ASSIGN MEDIA

有形商材と無形商材の違いを理解し、自分に合った営業スタイルを見つけよう

はじめに

有形商材と無形商材は、一見すると似たような言葉だが、実はその特性や求められるスキル、キャリアパスには大きな違いがある。

転職を考える際、自分の強みや適性を理解し、どちらの業界が自分にれぞれの特徴やキャリアパスについて、転職を考える読者の皆様に有益な情報をお届けし、有形商材と無形商材の特徴やキャリアパスについて、具体的な事例を交えながら詳しく解説していく。

自分に合った業界を見つけ、理想のキャリアを実現するための一助となれば幸いである。

有形商材と無形商材の特徴

有形商材の特徴

代表的な業界と商材のイメージ

有形商材の代表的な業界は、メーカーや商社、自動車販売、アパレルなどである。これらの業界では、目に見える形のある商品を扱うため、商材のイメージを沸かせやすいという特徴がある。そのため、クロージング力やプレゼンテーション能力が求められる。

売上と利益率の傾向

有形商材では、材料などの仕入れがあったり在庫費や輸送費が発生したりするため、利益率は低くなる傾向がある。一方で、動く金額は数億円に達することもある。

無形商材の特徴

代表的な業界とメリットの示し方

無形商材の代表的な業界は、IT、人材、広告、コンサルティングなどである。これらの業界では、情報や知識、技術といった形のないサービスを提供するため、メリットを示すのが難しいという特徴がある。そのため、営業マンの提案力が求められる。

利益率と案件の動かし方

無形商材では、商材やプロダクトを持たないため、利益率は高い傾向がある。また、一つのプロジェクトや商談において関与する範囲が広い傾向にあるという特徴がある。

有形商材と無形商材のやりがい

有形商材のやりがい

エンドユーザーへの価値提供を実感しやすい

有形商材は、世の中に広めていった際に、それが実際に手に渡り、取り扱っているものを見ることができる。このため、自分がどのような価値をエンドユーザーに提供しているのかを実感しやすいという特徴がある。自分の仕事が直接的に人々の生活に影響を与えていることを感じられるのは大きなやりがいである。

人との関係性を築ける

有形商材の営業では、既存の営業やルート営業が主となることが多いため、顧客との関係性を長期的に築いていくことが重要となる。人と話す時間も長くなるため、人とのコミュニケーションを楽しめる人にとっては、やりがいを感じやすい業界だと言える。

無形商材のやりがい

提案の幅が広い

無形商材は形がないからこそ、提案の幅が広いという特徴がある。顧客の課題に合わせて、柔軟にソリューションを提案できる点は、営業としてのやりがいにつながる。提案の自由度が高いため、自分の創造性を発揮しやすいのも魅力である。

顧客の抜本的な課題解決に貢献できる

無形商材の営業では、顧客がまだ気づいていない根本的なニーズや課題を引き出し、解決策を提案することが求められる。そのため、顧客の抜本的な課題解決に貢献することができる。顧客の業績改善や業務効率化に直接的に関われるのは、大きなやりがいとなるだろう。

自分一人で案件を動かせる

無形商材の営業では、一人で案件を最初から最後まで動かしていくことや関わる範囲が比較的広範であることが多いため、自分の手応えを感じやすく、一つの商談を自分の力でやり遂げたという充実感や達成感を得られる。自分の力が直接的に結果に表れるため、モチベーションを高く保ちやすいのも特徴である。

有形商材と無形商材で身につくスキルとキャリアパス

有形商材で身につくスキル

商品を魅力的に見せる能力

有形商材の営業では、目に見える商品をいかに魅力的に見せるかが重要となるため、商品の特徴や利点を的確に伝えるプレゼンテーション能力が求められる。商品知識を深め、顧客のニーズに合わせた提案ができるスキルが身につく。

