30代未経験で転職は可能か、キャリアチェンジ成功のためのポイント

30代未経験で転職は可能か、キャリアチェンジ成功のためのポイント

新型コロナウイルス感染症の影響や働き方改革など、時代の急速な変化とともに、キャリアへの危機感を抱き、転職を検討中の方も多いのではないでしょうか。

特に20代後半〜30代にかけては、ビジネスマンとして一定のスキルや実績を積み、ライフプランやキャリアプランを見直す方が多い時期です。

なかには、30代から新たな業界を希望される方がいますが、30代未経験での転職は可能なのでしょうか。

本記事では、長期化する新型コロナウイルス感染症などの事情も踏まえて、改めて30代未経験の転職可能性を解説します。

直近の転職市場の動向、30代未経験で転職を成功させるポイントも紹介しますので、参考にしてみてください。

30代未経験で転職は可能か

転職活動

ここでは、30代未経験で転職可能なのか、詳しく解説します。

30代未経験での転職チャンスについて

30歳以上での転職は、社会人として十分なキャリアを積み上げ、転職市場において「中堅」として扱われます。

そのため、年齢が上がるほど、スキルや実績に加えて「マネジメント能力」「役職の経験」が重視されます。

また、コロナ禍では、中途採用の転職市場も変化してきており、即戦力人材の募集が多い傾向にあります。

このような背景から、30代で未経験分野への転職は、非常に厳しくなってきます。

コロナ禍では、これまでのスキルやキャリアを活かしつつ「同業種同職種」または「異業種同職種」などの、中途採用が活発だといえます。

たとえば、機械メーカーの法人営業から、IT企業の法人営業へ転職するなど、職種は変えずに未経験の業界へ転職を検討すると、培ったスキルやキャリアを反映することができます。

一口に未経験といっても、職種未経験なのか、職種の経験はあるけれど業界未経験なのかによって、転職の難易度が変わると認識する必要があります。

単にスキルやキャリアをアピールするのではなく、顧客規模やどのような顧客の課題を解決してきたのか、取扱額やステークホルダーなども踏まえて、共通点を洗い出し、アピールしてください。

30代未経験での転職ではマネジメント能力を重視

30代で未経験分野へ転職するなら、スキルやキャリアを活かしやすい「異業種同職種」がおすすめであると説明しました。

しかし、採用企業側からすると年齢が上がれば上がるほど、転職者に求める条件が増えます。

具体的には「マネジメント経験」「役職経験者」この2点を重点的に、選定基準に取り入れます。

つまり、30代未経験分野で転職を成功させるためには「多数の部下を束ねている」「チームリーダーとしてプロジェクトへ参画している」などの経験値が有利になります。

あなたが、現職においてマネジメントや役職の経験に恵まれないのであれば、早期の転職も視野に入れてください。

未経験職種への転職ならポータブルスキルを活用

そのほか、異業種同職種など、未経験の業界へ転職を成功させるには「ポータブルスキル」の活用も視野に入れてください。

ポータブルスキルとは、業種や職種が変わっても「持ち運び可能な能力」を指します。

一般社団法人「人材サービス産業協議会」が主催した「ポータブルスキル活用研修」によれば、「仕事のし方」「人との関わり方」を軸に構成される能力のことです。

たとえば「PDCAサイクル」もそのうちの1つであり、Plan(計画)Do(実行)Check(評価)Action(改善)をいかに効率よく回せるか、これはどの業界、職種にも通用します。

そのほか、顧客や社外パートナーなどへの高いコミュニケーション能力を必要とする「社外対応」、経営層や上司への接し方が求められる「社内対応」などが該当します。

また、プロジェクトの進行や関係部署との連携、調整力などもポータブルスキルの1つです。

このように未経験だからこそ、いかに持ち運び可能な能力を有しているかが重要になります。

転職活動の長期化は覚悟する

コロナ禍においては打撃を受けている業界と、そうでない業界が顕著になっています。

具体的には、2021年下半期(7月〜12月)において「IT・Web」「製造」「金融」などの業界では、求人数の増加が予測されています。

職種としては、「ITエンジニア」「Webクリエイティブ」「医療、金融の専門職」「企画・マーケティング」などです。

なぜコロナ禍において求人の増加が見込めるのか、その理由はコロナ以前から関心が高かったDX(デジタルトランスフォーメーション)の促進があります。

コロナ禍となり、非接触型のビジネス、オンライン完結型のビジネスが急速に普及していることから、より人材ニーズが高まっている状況になっています。

一方、宿泊業や販売・サービスなどは、今まで以上に欠員募集などによる即戦力人材の採用が強化される見込みです。

このように、どの業界に応募するのかによって、転職期間が左右され、コロナ禍で打撃を受けた業界ほど、転職期間が長引きやすくなります。

一時的な収入ダウンが見込まれる

30代未経験で転職をするならば、ある程度の収入ダウンは受け入れなければなりません。

特に業界未経験、職種未経験で転職するケースでは、同業種同職種の即戦力人材より貢献できる能力に限りがあり、採用後も長期的に人材を育成しなければならず、育成コストも膨らみます。

