20代女性の転職時期とポイントについて解説。20代半ばまではポテンシャル採用可能

20代女性の転職時期とポイントについて解説。20代半ばまではポテンシャル採用可能

「このままずっと今の会社で働くイメージは湧かないが、いつ転職すべきだろう。」

「結婚や出産などのライフイベントがあるなかで、転職するよいタイミングが分からない。」

上記のように悩んでいる女性も多いと思います。

女性はライフイベントが仕事へ与える影響が少なからずあるからこそ、キャリアを考える上で悩む人が多いはずです。

しかし、ライフイベントやキャリアに対する考え方は人それぞれであるため、自分にとって最適な時期・選択肢を見極める必要があります。

そこで本記事では、20代女性の転職時期と年齢別での転職のポイントについて解説します。

ぜひ参考にしながら、自分にとってベストな転職時期やキャリアプランを考えてみてください。

女性の転職について、転職市場の動向とは

女性の転職市場では、どのような傾向があるのでしょうか。

下の図は、女性向けの求人数を年齢別で比較したグラフです。

20代女性が転職する前に知っておくべきこと|type女性の転職エージェント

出典:20代女性が転職する前に知っておくべきこと|type女性の転職エージェント

上のグラフによると、20代のうち最も求人数が多い世代は26〜29歳です。

この理由として、社会人としての経験を3〜5年程度積み、業務に必要な基礎スキルを兼ね備えている点や、新卒や第二新卒と比べて教育に時間がかからない点が挙げられます。

20代で吸収力が高く、今後の成長も期待できるからこそ、20代後半の人材を採用する企業が多い傾向にあります。

では、次に業界未経験からの転職数が多い年齢について見ていきます。

以下のグラフは、未経験向け求人と経験者向け求人の割合を年齢別で示したものです。

20代女性が転職する前に知っておくべきこと|type女性の転職エージェント

出典:20代女性が転職する前に知っておくべきこと|type女性の転職エージェント

グラフから分かる通り、未経験求人の割合が多いのは23歳と24歳であり、年齢が上がるにつれて未経験求人の割合が減少していることが分かります。

しかし、求人数の総数は20代後半の方が多いため、決して未経験可の求人が少ないわけではありません。

このことから、未経験者向けの採用では20代前半の対象が多いものの、20代全体を通して未経験可の求人がある程度確保されていることが分かります。

また、最近の動向として、新型コロナウイルス感染症の影響により経験者向けの求人が増えており、未経験からの採用の倍率が高くなっているという現状があります。

そのため、未経験可の求人だからといって、スキルがない状態で挑むのは控えておいた方がよさそうです。

自身が持つスキル・経歴をアピールする、あるいは資格を取得して意欲や姿勢をアピールするなど、ほかの志望者といかに差別化していくのかが重要です。

20代半ばまでの転職のポイントについて

20代半ばの女性、いわゆる第二新卒の世代は、ポテンシャル採用が多く、企業側からも重宝される世代です。

社会人3〜5年目の人材は、社会人としての基本となるマナーやスキルが身についているため、新卒ほど教育に手間もかかりません。

また経験が浅い分、仕事の進め方や社風に染まり切っていないため、新しい転職先でも比較的打ち解けやすいだろうと考えられています。

このような理由から、20代半ばでは経験者採用はもちろん、未経験の採用も活発に行われています。

「新卒で入社したものの、やはりキャリアプランを変えたい」「この先ずっとこの会社で働くのは難しい」と考えているなら、第二新卒の時期に転職するのも1つの選択肢です。

第二新卒のうちに転職活動を始めた方が、転職先も見つかりやすく、キャリアチェンジもスムーズになります。

20代後半女性の転職のポイントについて

求人数が最も多いのは、20代後半を対象にした求人です。

20代後半女性の転職では、これまでの業務経験を活かして転職先で「即戦力」として働くことが求められます。

20代半ばの人材よりも現場経験が豊富であり、専門スキルを兼ね備えていると判断されるため、会社での活躍を期待される傾向にあります。

また、20代後半ではマネジメントやリーダーといったポジションの募集が多いのも特徴です。

完全未経験の業種へ転職することも不可能ではありませんが、20代半ばに比べるとどうしても難しくなります。

さらに、20代後半の女性にとって重要なポイントが、結婚や出産、子育てなどのライフスタイルの変化が始まる時期であることです。

これから先のライブイベントに備えるためにも、企業選びの際には以下の項目を確認するようにしてください。

  • 産休や育休の制度はあるか
  • 時短勤務への切り替えに対応しているか
  • 出張・転勤の有無
