営業利益率50%キーエンスの戦略

営業利益率50%キーエンスの戦略

高い営業利益率と高年収というイメージが強いキーエンスですが、機械部品・産業機械メーカーであり、営業利益率は50%を超えており、競合を圧倒しています。

今回はなぜキーエンスが他社を圧倒する強さを持っているのか解説します。

なぜキーエンスは高い営業利益率を出せるのか

まず、独自性を活かした価値ベースの価格設定を行っている点が挙げられます。メーカーの製品・サービスの価格設定は、顧客・競合・自社基準で考えることが多い傾向にあります。

一方、キーエンスは原則、顧客基準で価格設定を行います。これは他社では再現できないクオリティの製品を開発・製造することで、同条件の価格勝負にさせないというのものです。

つまり、同社の製品価値ならばこの値段は妥当、というように他社との価格競争が働きにくいフィールドで、純粋な提供価値ベースで価格設定を行うことができます。

実際、同社の商品には「世界初」「業界初」といったフレーズが並び、顧客への価値提供を最大化できる商品開発を行っています。

また、顧客への提供価値から試算することに加えて、顧客の予算ベースでも価格設定を行います。顧客の事業規模に応じて価格設定を柔軟に変えています。

独自のファブレス経営

同社の経営を特徴づけるのがファブレス経営です。ファブレスとは、端的に言うと工場を持たない経営手法のことです。

自社ブランドの製品の生産・組立をアウトソースするビジネスモデルを指しています。従来のメーカーと異なり、製造設備の投資や自社の生産工場を持たないため、経営資源を企画・研究・開発・営業のコア業務に注ぎ込むことが可能です。

市場への新規参入を図るベンチャー企業や、高収益型のビジネスモデルを目指すメーカー企業がファブレス経営を取り入れるケースが多く、キーエンス以外でも任天堂、Appleなどのグローバル企業もファブレス経営を採用しています。

同社の製造ラインは国内と海外の協力会社にアウトソースしており、商品の特性とマッチした技術、生産ラインを持つ工場を柔軟に選択でき、合理的な生産ラインを確保しています。

自社工場を持ってしまうと、新商品を製造するたびにラインの再編成が必要となり、これが生産性の悪化やコスト高を招き、生産体制を意識するあまりに柔軟な企画が生まれにくくなります。

世界情勢や市場の変化に左右されず、顧客にとって付加価値の高い商品をタイムリーかつ大量生産するには、このファブレスという考え方が同社の商品開発の柔軟性・強さを支えています。

確立された圧倒的営業手法

同社の強さは無駄のない営業制度にもあります。特徴的な営業体制は直販制度を採用しており、クライアントと直接コミュニケーションしています。

一般的なメーカーでは、代理店や販売会社に商品の営業を任せることが多い傾向にあります。一方で、同社は顧客との距離感を大事にしており、顧客が現在求めているニーズを吸い上げ、それをタイムリーに商品開発に繋げています。

また、営業プロセスにも全く無駄がありません。営業マン1人あたり生産性をいかに向上させることができるかにフォーカスされた仕組みが確立されています。

無駄とは売上に繋がらない行動と定義したときに、例えば、決裁者以外の人とのコミュニケーションは極力減らし、まず決裁者と商談できる場を作ってから提案を行うようにします。

また、営業マンは提案資料を作成することは基本的にしません。別の専門チームが資料を作成し、それを適宜タブレットから取り出して提案しています。現場の社員は顧客に商品を売ることに集中しているのです。

プロセスの数値管理が徹底されていることも特徴です。同社の営業は科学的に設計されており、優秀な営業マンを軸に、どのようなアクションを何回すればよいのかモデル化されています。

商談に至るまでのアポイント数や、コミュニケーションの頻度など最も成果を出すことができる行動と行動量が各プロセスごとに明確に定められています。

そして、それを日報という形で振り返りを行います。報告の内容も詳細に記載する必要があり、ベストプラクティスに対してどの程度ビハインドしているのか各プロセスごとにチェックが入ります。整合性が取れていない行動については上司から指摘が入り、すぐに改善策の検討が始まります。

このように、独自の価格設定、ファブレス経営、営業プロセスの確立を主な要因として、キーエンスは他社を圧倒しています。B2Bの企業のため、その実態に触れる機会はあまりなかったかもしれませんが、本記事が参考になれば幸いです。

