「感動を生み出す」社外プレゼンの極意

「感動を生み出す」社外プレゼンの極意

ビジネスではプレゼンの機会が非常に多くあります。
新規企画提案、合意形成、課題と対応報告など、短時間で伝えたいことを相手に伝えなければならず、上手い・下手が分かれてしまいがちです。

今回は、その中でも社外におけるプレゼンのポイントについてご紹介します。

プレゼンにおける社内・社外の違いとは?

前提として、プレゼンにおける社内・社外の違いとは何か確認していきます。

例えば、社内はサッカーの試合におけるホームゲームと考えられます。
社外はアウェイゲーム、社内であれば、プレゼンを聞く人々は伝えたいことの文脈・問題意識・ゴールをある程度意識できていることが多いと思います。

社内プレゼンの主なゴールは決済や予算を採りにいくことが多いと思いますが、事前にいかに決済権限者にインプット・調整できるか、という観点も重要なため、プレゼン前から勝負が始まっている傾向にあります。

一方で、社外であれば、文脈・問題意識・ゴールを同じように意識できていることは少なく、プレゼンが始まるそのタイミングで何の話を聞くのか知る人もいると思います。

例えば、契約を取るためのプレゼンであれば、お金を支払う価値があるか、投資するに値するか、といった観点でプレゼンを聞いているため、デメリットやリスクも重要視しています。

社内と社外を単純に比較した場合は、聞き手の前提意識が異なるため、社外プレゼンのほうが相手を動かすのは難しくなります。

プレゼンするときに誰が聞いているのか、どのような立場なのか、前提知識がどの程度あるのか、というオーディエンスの特徴を掴んでおくことは非常に大事です。

共感⇒信頼⇒納得⇒決断のステップ

社外プレゼンの場合、前提を共有できていないことが多いと説明しました。それゆえ、次のステップで話を展開することをおすすめします。それは「①共感⇒②信頼⇒③納得⇒④決断」の流れです。

この流れはオーディエンスの感情の動きの流れであり、プレゼンの流れ「①課題(共感)⇒②原因(信頼)⇒③解決策(納得)⇒④効果(決断)」に対応させると非常に効果的になります。

冒頭の共感ステップでは、オーディエンスがこのプレゼンは自分にとって必要なプレゼンである、と感じてもらう必要があります。
プレゼンの課題・意義について「わかるわかる」と共感してもらうことがプレゼンの掴みとして重要です。

ここで注意したいのは、スライドに多くの文字・情報を記載して伝えるのではなく、右脳に働きかけるように画像・ビジュアルを使用して、キーメッセージを強調して、イントロダクションを行うことです。

次に、②信頼ステップで「この話は聞くに値しそうだ」という信頼を得ることが必要になります。

課題の原因を共有することがプレゼンのコンテンツとなりますが、共感を得られている前提で、定量的なデータやグラフなどを用いて、オーディエンスの信頼を得られるようにします。

今後は左脳に訴えかけるイメージとなり、定量的なデータなどは情報鮮度と出典がポイントになります。
データは日々アップデートされ続けているため、いかに最新の情報を権威あるデータソースから持ってこれるかによって、説明に対する信頼度は大きく変わります。

次は③解決策の提示で納得してもらう。「なるほどそれなら課題解決できそうだ」「試験的に導入してみたい」と解決策を聞いてオーディエンスが前のめりになるように持っていくことがポイントです。

最後は④効果で決断・意思決定を促します。
最終的な意思決定にはどの程度の効果・インパクトがあるのかという観点が非常に重要となります。

1回のプレゼンで契約成立まで進めることができなくとも、「もう少し話を聞いてみたい」「個別に提案のタイミングを調整したい」と思ってもらうことができれば目的は達成されます。

社外プレゼンは「感情」にアプローチする

「①共感⇒②信頼⇒③納得⇒④決断」のステップをご紹介しましたが、オーディエンスの感情の動きの把握しながら、プレゼンを展開することが非常に重要です。

プレゼンはシンプルかつロジカルであることが非常に重要ですが、相手に行動を促す、意思決定してもらうためには「感情」の要素もきっちり抑えておかなければなりません。

人はすべて合理的に判断できるほど完璧な存在ではないため、感情に左右される部分が必ずあります。
一方で、感情だけでは人は動かないし、判断できません。

相手に刺さるプレゼンというのはシンプル、ロジカル、感情の三要素が充足し、相手の感情が決断に向かうようにデザインされているのです。

以上、今回は社外プレゼンのポイントについてご紹介しました。
社内外問わず、プレゼンをする機会はビジネスにおいて非常に多いため、今回の観点を業務に活かして実践していただければ幸いです。

