利厚生 

求人票や募集広告に示されている内容だけでなく、企業のWebサイトやIR情報、SNSなどまで閲覧し、情報を収集することが不可欠です。

3、5年後のキャリアパスを考える

転職面接では、「3、5年後のキャリアプランを教えてください」などの今後のキャリアに関する質問が頻出です。

「3年以内に〇〇をしたい」「5年後までに〇〇のポジションに就きたい」など、将来自分がなりたい姿を明確にイメージしておくようにしてください。

キャリアプランを考える手順】

ステップ①:志望先で目指したいゴールを明確化

ステップ②:ゴールから逆算し3〜5年後の具体的な目標を定める

ステップ③:ゴールから逆算し現在取り組むべきことや実績を整理する

目指したいキャリアだけでなく目標に向けてやるべきことを明確に伝えられると、入社後に活躍する期待感が高まります。

転職エージェントに相談する

転職を確実に成功させるために、プロからの支援が受けられる転職エージェントの活用をおすすめします。

転職エージェントには業界・業種に精通したアドバイザーが在籍しており、業界の最新情報や採用傾向を共有してくれるのが特徴です。

数ある求人からの企業選びに迷った場合でも、本人の優先順位や経歴などを踏まえて適切な企業を提示してもらえます。

さらに、面接や書類作成の支援を受けたり、採用決定に向けてアドバイスをもらえたりするので、プロ視点を踏まえ戦略的に転職活動を進められます。

転職活動を効率よく、かつ確実に成功へ導くためにも、プロからのサポートが受けられる転職エージェントの利用を検討してみてください。

ASSIGN

アサインはビズリーチの最高ランク受賞等、確かな実績を持つエージェントと、若手ハイエンド向け転職サイト『ASSIGN』であなたのキャリアを支援しています。 コンサルティング業界専門のキャリア支援から始まり、現在ではハイエンド層の営業職・企画職・管理職など幅広い支援を行っています。 ご経験と価値観をお伺いし、目指す姿から逆算したキャリア戦略をご提案し、ご納得いただいた上で案件をご紹介するのが、弊社のキャリア支援の特徴です。

企業詳細へ

PICKUP / 編集者おすすめ

" alt="営業職からコンサルタントへの転職を成功させるためのポイント">

営業職からコンサルタントへの転職を成功させるためのポイント

キャリアコラム
" alt="営業職の転職におすすめ転職エージェント厳選8社">

営業職の転職におすすめ転職エージェント厳選8社

キャリアコラム
" alt="転職エージェント『ロバート・ウォルターズ』では何ができる?評判を解説">

転職エージェント『ロバート・ウォルターズ』では何ができる?評判を解説

未分類
" alt="転職エージェント『リクルートエグゼクティブエージェント』では何ができる?評判を解説">

転職エージェント『リクルートエグゼクティブエージェント』では何ができる?評判を解説

未分類
" alt="転職エージェント『リクルートエージェント』では何ができる?評判を解説">

転職エージェント『リクルートエージェント』では何ができる?評判を解説

未分類