20〜30代ハイエンド特化なら伴走型の転職エージェント「ASSIGN

株式会社ASSIGNではコンサルファームへの転職支援からスタートし、現在では、経営企画職や営業職など幅広い職種のキャリア形成、転職支援を行っています。

選考対策は一人ひとり完全オーダーメイド

20代-30代ハイエンドに特化した転職エージェント「ASSIGN」では、求職者一人ひとりのキャリアに向き合うため、初回面談でいきなり案件を紹介することはありません。

これまでのご経験や現職での課題感、目指したい将来像とライフプランを併せてお伺いし、まずは次の会社に必要なスキルや環境を棚卸しいたします。

その上で、DiSC修了者があなたの価値観と強みを分析し、一人ひとりにあわせたオーダーメイドの選考対策資料をご用意。

  • 転職を考えたきっかけ
  • 今回の転職軸
  • なぜこの業界か
  • なぜこの企業か

など各設問への回答を、専任コンサルタントと共に、妥当性・明確さ・根拠の3点から深掘りします。

現在地の把握から、転職後のイメージまで、明確な退職理由の作成もお任せください。

Everything DiSC:米Wiley社で開発された、世界中で毎年100万人以上が利用するアセスメントツールの認定資格。
行動特性による分析理論であり、MicrosoftやSONYなどで導入されています。

両面型の転職エージェント

転職エージェント「ASSIGN」では、担当エージェントが企業への連絡や調整も行う両面型を採用。

担当エージェントが採用企業の人事と直接やりとりすることで、求めている人材・価値観・スキル・入社後の業務内容まで詳細を把握しています。

採用企業から共有された感度の高い情報を、すぐさま皆様にフィードバック可能。両面型エージェントだからこその、踏み込んだ転職支援が魅力です。

一流エージェントがご支援いたします

転職エージェントASSIGNの創業メンバーは、全員コンサルティングファーム出身。

他のメンバーについても、IBM、Recruit、野村証券、大手海運やグローバルメーカー出身者などのトップ企業で実績を残したエージェントです。

2021年6月には、株式会社ビズリーチが主催「JAPAN HEADHUNTER AWARDS 2021」にて、弊社取締役 奥井亮が、総合的に最も高い結果を残したキャリアエージェントに贈られる 「ヘッドハンター・オブ・ザ・イヤー(大賞)」を受賞いたしました。

*「JAPAN HEADHUNTER AWARDS 2021」は、即戦力人材に特化した転職サイト「ビズリーチ」に登録する約4,600名のヘッドハンターのなかから、面談満足度や決定数など7項目で構成されるヘッドハンタースコアをもとに、日本一のヘッドハンターを選出し表彰するアワード。

これは創業以来一貫して、目の前の転職だけでなく、応募者一人ひとりの中長期的なキャリアに向き合ってきた結果だと考えています。

転職の成功は、新たなキャリアのスタートにしか過ぎません。

まだまだ改善の余地も大きく、日々改善に努めながら、今後も一人ひとりに向き合ったご支援をお約束させていただきます。

» JAPAN HEADHUNTER AWARDS 2021の詳細はこちら

日本初AIキャリアシミュレーション「VIEW」

2019年2月、ASSIGNは「キャリアを見渡す。未来を選ぶ」をコンセプトにAIキャリアシミュレーションアプリ『VIEW(ビュー)』をローンチ。

20,000人以上のキャリアデータをもとに、AIがあなたに合うキャリアを自動でランキング化します。

3分であなたの経歴や価値観を登録でき、あなたのキャリアシナリオが可視化。

今ある選択肢の幅が広がるだけでなく、新たな可能性を見出すことが可能です。

もちろんキャリアのシミュレーションだけでなく、トップエージェントからのスカウトを受け取ることもできます。

新たな可能性の再発見に、ぜひ『VIEW(ビュー)』をご利用ください。

無料でのキャリア面談はこちらから。

お電話にて30分程度のお時間を頂き、あなたが持つ価値観へのヒアリングから、キャリアの考え方、転職市場のトレンドや動向等、目の前の転職だけでなく将来を見据えたキャリア面談を実施いたします。

以下のリンクより面談日時をご指定頂き、その場でのご予約が可能です。

ぜひお気軽にご相談ください。