PropTech企業の台頭とユニコーン化

PropTech企業の台頭とユニコーン化

不動産市場を主戦場とするスタートアップの台頭はますます本格化しています。

今回は注目を集めるPropTech企業をご紹介するとともにこれからの日本国内の不動産市場の動向も予見していきます。

不動産市場の魅力と可能性

市場規模も大きく、技術による革新性も多くある不動産業界は、非常に魅力的と捉えられており、PropTechという言葉が生まれるほどスタートアップにとって重要な市場になっています。

日本国内の商習慣で見ても、重要事項説明や鍵の受け渡しなど業務的な改善性も大きく、また住宅価値の算定など不透明な部分もまだまだ残っています。

AIなどの最新技術は、これらの問題を解決する可能性が大いにあり、実際にアメリカでは新しい不動産取引のやり方がスタンダードになりつつあります。

注目のPropTech企業

ZORCと呼ばれる注目企業の総称があり、それぞれの企業は時価総額1000億円以上のユニコーンとして成長を続けています。

直近では上場を果たした企業も増えてきており、今後はスタートアップ界隈で注目されているだけではなく、生活の中に浸透する当たり前のサービスとして広がりつつあります。

今回は簡単ではありますが、ZORCビジネスモデルを紹介し、海外での不動産取引のスタンダードを感じていただければと思います。

Zillow「不動産ポータル企業」
・アメリカ全土で1億件以上の不動産データベース
・物件価格査定ツール「Zestimate」を運用
・オンラインプラットフォームにて不動産の売買が可能
・Zillow OffersにてZillow自身で不動産を買取し再販

Opendoor「オンライン買取再販業」
・iBuyerのパイオニア
・独自AIによるオンライン不動産価格査定

Redfin「不動産ポータル+自社仲介」
・通常3%の広告掲載費用を、1%で提供
・エージェントによる自社内完結型の不動産売買モデルを持つ
・MLS(日本版REINS)と連携し、最新物件の情報リストを提供

Compass「高級特化の不動産プラットフォーム」
・ラグジュアリーマーケットに特化
・顧客とエージェントを繋ぐ独自プラットフォーム
・データドリブンなレコメンド機能

このように、極端に異なる商習慣になっているわけでは無いものの、オンラインが前提になっていたり、省力化することによって費用や利便性の面において改善されているという傾向にあります。

またAIやデータの活用により、取引自体の適正化にも積極的に取り組んでいます。

海外のトレンドから日本市場を予見する

日本でも、AIやVRによる不動産業界の変革が進んでおり、海外のトレンドから考えた際に、よりオンラインで直接やり取りするようなプラットフォームが増えてくることが想定されます。

日本国内ではSUUMOがプラットフォームとして不動の位置を作っているものの、今後査定機能や取引の利便性から新しいプラットフォームが台頭する可能性も考えられます。

今回は海外で注目を集める不動産スタートアップを紹介しながら、直近の不動産業界トレンドのイメージを持っていただくことを目的としました。

直近でも、不動産出身者がPropTechの企業に転職する事例も多くなっており、ご自身のキャリアの方向性の相談や、市場感を情報収集したいなどお気軽にご連絡いただければ嬉しい限りです。

20〜30代ハイエンド特化なら伴走型の転職エージェント「ASSIGN

株式会社ASSIGNではコンサルファームへの転職支援からスタートし、現在では、経営企画職や営業職など幅広い職種のキャリア形成、転職支援を行っています。

選考対策は一人ひとり完全オーダーメイド

20代-30代ハイエンドに特化した転職エージェント「ASSIGN」では、求職者一人ひとりのキャリアに向き合うため、初回面談でいきなり案件を紹介することはありません。

これまでのご経験や現職での課題感、目指したい将来像とライフプランを併せてお伺いし、まずは次の会社に必要なスキルや環境を棚卸しいたします。

その上で、DiSC修了者があなたの価値観と強みを分析し、一人ひとりにあわせたオーダーメイドの選考対策資料をご用意。

  • 転職を考えたきっかけ
  • 今回の転職軸
  • なぜこの業界か
  • なぜこの企業か

など各設問への回答を、専任コンサルタントと共に、妥当性・明確さ・根拠の3点から深掘りします。

Everything DiSC:米Wiley社で開発された、世界中で毎年100万人以上が利用するアセスメントツールの認定資格。
行動特性による分析理論であり、MicrosoftやSONYなどで導入されています。

両面型の転職エージェント

転職エージェント「ASSIGN」では、担当エージェントが企業への連絡や調整も行う両面型を採用。

担当エージェントが採用企業の人事と直接やりとりすることで、求めている人材・価値観・スキル・入社後の業務内容まで詳細を把握しています。

採用企業から共有された感度の高い情報を、すぐさま皆様にフィードバック可能。両面型エージェントだからこその、踏み込んだ転職支援が魅力です。

一流エージェントがご支援いたします

転職エージェントASSIGNの創業メンバーは、全員コンサルティングファーム出身。

他のメンバーについても、IBM、Recruit、野村証券、大手海運やグローバルメーカー出身者などのトップ企業で実績を残したエージェントです。

2021年6月には、株式会社ビズリーチが主催「JAPAN HEADHUNTER AWARDS 2021」にて、弊社取締役 奥井亮が、総合的に最も高い結果を残したキャリアエージェントに贈られる 「ヘッドハンター・オブ・ザ・イヤー(大賞)」を受賞いたしました。

*「JAPAN HEADHUNTER AWARDS 2021」は、即戦力人材に特化した転職サイト「ビズリーチ」に登録する約4,600名のヘッドハンターのなかから、面談満足度や決定数など7項目で構成されるヘッドハンタースコアをもとに、日本一のヘッドハンターを選出し表彰するアワード。

これは創業以来一貫して、目の前の転職だけでなく、応募者一人ひとりの中長期的なキャリアに向き合ってきた結果だと考えています。

転職の成功は、新たなキャリアのスタートにしか過ぎません。

まだまだ改善の余地も大きく、日々改善に努めながら、今後も一人ひとりに向き合ったご支援をお約束させていただきます。

» JAPAN HEADHUNTER AWARDS 2021の詳細はこちら

日本初AIキャリアシミュレーション「VIEW」

2019年2月、ASSIGNは「キャリアを見渡す。未来を選ぶ」をコンセプトにAIキャリアシミュレーションアプリ『VIEW(ビュー)』をローンチ。

20,000人以上のキャリアデータをもとに、AIがあなたに合うキャリアを自動でランキング化します。

3分であなたの経歴や価値観を登録でき、あなたのキャリアシナリオが可視化。

今ある選択肢が広がるだけでなく、新たな可能性を見出すことが可能です。

もちろんキャリアのシミュレーションだけでなく、トップエージェントからのスカウトを受け取ることもできます。

新たな可能性の再発見に、ぜひ『VIEW(ビュー)』をご利用ください。

無料でのキャリア面談はこちらから。

お電話にて30分程度のお時間を頂き、あなたが持つ価値観へのヒアリングから、キャリアの考え方、転職市場のトレンドや動向等、目の前の転職だけでなく将来を見据えたキャリア面談を実施いたします。

以下のリンクより面談日時をご指定頂き、その場でのご予約が可能です。

ぜひお気軽にご相談ください。

直接応募で優先的に対応させていただきます。フォームよりお気軽にご相談ください。
【無料】キャリア相談のお申込み
直接応募で優先的に対応させていただきます。フォームよりお気軽にご相談ください。
【無料】キャリア相談のお申込み