ASSIGN MEDIA

第二新卒でデロイト トーマツ コンサルティングに転職するには。難易度や年収を解説

転職先として人気の高い外資系総合コンサルティングファーム「デロイト トーマツ コンサルティング」。

人気であるがゆえに、第二新卒で入社できるのか不安を感じている人もいるかもしれません。

そこで本記事では、第二新卒でデロイト トーマツ コンサルティングに転職する難易度や年収、選考対策のポイントを解説します。

第二新卒でデロイト トーマツ コンサルティングへの転職を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

デロイト トーマツ コンサルティングは第二新卒で転職できるか

デロイト トーマツ コンサルティングは、第二新卒でも転職可能です。

第二新卒から30代前半までの若手人材の採用に積極的な傾向があります。

また、採用活動を通年で行っているので、自分の都合のよいタイミングで応募できるのも魅力です。

第二新卒の選考フロー

デロイト トーマツ コンサルティングでは、第二新卒に対する特別な選考フローはなく、中途採用は全員同じ選考形式です。

選考はエントリーフォームの入力から始まり、書類選考、複数回の面接の順に行われます。

複数回の面接のなかでは「ケースインタビュー」も実施されます。

このケースインタビューでは、面接官から特定の課題が出され、自分のなかで一定時間考えたのち、面接官に回答を提示しなければいけません。

応募者がコンサルタントとして活躍できる能力・素質があるかを見極める、重要な選考プロセスです。

面接官から出される課題やトピックは、応募者の経験や実績、専門領域に応じて異なります。

ケースインタビューで確認される項目は、以下の通りです。

  • 論理的思考力
  • ビジネス感覚
  • コミュニケーション・ディスカッション能力 など

上記の項目は、デロイト トーマツ コンサルティングでコンサルタントとして活躍するために不可欠な能力です。

第二新卒の転職難易度

デロイト トーマツ コンサルティングは、第二新卒の採用に積極的です。

ただ、大手コンサルティングファームであるため応募者間での競争が激しく、転職難易度は高い傾向です。

なかでも人気ポジションや専門性の高いポジションでは、優秀な人材が集まるため、さらに競争が激しくなります。

第二新卒は、前職での経験が乏しいため、即戦力のスキルや経験は問われません。

「なぜコンサル業界なのか」「数あるファームのなかでもなぜデロイト トーマツ コンサルティングなのか」という志望動機や入社への熱意、将来性などが評価される傾向にあります。

明確で説得力の高い志望動機に加えて、自らのポテンシャルと熱意をどれだけアピールできるかがポイントです。

第二新卒の入社後のキャリア

デロイト トーマツ コンサルティングでは、コンサルタントの成長モデルに「アワーグラス・モデル」を採用しています。

アワーグラス・モデルは「専門性を絞り込む前に基礎知識・幅広いスキルを習得し、上位職になる頃には複数の専門性を身につけること」を目的としたモデルです。

このアワーグラス・モデルに基づき、入社後はまずビジネスアナリストからキャリアをスタートします。

そして、プロジェクトベースで幅広く経験を積みながら、コンサルタントとしての基本スキルを身につけていきます。

コンサルタントとして順調に成長し、シニアマネージャー・パートナー・ディレクターに上がるにつれて、より深い専門性を身につけることが可能です。

デロイト トーマツ コンサルティング中途採用の難易度は。転職対策を解説
デロイト トーマツ コンサルティング中途採用の難易度は。転職対策を解説
デロイト トーマツ コンサルティングの平均年収。初任給やボーナス、残業について解説
デロイト トーマツ コンサルティングの平均年収。初任給やボーナス、残業について解説

