未経験で人材系メガベンチャーへ。新しい環境でコツコツと前進する日々

未経験で人材系メガベンチャーへ。新しい環境でコツコツと前進する日々
左: 萩様
右:株式会社アサイン シニアエージェント 山上 訓平

新卒で空間デザインやリフォームの提案を中心に行っている不動産企業へ入社し、主に、商業施設の内装を作るプロジェクトに携わってこられた萩様。

職場環境にも恵まれ、業務内容に不満はありませんでしたが、自分のスキルに漠然とした不安感を覚え、転職を考えるようになったといいます。

興味や関心の幅が強く、いろいろなことへ挑戦していきたいという萩様にとって、
どうして人材業界が合っていたのかという背景と、新しい環境で日々成長されているご様子を伺いました。

充実していた仕事。自身のスキルへの漠然とした不安が転職のきっかけに

――前職ではどのような仕事を中心に担当していましたか。

主に商業施設の内装を作る仕事の営業を担当していました。設計から施工まで携わる会社だったので、内装のご提案や商談から経理関係までマネジメント全般を行っていました。

――転職しようと思ったきっかけは何でしたか。
スキルを高めていろんなものに挑戦したいと思ったのが、きっかけでした。

当時、仕事内容も同僚も好きだったので、このままこの会社にずっと勤めるならいいと思ったのですが、今の自分のままでは社会に通用しないのではないかという漠然とした不安がありました。

――スキルを高めたいという考えに至ったきっかけは何だったのでしょうか。

私自身、1つの会社や場所でずっと留まって働くというイメージがなく、場所や仕事にこだわらずにどこでも働いて稼げるようになっていきたいと思っていました。そのために、汎用的なビジネススキルを上げる必要があると考えました。

もともと前職の仕事はとても楽しかったですし、周りの環境としても皆さん楽しみながら頑張っていこうという雰囲気だったので、スキルのことはあまり気にしなくてもいいかなと思う部分もありました。

その一方で、職場の先輩が自身のキャリアでの目的を明確にした状態で転職される姿をみて、自分は楽しく仕事はできているけれど、切磋琢磨しながらスキルを高められる環境にはいないとも感じていました。

納得できた中長期的なキャリアを見据えたうえでの業界提案

――転職活動を始めるにあたって不安などはありましたか。

もちろん、転職活動への不安はありました。

転職活動自体は以前にも行っており、その際は実際転職には至りませんでした。今回転職活動を再開するにあたって、現職も転職活動も中途半端な気持ちでズルズルと続いてしまうのではないかというのが一番不安でした。

また、転職先で何をしたいのかを考えた時に、どのような選択肢があるのか、そこでどんなスキルが身につけられるのか、きちんと長く働きたいと思える仕事を見つけられるのかという不安もありました。

――他のエージェントも見ていましたか。

私の場合は、複数のエージェントさんの話を聞きましたが、同時並行で利用するということはなかったです。

山上さんと初回の電話面談をした際、私の過去の意思決定や経験に向き合った上で、マッチしたキャリアのご提案をしたいと言っていただきました。
その言葉が他のエージェントさんとは大きく違っていて、「もっと話したいな、聞いてほしいな」って思えたので、一緒に転職活動をしていくことにしました。

――エージェントに対して期待していたことはありましたか。

期待していたことよりも、むしろ、しないでほしいことは明確にありました。

一方的にたくさんの求人を紹介しないでほしいと思っていて、ただ求人をたくさん紹介するのではなく、なぜその求人が私に合っているのか、納得感を持って選考へ進んでいきたいと考えていました。

私も今同じ業界で同じ職種で仕事をしているからこそ、すごく難しいということはわかるのですが、求人を紹介してもらう際に、転職の軸など大事な前提条件が明確化されているか、いないかで全然違うなと思います。

その点で、山上さんはまず人材業界がどうして私に合っているのかや、各業界や企業の特色を教えてくださったので、納得感がある状態で転職活動を進められました。

――どのような経緯で、受けていく業界を人材業界に絞っていったのでしょうか

1つ目は、自分自身が興味関心の尽きることのないタイプであると感じたからです。
山上さんとの面談の中で自分の価値観に向き合ったときに、山上さんから
「萩さんはいろんなことに興味を持って挑戦していく方なので、これから先も新たにやりたいことが出てくると思います。それであれば、中長期的に見て、やりたいことが変わったり、より明確になったりしたときに、そこに向かっていくための経験が積める環境を選びましょう。」と言っていただきました。
「確かにそうかも」ととても納得できました。

2つ目は、人にダイレクトに関わり、人生や生活をよりプラスの方向に変えていきたいという思いからです。
過去の経験を振り返った際に、アパレルでのバイト経験が自分にとって大きな影響を与えていました。
アパレルのバイトでは、能動的にお客様へのスタイリングのご提案を行うことで、お客様が自分の新たな一面を発見でき、喜んでいただけることが好きでした。
自分が目の前の方に対して携わることで、その方の可能性を広げるお手伝いができたと感じられたからです。

そのため、人にダイレクトに関わり、人生や生活をよりプラスの方向に変えていくことができる人材業界の仕事は、私に合っているだろうなと感じました。

あとは、山上さんが私のために全力で取り組んで下さっていたのを見ていたので、いい仕事なのかもしれないと思えたことも大きいです。

――選考に向けた対策は何かされていましたか。

とにかく面接対策を行っていました。特に最終面接の前は1週間毎日、山上さんと面接の練習をしていましたね。こんなにも選考対策をやってもらえると思っていなかったので、正直驚きました。