また、育成した人材が戦力となる前に、退職してしまうケースも想定され、非常にリスキーです。

業界、職種未経験で転職する場合には、ある程度の収入ダウンは許容し、まずは市場価値を高めることに集中した方がよいです。

たとえば、慢性的な人手不足が懸念されるITエンジニアへ未経験から転職するケースでは、当然初年度の収入はダウンします。

しかし、中長期的に判断し、あなたが即戦力となった場合、入社初年度の収入ダウン以上に業界の需要と専門的スキルが相まって、あなたの市場価値は高まるかもしれません。

このように、一時的に収入がダウンしても、将来自分へ投資すべき業界、職種かどうか、投資以上のリターンが得られるかを重視してみてください。

30代未経験で転職を成功させるためのポイント

次に、30代未経験から転職を成功させるポイントを、3つほど厳選します。

業界、職種未経験で転職を検討中の方も、参考にしてみてください。

現職におけるキャリアを積み上げる

もし、あなたが今すぐに現職を辞める必要がないのであれば、キャリアの積み上げも意識してください。

繰り返しになりますが、30代は20代と比較し、ポテンシャルで採用される可能性が非常に少ない傾向にあります。

業界や職種が未経験であっても「マネジメント能力」「役職経験」の有無を重要視します。

そのため、現職において「新規プロジェクトにリーダーとして関われる」「もう少し在籍すれば、マネジメントを経験できるかもしれない」という場合には、転職時期として妥当ではありません。

転職者にも事情がありますので、一概には言えませんが、現職においてのキャリアを見直すことも重要です。

コロナ禍で即戦力のニーズが増える一方、未経験採用の復活も

転職市場動向レポート 全15業界|株式会社リクルート

出典:転職市場動向レポート 全15業界|株式会社リクルート

コロナ禍においては、即戦力人材の採用が活発であると紹介しましたが、一方で、コロナ以前の水準まで未経験採用が復活している業界もみえてきました。

画像は、株式会社リクルートが、リクルートエージェントの転職データと各業界に精通したコンサルタントの知見から、転職市場動向レポートをまとめたものです。(2021年7月8日)

2021年5月時点のデータにおいて、DXの促進などにより、IT・インターネット・コンサルティング・自動車・半導体など、さまざまな業界において採用が活発化してきています。

特に、IT通信では、即戦力人材の採用と並行し、未経験採用もコロナ禍以前の水準まで回復しています。

このように、即戦力人材が中心の転職市場ではありますが、人材不足やデジタル化の促進により、ITエンジニアの未経験採用が増えています。

30代においても、未経験採用の可能性がゼロではありません。

転職エージェントを活用する

30代未経験で転職を検討するなら、まず転職の目的を整理した上で、スキルやキャリアを棚卸し、応募先の求める人材と合致するか検討しなければなりません。

即戦力が中心の転職市場と聞くと、弱気になるかもしれませんが、そのような状況では転職エージェントの活用も視野に入れてみてください。

キャリアやスキルを棚卸し、たとえ未経験職への転職であっても「業界、職種との共通点」「ポータブルスキル」を第三者目線で冷静に洗い出します。

30代でハードルの高い未経験分野への転職を検討中なら、あなたの市場価値を客観的に判断し、チャンスを最大化できる転職エージェントがおすすめです。

20代-30代ハイクラス特化型、転職エージェント「ASSIGN」では、あなたのこれまでの経験や現職での課題感、目指したい将来像、ライフプランをお伺いし、次の会社に必要なスキルや環境を棚卸しします。

DiSC修了者があなたの価値観と強みを分析するため、転職成功への第一歩を踏み出せます。

Everything DiSC:米Wiley社で開発された、世界中で毎年100万人以上が利用するアセスメントツールの認定資格。
行動特性による分析理論であり、MicrosoftやSONYなどで導入されています。

一人での転職活動に限界を感じたら、まずはエージェントへ相談してみてください。

コロナ禍においてニーズが期待できる業界

コロナ禍において、ニーズが期待できる業界の一例を解説します。

IT通信

コロナ以前から注目を浴びているDXに対応するべく、ITエンジニアの採用市場が活発化しています。

即戦力人材の強化をはじめ、未経験採用求人も掲載されており、専門人材確保が急がれます。

コンサルティング

第二新卒、未経験採用ともに募集を再開し、転職市場は活発になっています。

なお、コンサルティング未経験であっても、IT人材からの未経験採用に力を入れている企業もみられます。

インターネット

ITと並び、求人はコロナ以前の状態まで回復し、DXやRPAの促進に伴い、デジタル人材の採用を強化しています。

また、求職者についてはフルリモート、フレックスタイム制、UIターン、ワーケーションなど、働き方の価値観が多様化しています。

自動車

自動車業界における新領域「CASE」は、Connected(コネクティッド)、Autonomous/Automated(自動化)、Shared(シェアリング)、Electric(電動化)の頭文字をつなげたものです。

