ASSIGN MEDIA

M&A業界発展の背景とキャリアパス

M&A市場は、年々拡大傾向にあります。しかしその対象のほとんどが非上場企業のため、正確な売り上げ規模を図ることは難しくなっています。

ただ、成約件数はこの5年で約3,000件から約4,500件へと増加している現状があり、また国内企業の半数以上は後継者不在であることから、後継者問題の解決の糸口として、今後もM&Aの需要は拡大し続けることは間違いないでしょう。

本記事では急拡大を続けるM&A市場の歴史、ビジネスモデル、その後のキャリアパスについて解説していきます。 

M&A業界発展の背景

まずは、M&A業界発展の背景について解説していきます。

M&A業界の歴史

かつての日本では、企業を買収するという考え方そのものが一般的ではありませんでした。しかし、1980年代に入り、バブル期の経済力を武器に、ソニー社の米国映画会社の海外買収をはじめとするクロスボーダー型のM&Aが活発化してきました。

成長の背景

現在も国内のM&A件数は増え続けていますが、その成長の背景は主に3点あります。

  • 事業継承問題

一つ目は事業承継問題の顕在化です。日本企業の多くは経営者の高齢化が進んでいるため、後継者不足に悩まされている企業が急増しています。

それゆえ後継者が見つからない場合は、第三者に売却するケースが増えてきています。

  • 小規模案件の増加

二つ目は、小規模案件の増加です。以前は、外資系ファンドが買い手になるような大型のM&A案件しかありませんでした。しかし、M&Aによるメリットが世間に認知されたことで、1,000万円以下の小規模案件が増加し、個人事業主や起業希望者などが新たに買い手に加わってきています。

  • M&Aプレーヤーの増加

三つ目はM&Aプレーヤーの増加です。

以前は、大規模なM&Aのみを扱う金融機関しかありませんでしたが、中小企業含めて支援企業が増加したためにM&Aが活用されやすくなりました。よって、今後もM&A市場は拡大することが見込まれています。

また、経済のグローバル化が進むなかで、クロスボーダーのM&Aも一層増加することが予想されています。

M&A業界のビジネスモデルについて

マネタイズとしては、着手金や中間金が発生するケースがあるものの、最近では成果報酬型が一般的になっています。

バリューチェーンとしては、まず、売り手企業と買い手企業がマッチしそうな企業の選定を行います。

買い手企業が売り手企業に興味を持った場合には、秘密保持契約(NDA)を結び、売り手企業の財務情報などを買い手企業に提供します。

また、買い手企業はバリュエーション、つまり売り手企業がどれほどの価値があるのかを算出します。

双方の意向が契約を進める方向となった場合には、経営者同士の商談をセッティングし、基本合意契約に至るという流れになります。

その後は、デューデリジェンス(事前情報との誤りがないかなどの確認)が行われ、本契約に進んでいきます。

基本的にはロックアップ期間が設けられ、M&A後の3年間は経営を継続してもらうなど、PMI(ポスト・マージャー・インテグレーション)、つまり順調に吸収合併が進むような体制を取ることが多くなります。

M&A業界で得られるスキルとキャリアパス

経営者を相手にするため顧客折衝能力はもちろん、新規開拓力やファイナンス、税務の基礎知識、あるいは対象業界の知見、M&A後のPMIの流れなど、営業力に加えて経営に近い領域の実力を身につけることができます。

営業力と調整力

M&A業界におけるソーシング(案件発掘)では、営業力が身についていきます。特にM&A仲介会社では自分で案件を発掘する必要があります。

案件発掘の手段は、ダイレクトメールやテレアポで譲渡企業オーナーとアポイントを取り、仕事を受託することになります。

なかには税理士や会計事務所からのソーシングで成り立っているM&A仲介会社もありますが、特に新入社員などはテレアポなどで試行錯誤を繰り返しながら、営業力が身についていきます。

また、M&Aでは譲渡企業と譲受企業の主張が相反する場合が多くあります。そのため、両社の主張を整理し、納得する解決策を探り、成功に導いていく必要があるといえるでしょう。