  • 社内に結婚・子育て世代の女性がいるか

この先のライフプランとキャリアプランの両方を考慮した上で、転職先を決めていく必要があります。

30代で転職を成功するためには

30代女性の転職では、20代に比べるとどうしても転職先が限られてきてしまいます。

その理由としては、結婚や出産・育児を機に退職してしまうことへの不安を抱く企業が多いからです。

企業側は一度採用したら会社で長く働いてほしいのが本音としてあり、リスクを取らず20代の人材を採用する傾向があります。

また、経験豊富な30代向けの求人では、経営管理職など会社における重要なポジションの求人が多いのも特徴です。

そのため、ほかの年代の転職に比べて、よりレベルの高いスキルや実務力が求められます。

30代での転職をスムーズに進めるには、年齢に見合うキャリアを積んでいることが大切です。

これまでの業務経験を通して実績やスキルを積み上げ、転職市場での自分の価値を高めることができれば、30代の転職でも円滑に進められます。

妊娠と転職時期のタイミングについて

転職活動

女性は転職するにあたって、妊娠というライフイベントを考慮しなければなりません。

しかし「この時期に転職するとよい」ということは一概に言えず、人によってベストな時期はさまざまです。

そのため、重要なのは転職する時期ではなく、転職に必要な実務経験やキャリアを保持しているかどうかになります。

転職に備えて現場経験やスキルを高めておけば、転職先探しもスムーズに進められます。

上記のことを踏まえた上で、妊娠と転職時期のタイミングについて考慮すべきこと2点を紹介します。

子どもを妊娠してからの転職だとリスクが大きい

子どもを妊娠してから転職を試みると、転職活動に当てる時間がなかなか取れない可能性があります。

特に子育て中は、育児でじっくりと転職先を検討する余裕がなかったり、急なトラブルで面接に行けなくなったりと、転職活動に集中できないケースが多くあります。

また、今の職場での有給を使い切っており、会社を休んで転職活動をするのが難しい人もいると思います。

実際に採用する企業側としても、出産してすぐの人材を採用することは控える傾向があります。

そのため、妊娠より1年以上前、あるいは子育てが落ち着いた後の方が、転職をスムーズに進められます。

転職後すぐの妊娠は問題ないか

転職後すぐに妊娠して産休や育休を取得すると、職場の人に迷惑をかけることになり、人間関係にも影響を与えかねません。

そのため、転職して数年間仕事に励み、人間関係を構築した後に産休や育休を迎えた方が、復帰後も業務に集中できます。

また、そもそも会社側が「入社して1年未満では育休を使えない」という独自の規則を作っている場合もあるため、確認が必要です。

産休・育休の制度は国として定められているものの、企業側として別に規則を設けているケースもあり、妊娠を検討している場合には事前にご確認ください。

しかし、妊娠のタイミングをコントロールするのは難しいので、結婚後・妊娠後でも働きやすいかを確認した上で転職先を選ぶことが重要です。

産休・育休の制度や時短勤務の制度があるかなど、働きやすい制度が整っていることを確認してください。

夫の転勤は転職理由にしても問題ないか

営業職

結婚後、夫の転勤に伴って自分も転職する場合もあると思います。

ここからは夫の転勤によって転職する場合に気をつけるべき点を紹介します。

夫の転勤を転職理由にすると印象が悪くなる

転職面接にて、夫の転勤が理由で転職したいと考えている趣旨を伝えてしまうと、企業側からの印象が悪くなります。

なぜなら、企業側は「また夫の転勤で転職してしまい、自社で長く貢献できないのではないか」と考えるためです。

企業側は時間とコストを割いて人材を募集し、戦力として働いてくれることを期待しているため、長期的に貢献してほしいのが本音です。

そのため、どれだけスキルや実力を持っていても、長く働ける見込みがなければ採用を見送る可能性があります。

ただし、夫の転勤が理由で転職したことを隠すのがよいわけではありません。

ポジティブな言葉に変換する、または仕事への熱意や意思を添えるなど、伝え方を工夫する必要があります。

転職理由を聞かれた場合の対処法

ほとんどの転職面接では、面接官から転職理由について質問されます。

聞かれた際には、ただ「夫の転勤だから」と伝えるのではなく、転職に対する自分の考え方や、前職を続けられなくなった理由を述べるようにしてください。

例えば、以下のようなものです。

「ワークライフバランスを考えたときに、前職で仕事を続けることが難しくなった。しかし貴社であれば、仕事もプライベートも両立できると考えた。」

「社内で相談して異動希望を出したが、その希望に添えないと言われた。そこで転職先を探したところ、自分のスキルや経歴を活かせる貴社を見つけ、こちらで貢献したいと考えるようになった。」