デロイト トーマツ コンサルティングにおける第二新卒の平均年収

OpenWorkのデータによると、デロイト トーマツ コンサルティングで勤務する25歳の平均年収は「634万円」です。

日本の平均年収が443万円ですので、入社直後でも平均以上の年収に到達できるのが魅力です。

なお、デロイト トーマツ コンサルティングは、年齢だけでなく役職によってもコンサル職の平均年収は大きく変動します。

役職ごとの平均年収は以下の通りです。

役職平均年収
アナリスト554万円
コンサルタント931万円
トラディショナル947万円
マネージャー1,295万円
出典元:OpenWork

第二新卒は、入社後アナリストもしくはコンサルタントからキャリアがスタートします。

そこから着実に実績を積んで昇進すれば、年収1,000万円以上に到達可能です。

高い年収を求める人には、デロイト トーマツ コンサルティングは魅力的な転職先といえます。

デロイト トーマツ コンサルティングが第二新卒に求めるスキル

第二新卒でデロイト トーマツ コンサルティングに応募するなら、企業が求めるスキルや経験を明確に理解しておく必要があります。

ここでは、デロイト トーマツ コンサルティングが第二新卒に求めるスキルを解説します。

論理的思考力

デロイト トーマツ コンサルティングでは、クライアントのビジネス課題に対して、効果的な戦略や解決策を提供するサービスを行っています。

複雑なビジネス課題に対処するためには、論理的な思考に基づくアプローチが必要です。

論理的思考力を活用して、問題の要因を分析し、適切な戦略やアクションプランを導き出すことが求められます。

この論理的思考力を保有しているかどうかは、選考の「ケースインタビュー」で確かめられます。

説得力のある回答を導き出すためにも、日頃から論理的思考力を鍛えておくことが望ましいです。

コミュニケーション力

デロイト トーマツ コンサルティングは、『クライアントが「協働者」であると同時に、コンサルタント同士も「協働者」である』という考え方が浸透しています。

クライアントならびに社内のコンサルタント同士が協働者であることは、それだけお互いの関係性を大切にしているわけです。

関係性の構築には、高いコミュニケーション力やチームワークが欠かせません。

クライアントとのコミュニケーションでは、情報を正確に伝えるだけでなく、相手の意見やニーズを理解し、適切なアドバイスや提案を行う必要があります。

また、コンサルタント同士のやりとりでも、チームとして円滑なコミュニケーションを取りながら、助け合うことが重要です。

積極性や挑戦心

デロイト トーマツ コンサルティングは、真のプロフェッショナルとして「個」の強さを重視しています。

「個」の強さを発揮するには、専門性や課題解決能力などが優れていることに加え、積極性や挑戦心も必要です。

デロイト トーマツ コンサルティングでは幅広いプロジェクトに参画する機会があるため、積極的に挑戦する姿勢が肝要です。

また、プロジェクトに参画するなかで挑戦を恐れずに新しいアイデアを追求する姿勢があると、活躍できる人材として評価されます。

常に自身の成長とプロジェクトの成功のために考えて動ける人材が、デロイト トーマツ コンサルティングで活躍しやすいといえます。

変わるHR領域の中で変わらない高品質の支援へのこだわり。デロイトが求める人材とは
変わるHR領域の中で変わらない高品質の支援へのこだわり。デロイトが求める人材とは
単なるシステム導入でなく、HRトランスフォーメーションへ導く。デロイトの支援への想い
単なるシステム導入でなく、HRトランスフォーメーションへ導く。デロイトの支援への想い