よって、このような経験から、「調整力」というスキルを獲得できます。

幅広い業界へのビジネスモデル理解

M&A仲介会社では、業種別にセクターを分けていることが少ないため、多くのM&Aプレーヤーは幅広い業界を経験することになります。

特に、組織化がされていないM&A仲介会社のベンチャー企業では、自分が攻めたい業界や知りたい業界へアプローチすることが可能なため、自由度が高いと言えるでしょう。

幅広い業界を経験することで、業界ごとのビジネスモデルやキャッシュの流れを理解できます。

経営者との人脈

M&A仲介会社では、基本的に企業のオーナーをクライアントにするため、経営者との人脈を培うことができます。

特にM&Aでは、経営者の人生を左右する仕事を半年から1年間に渡り、経営者と伴走しながら進めていくことになります。

また、譲渡企業のオーナーだけではなく、譲受企業のオーナーや経営者の重要な意思決定に携わることになるため、深い関係性を築くことが出来ます。

経営者との人脈は、今後のキャリアパスにおいても、重要なものとなる可能性を秘めています。

具体的なキャリアパス

実力次第で高年収が担保される業界であるため、スペシャリストとして業界内でキャリアアップしていく人も多くいます。

また成長産業で、初期投資費用の少ないビジネスモデルであるため、起業していく人も少なくありません。

ファイナンスの知見などの基礎知識を活かし、事業会社の財務部に勤務しながら、キャリアを築くことも可能です。

最近では、より大きなディールを目指して、コンサルティングファームのM&A領域に転職していく人もみられます。

M&A業界の未来

新型コロナウイルス感染症や円高の影響により、飲食業界や旅行業界など、苦境に立たされる業界が増えてきました。また、コロナ前からの人口減少によって、市場規模の縮小が予測される業界でも、業界再編の動きが活発化しています。

経営の効率化を目的に業界再編を行い、経営資源の効率的な配分をすることで、業界全体の問題を解決していく必要性が生じているためです。
このように、競争環境が厳しい業界では業界再編が、大きく加速することが予想されます。

よって、M&A業界で活躍したい人にとっては、活躍の幅が広がる時代の到来とも言えるでしょう。
M&A業界への転職を考えているなら、ぜひ一度エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

ASSIGN

アサインはビズリーチの最高ランク受賞等、確かな実績を持つエージェントと、若手ハイエンド向け転職サイト『ASSIGN』であなたのキャリアを支援しています。 コンサルティング業界専門のキャリア支援から始まり、現在ではハイエンド層の営業職・企画職・管理職など幅広い支援を行っています。 ご経験と価値観をお伺いし、目指す姿から逆算したキャリア戦略をご提案し、ご納得いただいた上で案件をご紹介するのが、弊社のキャリア支援の特徴です。

企業詳細へ

PICKUP / 編集者おすすめ

" alt="若手経理が「会計のプロフェッショナル」になるために意識すべきポイントを解説">

若手経理が「会計のプロフェッショナル」になるために意識すべきポイントを解説

キャリアコラム
" alt="「人がいてこそ真のトランスフォーメーションが実現できる」価値の源泉である人材育成へのこだわり">

「人がいてこそ真のトランスフォーメーションが実現できる」価値の源泉である人材育成へのこだわり

インタビュー
" alt="広告代理店からエムスリー株式会社へ。エージェントと「なぜ」を突き詰めた転職活動。">

広告代理店からエムスリー株式会社へ。エージェントと「なぜ」を突き詰めた転職活動。

転職者インタビュー
" alt="【図解】プレゼンテーションのコツ。導入から聞き手を惹きつける話し方まで解説">

【図解】プレゼンテーションのコツ。導入から聞き手を惹きつける話し方まで解説

キャリアコラム
" alt="プロジェクトマネジメントとは。成功へ導く3つのポイントを紹介">

プロジェクトマネジメントとは。成功へ導く3つのポイントを紹介

キャリアコラム