商品に関する専門知識

取り扱う商品や業界に関する専門知識が必要不可欠である。商品の仕様、競合他社の動向、市場トレンドなどを把握し、顧客からの質問に的確に答えられるようになる。専門知識を深めることで、顧客からの信頼を獲得できるだろう。

マルチタスク能力

有形商材の営業では、在庫管理、納期調整、見積もり提出、外回りのスケジューリングなど、多岐にわたるタスクをこなす必要がある。限られた時間の中で効率的に業務を進められるマルチタスク能力が身につく。

無形商材で身につくスキル

ヒアリング・傾聴能力

無形商材の営業では、顧客のニーズを的確に把握することが重要である。顧客の話に耳を傾け、潜在的な課題を引き出すヒアリング・傾聴能力が求められる。顧客の本質的なニーズを理解することで、最適なソリューションを提案できるようになる。

課題設定能力

無形商材では、顧客自身が気づいていない課題を発見し、提案する必要がある。顧客の業務プロセスや組織構造を分析し、改善点を見出す課題設定能力が身につく。顧客の抱える問題を可視化し、解決策を提示できるようになるだろう。

ソリューション企画・提案力

目に見えない無形商材の価値を伝えるには、説得力のある提案が不可欠である。定量的なデータを用いて、サービスの有用性を論理的に説明する力が求められる。また、サービスのイメージを具体的に伝える表現力も重要である。これらのスキルを身につけることで、顧客を納得させられるようになる。

キャリアパスの違い

有形商材の営業で身につくスキルは、同業界での転職やキャリアアップに活かしやすい傾向にある。一方、業界特有の専門知識は他業界への転職では活かしにくい面もあるだろう。

無形商材の営業で身につくスキルは、業界を問わず広く活用できる傾向にある。ヒアリング力や提案力は、様々な業種で求められるスキルである。ただし、無形商材から有形商材への転職は、専門知識の面で難易度が高くなる可能性がある。

いずれにせよ、営業として顧客に価値を提供し、自身の強みを言語化できることが、キャリア形成には重要となるだろう。

おわりに

本記事では、有形商材と無形商材の特徴やキャリアパスについて解説してきた。それぞれの業界で求められるスキルや、営業としてのやりがいに違いがあることがわかるだろう。

転職を考える際は、自分の強みや適性を見極め、どちらの業界が自分に合っているのかを慎重に検討することが大切です。有形商材と無形商材、どちらの業界でも、顧客に価値を提供し、自身のスキルを高めていくことが、営業としてのキャリア形成には欠かせない。

常に学び続ける姿勢を持ち、顧客に寄り添った提案ができる営業マンを目指して行こう。

ASSIGN

アサインはビズリーチの最高ランク受賞等、確かな実績を持つエージェントと、若手ハイエンド向け転職サイト『ASSIGN』であなたのキャリアを支援しています。 コンサルティング業界専門のキャリア支援から始まり、現在ではハイエンド層の営業職・企画職・管理職など幅広い支援を行っています。 ご経験と価値観をお伺いし、目指す姿から逆算したキャリア戦略をご提案し、ご納得いただいた上で案件をご紹介するのが、弊社のキャリア支援の特徴です。

企業詳細へ

PICKUP / 編集者おすすめ

" alt="転職エージェント『MyVision』では何ができる?特徴を解説">

転職エージェント『MyVision』では何ができる?特徴を解説

未分類
" alt="転職エージェント『JAC Recruitment』では何ができる?特徴を解説">

転職エージェント『JAC Recruitment』では何ができる?特徴を解説

未分類
" alt="転職エージェント『Izul』では何ができる?特徴を解説">

転職エージェント『Izul』では何ができる?特徴を解説

未分類
" alt="コンサルタントのキャリアプラン">

コンサルタントのキャリアプラン

キャリアコラム
" alt="マーケターのキャリアプラン 専門性を高めて活躍の場を広げるために">

マーケターのキャリアプラン 専門性を高めて活躍の場を広げるために

キャリアコラム