不動産からITへの転職トレンドを解説

不動産からITへの転職トレンドを解説

不動産業界の出身者がIT企業に転職する事例が増えています。今回はなぜそのようなテンションが増えているのかについて解説をした上で、実際の実例も含めてご紹介していきます。

なぜIT企業の転職が増えているのか

不動産業界からの転職が増えている理由は、不動産という大きな市場に対するスタートアップの進出が本格化しているからです。

プロップテックと呼ばれる不動産系スタートアップが台頭し、不動産出身者もキャリアチェンジを求めている層が一定数いるため、転職トレンドとして顕在化しているのです。

実際に不動産市場は国内でも有数の市場規模を持っており、AIやVRなどといった技術によって大きく革新が期待される業界であり、今後もこのトレンドは続いていくと考えられます。

実際の実例としては、不動産業界からWeWorkやOYO、ビットキーなどの資金調達企業への転職が挙げられます。成長が鈍化した場合には、当該企業の採用活動はおさまってくるものの、今後新たなスタートアップが採用積極化するタイミングで、新たなキャリアチェンジの事例が増えていくことになるとみられます。

不動産出身者の見られ方とは

転職市場では、不動産系の出身者は業界知見と新規開拓の営業力を評価されることが多い傾向にあります。

一方で、個人営業要素が強い傾向にあったり、品質管理などの営業以外の職種についている場合もあったりするため、 これまでは転職先が不動産業界に縛られることもありました。

しかし、直近の技術による変革により、不動産系のIT企業に転職する実例が増えるとともに、不動産系に限らず数多くのスタートアップから声がかかる人材も多くなってきました。

もちろん、生活やビジネスの拠点となる不動産業界のやりがいというのも大きなものではありますが、キャリアチェンジを考える場合には、 近年の転職トレンドは大きなチャンスになると想定されます。

実際にプロップテックの企業からは、営業力もさながら不動産業界の複雑な仕組みや仕事の進め方についての理解があることは非常に評価されている上に、実務でも知見が役立つため、 企業側としても不動産業界出身者を優遇する傾向にあります。

キャリアチェンジのリミットを知る

一方で転職トレンドとは関係なく、キャリア形成上のマイルストンは把握しておくべきです。

一般的には20代の中盤で大きなキャリアチェンジは限界を迎えますが、今回のように不動産業界知見を生かせる前提であれば30歳前後までキャリアチェンジの幅を広げることができます。

もちろん、全く関係のないHRTech企業やFinTech企業などに直接行くには若い年次で移る必要がありますが、 不動産知見など生かせる要素があるのであれば、30歳でもキャリアチェンジが可能です。

このように、ご自身の持っているスキルや経験を鑑みた上で、 今後のキャリアプランを作ることをお勧めします。

市場トレンドなどの外的要因をご紹介しましたが、ご自身の経験を生かした新たな挑戦やキャリアの広がりを考える一助となれば嬉しい限りです。

20〜30代ハイエンド特化なら伴走型の転職エージェント「ASSIGN

株式会社ASSIGNではコンサルファームへの転職支援からスタートし、現在では、経営企画職や営業職など幅広い職種のキャリア形成、転職支援を行っています。

選考対策は一人ひとり完全オーダーメイド

20代-30代ハイエンドに特化した転職エージェント「ASSIGN」では、求職者一人ひとりのキャリアに向き合うため、初回面談でいきなり案件を紹介することはありません。

これまでのご経験や現職での課題感、目指したい将来像とライフプランを併せてお伺いし、まずは次の会社に必要なスキルや環境を棚卸しいたします。

その上で、DiSC修了者があなたの価値観と強みを分析し、一人ひとりにあわせたオーダーメイドの選考対策資料をご用意。

  • 転職を考えたきっかけ
  • 今回の転職軸
  • なぜこの業界か
  • なぜこの企業か

など各設問への回答を、専任コンサルタントと共に、妥当性・明確さ・根拠の3点から深掘りします。

現在地の把握から、転職後のイメージまで、明確な退職理由の作成もお任せください。

Everything DiSC:米Wiley社で開発された、世界中で毎年100万人以上が利用するアセスメントツールの認定資格。
行動特性による分析理論であり、MicrosoftやSONYなどで導入されています。

両面型の転職エージェント

転職エージェント「ASSIGN」では、担当エージェントが企業への連絡や調整も行う両面型を採用。

担当エージェントが採用企業の人事と直接やりとりすることで、求めている人材・価値観・スキル・入社後の業務内容まで詳細を把握しています。

採用企業から共有された感度の高い情報を、すぐさま皆様にフィードバック可能。両面型エージェントだからこその、踏み込んだ転職支援が魅力です。

一流エージェントがご支援いたします

転職エージェントASSIGNの創業メンバーは、全員コンサルティングファーム出身。

他のメンバーについても、IBM、Recruit、野村証券、大手海運やグローバルメーカー出身者などのトップ企業で実績を残したエージェントです。

2021年6月には、株式会社ビズリーチが主催「JAPAN HEADHUNTER AWARDS 2021」にて、弊社取締役 奥井亮が、総合的に最も高い結果を残したキャリアエージェントに贈られる 「ヘッドハンター・オブ・ザ・イヤー(大賞)」を受賞いたしました。

*「JAPAN HEADHUNTER AWARDS 2021」は、即戦力人材に特化した転職サイト「ビズリーチ」に登録する約4,600名のヘッドハンターのなかから、面談満足度や決定数など7項目で構成されるヘッドハンタースコアをもとに、日本一のヘッドハンターを選出し表彰するアワード。

これは創業以来一貫して、目の前の転職だけでなく、応募者一人ひとりの中長期的なキャリアに向き合ってきた結果だと考えています。

転職の成功は、新たなキャリアのスタートにしか過ぎません。

まだまだ改善の余地も大きく、日々改善に努めながら、今後も一人ひとりに向き合ったご支援をお約束させていただきます。

» JAPAN HEADHUNTER AWARDS 2021の詳細はこちら

日本初AIキャリアシミュレーション「VIEW」

2019年2月、ASSIGNは「キャリアを見渡す。未来を選ぶ」をコンセプトにAIキャリアシミュレーションアプリ『VIEW(ビュー)』をローンチ。

20,000人以上のキャリアデータをもとに、AIがあなたに合うキャリアを自動でランキング化します。

3分であなたの経歴や価値観を登録でき、あなたのキャリアシナリオが可視化。

今ある選択肢の幅が広がるだけでなく、新たな可能性を見出すことが可能です。

もちろんキャリアのシミュレーションだけでなく、トップエージェントからのスカウトを受け取ることもできます。

新たな可能性の再発見に、ぜひ『VIEW(ビュー)』をご利用ください。

無料でのキャリア面談はこちらから。

お電話にて30分程度のお時間を頂き、あなたが持つ価値観へのヒアリングから、キャリアの考え方、転職市場のトレンドや動向等、目の前の転職だけでなく将来を見据えたキャリア面談を実施いたします。

以下のリンクより面談日時をご指定頂き、その場でのご予約が可能です。

ぜひお気軽にご相談ください。