20〜30代ハイエンド特化なら伴走型の転職エージェント「ASSIGN

株式会社ASSIGNではコンサルファームへの転職支援からスタートし、現在では、経営企画職や営業職など幅広い職種のキャリア形成、転職支援を行っています。

オーダーメイドでの選考対策資料をご用意

20代-30代ハイエンド向けに特化した転職エージェント「ASSIGN」では、初回の面談での案件紹介は行いません。

現職でのご経験や課題感、目指したい将来像をライフプランと併せてお伺いし、次の会社で得るべきスキルや環境を棚卸したキャリアプランを提案します。

その上で、DiSC修了者があなたの価値観と強みを分析し、あなただけの選考対策資料を作成。

  • 転職を考えたきっかけ
  • 今回の転職軸
  • なぜこの業界か
  • なぜこの企業か

など各設問への回答を、専任コンサルタントと共に、妥当性・明確さ・根拠の3点から深掘りします。

また「将来像」「強み/弱み」「現職の活動と工夫」「カルチャーフィット」など頻出質問に対しても、深掘りの観点や注意点を共有し、あなただけのオーダーメイド対策資料をご用意。

資料に基づいて導き出したあなたの面接対策は、模擬面接を通して、エージェントからのフィードバックによってさらに完成度を高めることができます。

さらに応募先企業ごとの企業研究についても、両面型エージェントであるため、各企業様から共有いただく情報をあなたのもとへダイレクトに届けます。

常に最新情報をキャッチアップした上で、選考対策に反映可能。

目先の転職だけでなく、あなたの将来がより豊かで、理想のキャリアやライフプランを実現できるよう、伴走型エージェントとして最大限バックアップいたします。

Everything DiSC:米Wiley社で開発された、世界中で毎年100万人以上が利用するアセスメントツールの認定資格。
行動特性による分析理論であり、MicrosoftやSONYなどで導入されています。

一流エージェントがあなたの専任コンサルタントに

転職エージェントASSIGNの創業メンバーは、全員コンサルティングファーム出身です。

他のメンバーについても、IBM、Recruit、野村証券、大手海運やグローバルメーカー出身者などのトップ企業で実績を残したエージェントがあなたをご支援いたします。

また、両面型のエージェントとして、各企業様に対するフォローや交渉等も直接あなたを担当している専任コンサルタントが一貫して行います。企業様に関する詳細情報のご提供はもちろん、選考時のフィードバックを受けての対策修正、各面接官の見ているポイントなど、現場感のある情報をお伝えできます。

2020年6月には、株式会社ビズリーチが主催、国内No.1のキャリアエージェントを選出する「日本ヘッドハンターサミット」にて、2019年度 コンサルティング部門のMVPを獲得。

*日本ヘッドハンターサミットとは、転職サイト「ビズリーチ」に登録する約3,900名のヘッドハンターの中から、ビズリーチを通じた高い転職支援実績者が表彰される式典のこと。

創業3年目にして名誉ある賞を獲得できたのは、キャリアは「点」ではなく「線」として捉えるというASSIGNが大事にしているビジョンを全てのメンバーが共有しているからこそだと考えています。

転職の成功は、新たなキャリアのスタートにしか過ぎません。
まだまだ改善の余地も大きく、日々改善に努めながら、今後も一人一人に向き合ったご支援をお約束させていただきます。

» 日本ヘッドハンターサミット2020の詳細はこちら

長期的な活躍をサポート

転職エージェントASSIGNは、足元の「点」ではなく「線」で捉えたキャリア支援を実施しています。
そのため、長期的なキャリア支援をサポートしており、あなたの将来像に近い案件情報を定期的にご連絡します。

またご希望に応じてキャリア面談を実施し、キャリアプランの見直しやスキルアップまで完全対応。
転職先で活きるスキルアップセミナーも限定配信しています。

日本初AIキャリアシミュレーション「VIEW」

2019年2月、ASSIGNは、AIキャリアシミュレーション『VIEW(ビュー)』をローンチしました。
VIEWは、弊社の先進的なプロダクトの1つ。
たった3分で経歴と価値観を登録し、AIがあなたに合うキャリアをランキング化。

今ある選択肢の幅が広がり、将来のキャリアストーリーをイメージできます。
また、そのキャリアを歩んだ場合の平均的な年収推移や業務内容、ロールモデルも提示。

VIEWの提案に興味が湧いたら、ワンタップでその領域を専門とするエージェントに相談をすることもできます。

日本初AIキャリアシミュレーションアプリ『VIEW』が、あなたのより良い未来をご提案致します。

無料でのキャリア面談はこちらから。

お電話にて30分程度のお時間を頂き、あなたが持つ価値観へのヒアリングから、キャリアの考え方、転職市場のトレンドや動向等、目の前の転職だけでなく将来を見据えたキャリア面談を実施いたします。

以下のリンクより面談日時をご指定頂き、その場でのご予約が可能です。

ぜひお気軽にご相談ください。