上記のように「ただ言われるがままに転職した」という趣旨ではなく、自分の転職に対する思いを伝えることが大切です。

女性の転職でキャリアを広げる資格の活かし方

女性のキャリアを広げる上で、資格を取得することも1つの手段です。

資格を保有していれば、客観的に自分の知識・能力を証明することができます。

ただし、資格を保有しているだけで転職活動が有利になるわけではありません。

中途採用においては、あくまで実務力や業務経験が重視されるからこそ、資格はあくまで本人のスキルを確認する1つの方法です。

このことを踏まえた上で、キャリアを広げる資格の活かし方を世代別で紹介します。

20代半ばまでの未経験転職なら意欲度をアピール

20代半ばの転職では、本人の実務力ではなく今後の活躍を見越して採用する「ポテンシャル採用」が多い傾向です。

そのため20代半ばの転職では、転職に向けて資格を取得したという意欲をアピールするのがよいです。

資格を取得することで「転職への熱意が強い人だ」「最後までやり通す精神力がある」と、評価される可能性が高まります。

20代半ばは、まだまだ成長が見込める世代ですから、今後の活躍に期待して採用に踏み出す傾向が見られます。

資格を取得したという意欲は、ポテンシャル採用での大きな強みになります。

20代後半からの転職ならキャリア+αの資格を

20代後半からの転職では、ポテンシャルではなく実務経験やこれまでのキャリアで採用が決まります。

そのため、これまで培ってきたスキルや経験に+αで資格をアピールする形がよいです。

実際のところ、本人のキャリアや実務経験を面接や書類だけで判断はできません。

しかし、資格の保有があれば、その分野の基礎的な知識・能力を身につけた人であることが一目で分かり、実務力の裏付けとなります。

また、ほかの志願者との差別化にもつながります。

このように20代後半の転職では、資格を全面にアピールするのではなく、キャリアや実務力にプラスする形でアピールするのが好ましいです。

女性の転職時期に正解はない。ライフプランを考慮して転職活動を

女性の転職時期は「いつのタイミングがよい」という正解はありません。

ライフプランのあり方や考えた方は人それぞれですし、ライフイベントが仕事に与える影響も人によって異なります。

しかし女性の場合は、結婚や出産などのライフイベントが少なからず仕事に影響を与えるからこそ、自分の将来を考慮して転職活動を進める必要があります。

パートナーとライフプランについて話し合いながら、自身が納得いくキャリアを考えてみてください。

そして、女性の転職活動を成功させる鍵となるのは、転職の時期ではなく、年齢に応じたスキル・キャリアです。

いざ転職したいと考えたときに企業から求められる人材であるためにも、社会人になってからきちんとスキル・実務経験を積んでおく必要があります。

将来のことを見据えつつ、計画的にキャリア形成を進めてください。

20〜30代ハイエンド特化なら伴走型の転職エージェント「ASSIGN」

「ASSIGN」は、20〜30代向けに幅広い職種のキャリア形成、転職支援を行うエージェントです。

ハイクラスに特化しており、現職よりさらにキャリアアップ・収入アップを目指す人が多く利用しています。

選考対策は一人ひとり完全オーダーメイド

ASSIGNでは、一人ひとりの価値観や強みに向き合い、キャリアの方向性を踏まえた支援を行います。

そのため、初回でいきなり案件を紹介することはありません。

まずはヒアリングを元にあなたの長所や価値観を分析し、一人ひとりに合わせた「オーダーメイドの選考対策資料」をご用意します。

そして、ご提案する選考対策資料やキャリア戦略に納得いただいてから、初めて案件紹介へと移行します。

あなたのキャリアに基づきながら、戦略的に転職活動を行うのがASSIGNの強みです。

一流エージェントによる長期的なサポート

ASSIGNの創業メンバーは、全員コンサルティングファーム出身。

IBMやRecruit、野村証券を始め、大手海運やグローバルメーカー出身者など、トップ企業で実績を残した人が支援を行います。

また2021年6月には、株式会社ビズリーチが主催「JAPAN HEADHUNTER AWARDS 2021」にて、弊社取締役 奥井亮が、最も高い結果を残したキャリアエージェントに贈られる 「ヘッドハンター・オブ・ザ・イヤー(大賞)」を受賞いたしました。

実績あるメンバーが、あなたの中長期的なキャリアを踏まえたサポートをしていきます。

» JAPAN HEADHUNTER AWARDS 2021の詳細はこちら

企業への連絡や面接の日程調整もASSIGNにお任せ

企業への連絡や面接の日程調整などの細かな業務を、すべてASSIGN側が代行いたします。

そのため、現職が忙しい人やライフイベントによって時間に余裕がない人も安心です。

またASSIGNでは、担当エージェントが採用企業と直接やりとりを行う「両面型」を採用しています。

そのため、企業側が転職者に求めているスキルや、入社後の業務内容まで詳細に把握しており、企業視点から事細かくお伝えすることが可能です。

できるだけあなたの手間を減らしつつ、丁寧で確実な転職サポートを行います。

日本初AIキャリアシミュレーション「VIEW」を活用

ASSIGNでは、AIがキャリアシミュレーションを行う、日本初の先進的なアプリ「VIEW」を開発しました。

2万人以上のキャリアデータを元に、AIがあなたに合うキャリアを自動でランキング化します。

約3分で経歴や価値観を登録でき、キャリアシナリオの可視化が可能です。

自分だけでは気づけないような将来の可能性やキャリアプランを見つけるきっかけになるので、ぜひ活用してみてください。

無料でのキャリア相談はこちら

お電話にて30分程度のお時間をいただき、目の前の転職だけでなく将来を見据えたキャリア面談を実施いたします。

面談では、キャリアコンサルタントがあなたの価値観やキャリアをヒアリングをし、転職市場のトレンドや動向まで丁寧にお伝えします。

以下のリンクより面談日時をご指定頂き、その場でのご予約が可能です。

この機会にぜひご利用ください。