自動車業界においても、新技術の投入、今後さらに拡大する電動化に向けて、ITエンジニアの不足が深刻です。

半導体

リクルートの調査によると、エンジニアにおける半導体関連の求人数は、2021年4〜6月期で、前年同期比2倍に増加しています。

産業全体が深刻な半導体不足に陥るなか、慢性的な人材不足も深刻化し、現在、未経験者の採用や育成にも力を入れています。

建築・不動産

コロナ以前の求人に回復傾向にあります。

また、求職者にはUIターン希望者が増えており、一部企業では、ポテンシャル採用を再開した動きもみられます。

20代-30代ハイクラス特化型、転職エージェント「ASSIGN」では、求人の募集状況を注視しながら、あなたの価値観と強みを分析します。

あなたの担当エージェントが、企業の採用担当者と直接やりとりするため、希望する業界の最新情報をお届けできます。

20〜30代ハイエンド特化なら伴走型の転職エージェント「ASSIGN

株式会社ASSIGNではコンサルファームへの転職支援からスタートし、現在では、経営企画職や営業職など幅広い職種のキャリア形成、転職支援を行っています。

選考対策は一人ひとり完全オーダーメイド

20代-30代ハイエンドに特化した転職エージェント「ASSIGN」では、求職者一人ひとりのキャリアに向き合うため、初回面談でいきなり案件を紹介することはありません。

これまでのご経験や現職での課題感、目指したい将来像とライフプランを併せてお伺いし、まずは次の会社に必要なスキルや環境を棚卸しいたします。

その上で、DiSC修了者があなたの価値観と強みを分析し、一人ひとりにあわせたオーダーメイドの選考対策資料をご用意。

  • 転職を考えたきっかけ
  • 今回の転職軸
  • なぜこの業界か
  • なぜこの企業か

など各設問への回答を、専任コンサルタントと共に、妥当性・明確さ・根拠の3点から深掘りします。

Everything DiSC:米Wiley社で開発された、世界中で毎年100万人以上が利用するアセスメントツールの認定資格。
行動特性による分析理論であり、MicrosoftやSONYなどで導入されています。

両面型の転職エージェント

転職エージェント「ASSIGN」では、担当エージェントが企業への連絡や調整も行う両面型を採用。

担当エージェントが採用企業の人事と直接やりとりすることで、求めている人材・価値観・スキル・入社後の業務内容まで詳細を把握しています。

採用企業から共有された感度の高い情報を、すぐさま皆様にフィードバック可能。両面型エージェントだからこその、踏み込んだ転職支援が魅力です。

一流エージェントがご支援いたします

転職エージェントASSIGNの創業メンバーは、全員コンサルティングファーム出身。

他のメンバーについても、IBM、Recruit、野村証券、大手海運やグローバルメーカー出身者などのトップ企業で実績を残したエージェントです。

2021年6月には、株式会社ビズリーチが主催「JAPAN HEADHUNTER AWARDS 2021」にて、弊社取締役 奥井亮が、総合的に最も高い結果を残したキャリアエージェントに贈られる 「ヘッドハンター・オブ・ザ・イヤー(大賞)」を受賞いたしました。

*「JAPAN HEADHUNTER AWARDS 2021」は、即戦力人材に特化した転職サイト「ビズリーチ」に登録する約4,600名のヘッドハンターのなかから、面談満足度や決定数など7項目で構成されるヘッドハンタースコアをもとに、日本一のヘッドハンターを選出し表彰するアワード。

これは創業以来一貫して、目の前の転職だけでなく、応募者一人ひとりの中長期的なキャリアに向き合ってきた結果だと考えています。

転職の成功は、新たなキャリアのスタートにしか過ぎません。

まだまだ改善の余地も大きく、日々改善に努めながら、今後も一人ひとりに向き合ったご支援をお約束させていただきます。

» JAPAN HEADHUNTER AWARDS 2021の詳細はこちら

日本初AIキャリアシミュレーション「VIEW」

2019年2月、ASSIGNは「キャリアを見渡す。未来を選ぶ」をコンセプトにAIキャリアシミュレーションアプリ『VIEW(ビュー)』をローンチ。

20,000人以上のキャリアデータをもとに、AIがあなたに合うキャリアを自動でランキング化します。

3分であなたの経歴や価値観を登録でき、あなたのキャリアシナリオが可視化。

今ある選択肢が広がるだけでなく、新たな可能性を見出すことが可能です。

もちろんキャリアのシミュレーションだけでなく、トップエージェントからのスカウトを受け取ることもできます。

新たな可能性の再発見に、ぜひ『VIEW(ビュー)』をご利用ください。

無料でのキャリア面談はこちらから。

お電話にて30分程度のお時間を頂き、あなたが持つ価値観へのヒアリングから、キャリアの考え方、転職市場のトレンドや動向等、目の前の転職だけでなく将来を見据えたキャリア面談を実施いたします。

以下のリンクより面談日時をご指定頂き、その場でのご予約が可能です。

ぜひお気軽にご相談ください。