第二新卒でデロイト トーマツ コンサルティングへ転職するためにやるべきこと

第二新卒でデロイト トーマツ コンサルティングへの転職を成功させるために、重要となるポイントを解説します。

自己分析と目標設定

第二新卒でデロイト トーマツ コンサルティングへ転職を検討する際には、まず自己分析を行うことが大切です。

自己分析の際には、以下の項目を整理してみてください。

  • 自身の強み
  • スキル
  • 経験
  • 興味関心 など

上記の項目をもとに、デロイト トーマツ コンサルティングでどう貢献できるかを考えて、志望動機に反映させるのが効果的です。

また、志望動機にはキャリア目標の達成に向けたキャリアプランを反映させると、より説得力の高いものとなります。

企業研究をする

明確で説得力の高い志望動機の作成には、企業研究も欠かせません。

企業研究でリサーチすべき内容は以下の通りです。

  • 企業文化
  • 価値観
  • 業務内容
  • クライアント
  • 福利厚生
  • キャリアパス など

これらの情報は、企業の公式WebサイトやSNS、報道記事などを通して入手するようにしてください。

複数の方法を利用することで、より多面的な情報を得られます。

必要なスキルや知識を獲得する

入社前から、デロイト トーマツ コンサルティングが求めるスキルや知識を把握し、不足している部分を補強することも大切です。

独学でカバーできる分野もありますが、難解な領域もあるかもしれません。

独学で難しいと感じた場合は、セミナーやオンライン講座を活用することがおすすめです。

また、普段から特定分野の最新情報をキャッチアップしたり、専門書を購読したりして、求められるスキルや知識を磨くことも大切です。

英語力を磨く

デロイト トーマツ コンサルティングは、外資系大手コンサルティングファームであり、グローバルなプロジェクトも数多く抱えています。

そのため、グローバルなチームと連携して業務を進める際、英語でのコミュニケーションが必要になります。

全てのポジションで英語力は必須ではありませんが、応募要件に英語力の指定があるケースも多いので、磨いておくことが望ましいです。

ケースインタビューの対策をする

面接のなかで実施されるケースインタビューの対策も怠るわけにはいきません。

ケースインタビューでは、複雑な問題を論理的に解決できる能力をアピールすることが求められます。

そのため、日常の問題やニュース記事に触れて、どのように解析しアプローチするかを考える練習をするようにしてください。

また、ケース面接の際に使える基本的なフレームワークを勉強するのも有効です。

活用できるフレームワークの例は、以下の通りです。

  • 3C分析
  • SWOT分析
  • AIDMA など

フレームワークを活用した思考法をマスターしておくと、より論理的な考え・解決策が導けるようになります。

第二新卒でデロイト トーマツ コンサルティングへの転職を目指すなら「ASSIGN AGENT」

デロイト トーマツ コンサルティングへの転職を目指すなら「ASSIGN AGENT」の利用がおすすめです。

弊社にはデロイト トーマツ コンサルティングへの転職支援実績があり、コンサル業界に精通したエージェントが多数在籍しています。

また、企業側とも綿密なコミュニケーションを取っているため、紹介する求人の選考基準や入社後の業務内容やキャリアパスを詳しく共有することが可能です。

ASSIGN AGENTでは、初回の面談でいきなり求人を紹介することはありません。

初回の面談では、これまでのスキルや経験の棚卸しとヒアリングを通して、キャリアプランを明確にしていきます。

そして、キャリアプランが明確になった段階で、初めて求人紹介を実施しています。

なお、初回のキャリア面談は「そもそもコンサル転職に迷っている」「第二新卒の自分でも入社できるのか不安」などの段階でも相談可能です。

第二新卒でデロイト トーマツ コンサルティングへの転職を検討されている人や、まずは相談だけしてみたい人は、ぜひ一度ご相談ください。

ーーASSIGN AGENTが選ばれる4つの特徴

  • 400,000人のキャリアデータと10,000人以上の支援実績からキャリアの選択肢と強みを提示
  • 企業紹介より先にキャリアプランを描く
  • あなた専用の選考対策資料で内定獲得をサポート
  • 入社後も半年に1度の面談でキャリアの実現まで伴走

ASSIGN

アサインはビズリーチの最高ランク受賞等、確かな実績を持つエージェントと、若手ハイエンド向け転職サイト『ASSIGN』であなたのキャリアを支援しています。 コンサルティング業界専門のキャリア支援から始まり、現在ではハイエンド層の営業職・企画職・管理職など幅広い支援を行っています。 ご経験と価値観をお伺いし、目指す姿から逆算したキャリア戦略をご提案し、ご納得いただいた上で案件をご紹介するのが、弊社のキャリア支援の特徴です。

企業詳細へ

PICKUP / 編集者おすすめ

" alt="ストレングスファインダーの資質「着想」の強み・弱みとは。仕事への活かし方">

ストレングスファインダーの資質「着想」の強み・弱みとは。仕事への活かし方

キャリアコラム
" alt="ストレングスファインダーの資質「共感性」の強み・弱みとは。仕事への活かし方">

ストレングスファインダーの資質「共感性」の強み・弱みとは。仕事への活かし方

キャリアコラム
" alt="ストレングスファインダーは無料で使えるのか。">

ストレングスファインダーは無料で使えるのか。

キャリアコラム
" alt="20代におすすめの転職エージェント一覧。求めるサポート別におすすめエージェントをご紹介">

20代におすすめの転職エージェント一覧。求めるサポート別におすすめエージェントをご紹介

キャリアコラム
" alt="ストレングスファインダーの資質「最上志向」の強み・弱みとは。仕事への活かし方">

ストレングスファインダーの資質「最上志向」の強み・弱みとは。仕事への活かし方

キャリアコラム