ASSIGN MEDIA

マーケターのキャリアプラン 専門性を高めて活躍の場を広げるために

はじめに

マーケティング領域への転職を考える際、自身のキャリアプランを明確にすることが重要である。マーケターと一言で言っても、その業務内容は多岐にわたる。近年では、デジタル広告の割合が非デジタル領域を上回るなど、マーケティングチャネルの多様化が進んでいる。

一方で、年齢とともに選択肢が狭まっていくのもマーケターの特徴である。特に専門性が高く、テクニカルなスキルが求められる領域では、20代のうちにスキルを身につけておく必要がある。

本記事では、マーケティングの定義とトレンド、マーケティングプロセスと各領域の役割、キャリアパスの選択肢と考え方について解説する。転職を考えるマーケターの方々に、自身のキャリアを見つめ直す機会となれば幸いである。

マーケティングの定義とトレンド

マーケティングとは

マーケティングとは、企業が顧客のニーズを満たすために行う一連の活動を指す。その目的は、顧客に価値を提供し、企業の利益を最大化することである。マーケティングの一般的な定義としては以下のようなものがあげられる。

  • 営業がいなくても売れる仕組みを作ること
  • 顧客のニーズに応えて利益を上げること
  • 新たな市場を創造すること

マーケティングの近年のトレンド

近年、マーケティングのチャネルは多様化している。デジタル領域では以下のようなチャネルが存在する。

  • SNS広告(Meta、Instagram、Twitter等)
  • 検索広告(Google等)
  • インフルエンサーマーケティング
  • 動画広告(YouTube、TVer等)

一方で、非デジタル領域でもテレビCM、駅広告、ダイレクトメール等、多岐にわたるチャネルが存在する。マーケターとしてキャリアを築く上では、どの領域に専門性を持つかが重要な観点となる。

マーケティングプロセスと各領域の役割

マーケティングプロセスの概要

マーケティング活動は、以下の5つのプロセスで構成されている。

  1. リサーチ(市場調査、顧客分析等)
  2. ターゲティング(対象顧客の設定)
  3. ブランドコンセプト(ブランド戦略の策定)
  4. 施策検討と実行(価格設定、チャンネル選定、プロモーション等)
  5. KPIトラック(施策の効果測定と改善)

各プロセスには事業会社側と支援会社側の両方にプレイヤーが存在する。

各領域の役割と担当者

リサーチ

リサーチは主に事業会社の若手社員や専門のリサーチ会社が担当することが多い。ただし、高度な専門性が求められる場合はベテランのデータサイエンティストが担当するケースもある。

ターゲティングとブランドコンセプト

ターゲティングやブランドコンセプトといったマーケティングの上流工程は、事業会社のシニア層や経営層が担うことが望ましいとされている。ただし、社内のマーケティング体制が整っていない場合は、総合広告代理店のストラテジックプランナー等の外部専門家に委託されるケースもある。

施策検討と実行

施策検討と実行は、事業会社のマーケティング責任者や部長クラスが全体を統括し、個別の施策は若手社員や広告代理店等が担当するのが一般的である。

KPIトラック

KPIトラックは、自社でマーケティング機能を内製化している企業では若手社員が、そうでない企業では広告代理店等が請け負うことが多い。

マーケターのキャリア形成においては、自身の専門領域を深めるのか、隣接領域へ幅を広げるのかという選択がある。また、業界やビジネスモデルによってもキャリアパスは異なる。自身のキャリアビジョンと、求められるスキルセットを見極めながら、戦略的にキャリアを構築していくことが肝要である。

キャリアパスの選択肢と考え方

スペシャリストかゼネラリストか

マーケターのキャリアパスは大きく分けて、特定の領域で専門性を深めていくスペシャリストと、マネジメント職を目指すゼネラリストの2つの方向性がある。

スペシャリストとしては、デジタルマーケティングやブランディング、マーケティングリサーチなど、特定の領域で高度な知識とスキルを身につけていく。一方、ゼネラリストはマーケティング全般の知識を活かしつつ、チームマネジメントやプロジェクト管理などのスキルを磨き、マネージャーやディレクターを目指す。

どちらの方向性を選ぶかは、自身の強みや興味・関心に基づいて判断することが重要である。

事業会社か代理店か

マーケターのキャリアパスを考える上で、もう一つ重要な選択肢が事業会社と代理店のどちらで働くかという点である。

事業会社では、自社の製品やサービスのマーケティングに特化して働くことになる。一つの事業に深く関わることができる一方で、視野が狭くなりがちというデメリットもある。

代理店では、複数のクライアントのマーケティングに携わることができ、多様な業界や事業に触れられるのが魅力である。ただし、自社の事業に直接関われない分、やりがいを感じにくいというデメリットもある。

事業会社と代理店、どちらで働くかは、自身のキャリア志向に加えて、働き方や企業文化なども考慮して決める必要がある。

スキルアップとキャリアチェンジ

マーケターとして長く活躍していくためには、常にスキルアップを怠らないことが重要である。特にデジタルマーケティングの領域では、新しい手法やツールが次々と登場しており、常に最新の知識を取り入れていく姿勢が求められる。

また、マーケターとしてのキャリアを積んだ後は、営業やプロダクト開発など、隣接する職種へのキャリアチェンジも視野に入れると良いだろう。マーケターとしての経験は、様々な職種で活かすことができる。

自身のキャリアビジョンを描きつつ、柔軟にキャリアパスを切り拓いていくことが、マーケターとして長く活躍するための鍵となる。

おわりに

マーケティングのキャリアを築くためには、マーケティングプロセスの理解と各領域を担当しているプレイヤーの役割を把握することが重要である。基本的には同じ領域でキャリアを積んでいくか、隣接する領域に移っていくことが多いが、ビジネスモデルやサービスの特性によっても異なる。

自分の現在のポジションを理解した上で、目指すキャリアとの親和性を重視してキャリアプランを立てることが求められる。マーケティングは領域が広く、専門性の高い分野も多いため、特に20代のうちに必要なスキルを身につけておくことが大切である。

マーケターとしてのキャリアを歩むなら、自身の強みと目標を見据えて、戦略的にスキルアップを図っていくことが成功への鍵となるだろう。

ASSIGN

アサインはビズリーチの最高ランク受賞等、確かな実績を持つエージェントと、若手ハイエンド向け転職サイト『ASSIGN』であなたのキャリアを支援しています。 コンサルティング業界専門のキャリア支援から始まり、現在ではハイエンド層の営業職・企画職・管理職など幅広い支援を行っています。 ご経験と価値観をお伺いし、目指す姿から逆算したキャリア戦略をご提案し、ご納得いただいた上で案件をご紹介するのが、弊社のキャリア支援の特徴です。

企業詳細へ

PICKUP / 編集者おすすめ

" alt="営業職からコンサルタントへの転職を成功させるためのポイント">

営業職からコンサルタントへの転職を成功させるためのポイント

キャリアコラム
" alt="営業職の転職におすすめ転職エージェント厳選8社">

営業職の転職におすすめ転職エージェント厳選8社

キャリアコラム
" alt="転職エージェント『ロバート・ウォルターズ』では何ができる?評判を解説">

転職エージェント『ロバート・ウォルターズ』では何ができる?評判を解説

未分類
" alt="転職エージェント『リクルートエグゼクティブエージェント』では何ができる?評判を解説">

転職エージェント『リクルートエグゼクティブエージェント』では何ができる?評判を解説

未分類
" alt="転職エージェント『リクルートエージェント』では何ができる?評判を解説">

転職エージェント『リクルートエージェント』では何ができる?評判を解説

未分類