私以上にやる気に満ち溢れているんじゃないかって感じるくらい、山上さんが真摯に向き合ってくださったので、私のやる気も維持できたのだと思います。

やはり一人で転職活動するのがすごく大変だと思っていて、そんな中でも私のやる気やモチベーションを最大限上げて、頑張れる環境を作ってくださったのが山上さんでした。とても感謝しています。

人材業界での挑戦を決意。意思決定に至るまでの背景とは

――最終的にはどのように現職への入社を決められたのでしょうか。

仕事内容も私にとっては大事だったのですが、最終的には一緒に働く人が入社の決め手になりました。

面接を通して出会った社員の方々や、WEBサイトを見る中で社員の方々の人柄がいいなと感じ、自分も共感できる部分が多い会社だと感じました。

会社説明会の動画で社員の方が話している様子を観た際に、特に強く感じました。

会社の説明をしているのですが、聞いている相手側が興味を持てるように工夫して伝えて下さっている様子や、仕事について楽しそうに話している姿を見て、このような方々と一緒に働きたいと思いました。

また、面接が進んでいく中で面接官がきちんとヒアリングしてくれる方だったのが大きな魅力でした。
私は日々の仕事を進めていくにあたって、不安なことはすぐに相談するタイプなのですが、それをしっかりと聞いてくれる方がいるというのは即決できた大きな要因です。

未経験の人材業界で挑戦がスタート

――現職の仕事内容を教えてください。

現在はメディカル部門に所属し、リクルーティングアドバイザーとキャリアアドバイザーの両面で医療分野の転職支援に携わっています。

また、社内でグループに分かれ、事業をよりよくしていくための活動の一部にも携わっており、どちらもとても充実しています。

――事業を良くしていくための活動では具体的にどのようなことをしていますか。

これから未経験で入社してくる方が、メディカル業界の知識などをインプットできるような仕組みやノウハウの設計に携わっています。

私は入社当初、メディカル業界の知識が全くなかったので、業界知識をキャッチアップしていくことに苦労しました。なので、これから未経験で入社してくる方が、そういった知識をインプットできるような一覧を作成する取り組みを検討しています。先輩方と相談をして、クイズ形式でやってみたら面白そうとなり、4人のメンバーで作成しているところです。

クイズを作成するにあたり、私も足りていない知識などを調べ、インプットするきっかけにもなっているので、私にとってもプラスになっています。今後入社する方にとっても、とてもプラスに働くだろうなと感じていますので、とても楽しく進めています。

―― 実際に数ヶ月働いてみて感じていることを教えていただけますか。

働いてみて、ポジティブな印象ばかりです。

まずはやはり入社の決め手となった人柄の良さです。本当に同僚や上司の人柄がよく、面接で感じていたものとギャップがありませんでした。

日々スピード感の早い環境で働いていますが、先輩方はどんなに忙しそうでも私が質問をした際には必ず手を止めて、「どうした?」と聞いてくれますし、私が腑に落ちていないと気づいた時は「どんなところがわからなかった?」と私が納得するまで付き合ってくれます。私が逆にびっくりしてしまうほど、みなさん真摯に向き合ってくれます。

また、スキル面もレベルアップできる環境だと感じています。まだスキルアップしているとは自信を持って言えないのですが、社内のナレッジ共有やコンピテンシー評価など、スキルアップするための環境はとても充実しています。これらを活用することで自分の足りない部分を可視化でき、自分が次のステージへレベルアップするためにどのようなアクションをすべきかが分かる環境です。

そのような環境のなかで、日々先輩と業務のすり合わせを行って、コツコツと自分ができることを広げていっている状態です。まだできないことも多いので、その辺りを根気よく固めていっているという感じですね。

新しい環境でのチャレンジ。これからの目指すところとは

――今後思い描いているキャリアプランなどはありますか。

まずはチームリーダーを目指したいと思っています。
今の私のチームリーダーは膝を突き合わせて向き合って下さる方でその姿にあこがれています。

他のチームリーダーの方を見ていても、それぞれのリーダーに特性があって、論理的に話す方や、求職者と事業者への関わりにおいて立ち回りが上手い方などさまざまです。
私も自分なりのスタイルを活かして、周りに影響を与えながら、ひとりひとりに向き合えるチームリーダーになりたいです。

――今はチームリーダーというところが目標になっていますが、長期的に思い描いているキャリアプランなどはありますか。

自分で何かを新しく始めてそれを構築していくのは楽しそうだなと思っています。

今の部長の影響が大きいです。部長は新規事業を立ち上げた経験があり、そこでの経験や知識を共有する立場として部下の指導をしながら、ご自身で立ち上げた部署をこれからもっと大きく成長させていこうという目標を持って取り組んでいるので、刺激を受けています。

将来ずっと東京にいるというのはあまり想像がつかないので、どこかで新しい仕事をしているかもしれませんし、小さいカフェを経営して、前職の内装の経験も活かしてそこへ来る人の居心地のいい場所を作りたいという思いもあります。

このような思いが出てきたのも、現職に就いてから、多くの刺激を受けて視野が広がったからだと感じています。

――レベルが高い環境で色んなことに挑戦でき、萩さんの人生もさらに豊かになっている様子が伝わってきました。本日は貴重なお時間をいただきありがとうございました。


山上 訓平 ❘ Kunpei Yamagami
シニアエージェント
三菱UFJ銀行からキャリアをスタート。 事業資金の効率化を目的とした外資金融企業との共同プロジェクトをリードした後、 クライアントへの事業戦略の立案やM&Aのアドバイザリーなど、コンサルティング業務に従事。 その後、株式会社アサインにヘッドハントされ転職を決意。若手ハイクラスに特化したキャリア支援を行う。 大手企業とのパイプラインを活かし、戦略的に重要な案件のヘッドハンターとしても活動。