ASSIGN MEDIA

特命担当者とは?意外と知らない、営業からのメインキャリア

はじめに

各企業において、特命担当者は重要な役割を担っている。特命担当者とは、会社の重要プロジェクトや新規事業の立ち上げなど、組織の成長に直結するミッションを任される人材のことである。例えば、自社アプリの立ち上げプロジェクトや、採用・育成に関するプロジェクト、新規オフィスの立ち上げなどが挙げられる。

特命担当者の役割は多岐にわたり、組織のフェーズや社内体制によって、プロジェクトの内容や役割は変化するのが特徴である。そのため、特命担当者には高度なスキルと適応力が求められる。本記事では、特命担当者として活躍するために必要なスキルと心構えについて解説する。

特命担当者に求められるスキル

業務推進力と各領域の知見

特命担当者には、プロジェクトを推進していく力と、各領域に関する知見が求められる。例えば、新規事業の立ち上げにおいては、サービス開発はエンジニアが担当するが、特命担当者には最低限の技術的知見が必要である。サービスの現状や課題を把握し、適切な対処を行うためには、技術的バックグラウンドが不可欠だからだ。

また、マーケティングに関しても、広告代理店との折衝やクリエイティブ作成、ターゲティング設定など、一定の知識が求められる。社内のマーケターと連携する場合でも、エンジニアやマーケターを巻き込みながらプロジェクトを推進していく必要があるため、各領域への理解と推進力が重要になる。

営業力と目標達成能力

営業面では、リード獲得から商談、受注、アフターフォローまで一貫して担当することが多いため、営業スキルは必須である。プロジェクトを成功に導くためには、営業プロセスを一から十まで自分でこなせることが理想的だと言えるだろう。

また、特命担当者は重要度の高いミッションを任されることが多いため、目標達成に向けた強い意志と実行力が求められる。与えられた目標を達成するために、計画的に行動し、粘り強く取り組む姿勢が必要不可欠である。

特命担当者に適した人材像

ミッション志向と挑戦心

特命担当者に向いているのは、ミッション型で新しいことへの挑戦を好むタイプの人材である。与えられた課題に対し、自ら考え、行動し、結果を出すことが求められるため、自発的に動ける人材が適している。

幅広い知識と経験

特命担当者は、営業、マーケティング、エンジニアリングなど、様々な領域に関する知識が必要とされる。また、プロジェクトの特性に応じて、必要なスキルも変化する。そのため、幅広い知識と経験を持ち、状況に応じて適切なスキルを発揮できる人材が求められる。

高いコミュニケーション能力

特命担当者は、社内外の様々な関係者と協働してプロジェクトを進めていく必要がある。高いコミュニケーション能力を持ち、関係者を巻き込みながら、プロジェクトを円滑に進められる人材が適している。

特命担当者のキャリアパスと将来性

キャリアパスの例

特命担当者は、基本的に特命担当としてキャリアを積んでいくことが多い。経験を積むことで、任せられるプロジェクトの規模や領域が変わっていく。例えば、最初は採用のサポートとして一リクルーターの役割から始まり、徐々に採用戦略全体の見直しや採用数の倍増といった大きな目標を任されるようになる。

新規事業の立ち上げにおいても、当初はサポーターとしてリード獲得後のバリューチェーンを担当するところから、最終的にはサービス設計からマネタイズまでの全戦略を描き実行する責任者として活躍することもある。

キャリアパスの多様性

特命担当者のその先のキャリアパスとしては、いくつかの選択肢がある。一つは、マネジメント能力を発揮し、新規事業の責任者として事業を大きく成長させていくことだ。

その他にも、個人の適性やキャリア志向によって多岐に渡る。プロジェクトベースで様々な経験を積むことができるため、自身の強みや興味関心に合わせてキャリアを柔軟に設計できるのが特徴だ。

将来性

特命担当者は、会社の成長に直結する重要な役割を担うポジションであり、将来性は高いと言える。特命担当者としての経験を積むことで、様々な領域の知見やプロジェクト推進力、目標達成能力などの高度なスキルを身につけることができる。

これらのスキルは、事業会社の経営企画や新規事業立ち上げ、コンサルタントなど、様々なキャリアパスで活かすことができるだろう。特命担当者は、会社の成長を加速させる重要な存在であり、そのスキルと経験は将来のキャリア形成に大きく役立つはずだ。

特命担当者を目指すためのアドバイス

営業担当として結果を出す

特命担当者になるためには、まず足元の営業として結果を出すことが最低限必要である。営業として目標を達成し、会社に貢献することで、自分の能力を証明することができる。

新しいことにチャレンジする

営業として結果を出しながら、新しい市場開拓や新規事業立ち上げなど、新しいことにチャレンジする機会があれば積極的に手を挙げることが重要だ。自ら新しいことに挑戦する姿勢を示すことで、特命担当者としての適性をアピールできる。

各領域の知見を深める

特命担当者は、技術、マーケティング、営業など様々な領域に関する知見が求められる。日頃から各領域の知識を深め、最低限の理解を持っておくことが重要である。自分の専門領域以外にも興味を持ち、学ぶ姿勢を持つことが求められる。

チャンスを逃さない

ベンチャー企業やスタートアップ企業では、人手不足やリソース不足の状況が多いため、特命担当者になるチャンスが多くある。チャンスがあれば積極的に手を挙げ、自分の能力を発揮できる場を見つけることが大切だ。

おわりに

特命担当者は、企業の成長に欠かせない重要な役割を担っている。プロジェクトの内容や求められるスキルは多岐に渡るが、目標達成に向けて全力で取り組む姿勢が求められる。

また、特命担当者として活躍するためには、高い目標達成能力と推進力、そして各領域への知見が求められる。これらのスキルを磨きながら、企業の成長に貢献していくことが、特命担当者としてのやりがいにつながるはずだ。

ASSIGN

アサインはビズリーチの最高ランク受賞等、確かな実績を持つエージェントと、若手ハイエンド向け転職サイト『ASSIGN』であなたのキャリアを支援しています。 コンサルティング業界専門のキャリア支援から始まり、現在ではハイエンド層の営業職・企画職・管理職など幅広い支援を行っています。 ご経験と価値観をお伺いし、目指す姿から逆算したキャリア戦略をご提案し、ご納得いただいた上で案件をご紹介するのが、弊社のキャリア支援の特徴です。

企業詳細へ

PICKUP / 編集者おすすめ

" alt="転職エージェント『MyVision』では何ができる?特徴を解説">

転職エージェント『MyVision』では何ができる?特徴を解説

未分類
" alt="転職エージェント『JAC Recruitment』では何ができる?特徴を解説">

転職エージェント『JAC Recruitment』では何ができる?特徴を解説

未分類
" alt="転職エージェント『Izul』では何ができる?特徴を解説">

転職エージェント『Izul』では何ができる?特徴を解説

未分類
" alt="コンサルタントのキャリアプラン">

コンサルタントのキャリアプラン

キャリアコラム
" alt="マーケターのキャリアプラン 専門性を高めて活躍の場を広げるために">

マーケターのキャリアプラン 専門性を高めて活躍の場を広げるために

キャリアコラム