ASSIGN MEDIA

U・Iターン転職を実現するためのポイント

はじめに

近年、地方への転職を希望する若手が増加傾向にある。内閣府の世論調査では、2005年から2021年にかけて農村・漁村への転職希望者が17%から26.6%へと増加した。その背景には、家庭の事情や地元への愛着などがあるが、現在の勤務先では地域限定社員になると報酬体系が下がってしまうなどの課題もある。

このような状況の中、キャリアの方向性を決める20代の若手にとって、地方転職は大きなチャンスとなっている。自身のスキルアップと希望の勤務地を両立させるためには、戦略的なキャリア形成が求められる。本記事では、地方転職を目指す20代のキャリアプランについて解説していく。

地方転職希望者の増加と背景

地方転職希望者の増加傾向

近年、地元に戻って働きたい、地方に移住したいといった若手のUターン、Iターン、転職希望者が増加している。内閣府が実施した世論調査では、都市住民の農村・漁村地域への転職希望について、2005年の17%から2021年には26.6%へと増加している。

求職者の理由としては、主に家庭の事情で戻らなければいけない、地元に住み慣れているといったものがある。しかし、新卒入社した企業では、地域限定社員になると報酬体系が下がってしまうケースがあり、配置転換が難しいことから転職を希望する方が多い。

地方企業の優秀な若手人材採用ニーズ

一方で、企業側においても地域活性化を図るために、各自治体が助成金・補助金の制度を整えており、優秀な若手を採用したい地方企業が増えている。中には、新型コロナウイルスの影響で働き方が柔軟になり、フルリモートワークでの募集をする都市圏の企業もある。

特に、近年採用率が高いIT業界、広報業界、人材業界では柔軟な働き方が可能なポジションが増えており、地方での就業を希望する若手人材にとって魅力的な選択肢となっている。

20代におけるキャリア形成の重要性

キャリアの大きな方向性が決まる20代において、働く場所を自ら選択できるようなキャリア形成が重要である。そのためには、以下の点に留意する必要がある。

自身の強みや好きなことを把握する

希望の勤務地への転職を実現するためには、自身のパフォーマンスを最大化することが重要である。そのためには、自分の強みや好きなことを把握し、それを活かせる仕事を選ぶことが求められる。

個人のスキルを高める

経営資源である人、物、金の中で、人の価値が高い状態であることが理想的である。AIやロボットでは代替できない価値を出すことで、自らが勤務地を選択できる可能性が高まる。

スキル・経験を重視する

20代では、社格や年収よりも得られるスキル・経験を重視することが重要である。30代以降は異業界転職が難しくなるため、地方での就業を希望する際に求められるスキル・経験を20代で積むことを意識すべきである。

これらを意識した20代でのキャリア形成を行うことで、希望するタイミングでUターン転職やIターン転職を実現していくことができるだろう。

地方転職を実現するための3つのポイント

1. 自身の強みや好きなことを把握する

地方転職を実現するためには、まず自分自身の強みや好きなことを把握することが重要である。自身の特性を理解し、それを活かせる仕事を選ぶことで、パフォーマンスを最大化できる。

以下のような方法で、自己理解を深めていくことをおすすめする。

  • 過去の経験を振り返り、自分が力を発揮できた場面や楽しかった仕事を洗い出す
  • 他者からのフィードバックを積極的に求め、客観的な視点で自分の強みを把握する
  • 適性検査やストレングスファインダーなどのツールを活用し、自分の特性を知る

2. 個人のスキルを高める

地方転職を有利に進めるには、個人のスキルを高い状態にしておくことが欠かせない。AIやロボットでは代替できない価値を提供できるスキルを身につけることで、勤務地を自ら選択できる可能性が広がる。

個人のスキルを高めるためのポイントは以下の通りである。

  • 自社内だけでなく、外部の研修やセミナーに積極的に参加する
  • 業界動向や最新トレンドをキャッチアップし、スキルアップにつなげる
  • 資格取得や自己啓発を継続的に行い、専門性を高める
  • 業務の枠を超えて、社内外の人とのネットワークを広げる

3. 20代ではスキルと経験を重視する

キャリアを積んでいくうえでは、年齢が上がるほど専門性を深めていくことが重要になる。特に30代以降は、異業界への転職が難しくなるため、20代のうちは社格や年収よりもスキルと経験を優先すべきである。

採用する企業側も、どのような企業で働いていたかではなく、どのようなスキルを持っているかを重視する傾向にある。地方就業を目指すなら、求められるスキルと経験を20代で積極的に習得していく必要がある。

20代でスキルと経験を重ねるためのヒントは以下の通りである。

  • 与えられた仕事をこなすだけでなく、自ら手を挙げて新しい仕事にチャレンジする
  • 社内外の研修や勉強会に積極的に参加し、スキルアップの機会を逃さない
  • 上司や先輩に業務の背景や目的を質問し、仕事への理解を深める
  • 同世代の社外の人とも交流し、視野を広げる

以上の3つのポイントを意識してキャリアを形成することで、希望するタイミングでのUターンやIターン転職が実現しやすくなるだろう。

おわりに

本記事では、地方転職を目指す20代のキャリアプランについて解説した。自身の強みや好きなことを把握し、個人のスキルを高めることが重要である。また、20代ではスキルや経験を重視し、将来のUターンやIターン転職に備えることが求められる。

AIやロボットでは代替できない価値を出すことが鍵となる。30代以降は異業界転職が難しくなるため、20代で必要なスキルを身につけておくことが肝要である。企業も採用時にはスキルや経験を重視するため、地方就業を見据えたキャリア形成が大切である。

以上の点を意識しながら、20代でのキャリアを築いていくことで、希望するタイミングでの地方転職が可能になるだろう。自らのキャリアを主体的に選択し、理想の働き方を実現するためのヒントとなれば幸いである。

ASSIGN

アサインはビズリーチの最高ランク受賞等、確かな実績を持つエージェントと、若手ハイエンド向け転職サイト『ASSIGN』であなたのキャリアを支援しています。 コンサルティング業界専門のキャリア支援から始まり、現在ではハイエンド層の営業職・企画職・管理職など幅広い支援を行っています。 ご経験と価値観をお伺いし、目指す姿から逆算したキャリア戦略をご提案し、ご納得いただいた上で案件をご紹介するのが、弊社のキャリア支援の特徴です。

企業詳細へ

PICKUP / 編集者おすすめ

" alt="営業職からコンサルタントへの転職を成功させるためのポイント">

営業職からコンサルタントへの転職を成功させるためのポイント

キャリアコラム
" alt="営業職の転職におすすめ転職エージェント厳選8社">

営業職の転職におすすめ転職エージェント厳選8社

キャリアコラム
" alt="転職エージェント『ロバート・ウォルターズ』では何ができる?評判を解説">

転職エージェント『ロバート・ウォルターズ』では何ができる?評判を解説

未分類
" alt="転職エージェント『リクルートエグゼクティブエージェント』では何ができる?評判を解説">

転職エージェント『リクルートエグゼクティブエージェント』では何ができる?評判を解説

未分類
" alt="転職エージェント『リクルートエージェント』では何ができる?評判を解説">

転職エージェント『リクルートエージェント』では何ができる?評判を解説

未分類