ASSIGN MEDIA

新卒3年ジンクスは本当か。キャリアビジョンに合った転職のタイミングを考える

はじめに

新卒3年ジンクスという言葉を耳にしたことがある人は多いのではないだろうか。これは、新卒で入社した会社に少なくとも3年間は在籍すべきだという考え方である。しかし、近年の転職市場の変化や個人のキャリア形成の多様化に伴い、この3年ジンクスに対する見方も変わりつつある。

本記事では、新卒3年ジンクスの背景にある理由や、3年間在籍することのメリットとデメリット、採用側から見た転職者の評価の変化などを詳しく解説していく。

新卒3年ジンクスの背景

基礎スキルの習得に必要な期間

新卒者が新しい職場での業務に完全に慣れるまでには、一定の時間を要する。特に、ビジネスマナー、汎用的なビジネススキル、業務・業界における専門知識を身につけるためには、少なくとも3年程度の期間が必要とされることが多い。この期間を通じて得られるスキルや経験は、今後のキャリアにおいても重要な基盤となる。

早期退職癖(があると見られる)のリスク回避

短期間で頻繁に転職を繰り返すと、仕事に対する忍耐力や責任感が低いとみなされる可能性がある。こうしたイメージは、次の就職活動において不利に働くことがあるため、新卒者は一定期間同じ職場で働くことが推奨される。

自己理解の深化

最初の職場で一定期間働くことで、自分の適性や興味、長所や短所をより深く理解することができる。この自己理解が次の職場選びに役立ち、再び早期離職をしてしまうリスクを減らすことができる。

3年間在籍することのメリットとデメリット

メリット

スキルの習得と経験の蓄積

新卒で入社した会社で3年間在籍することで、業務に必要なスキルや知識を十分に習得することができる。特に、専門的な知識やビジネスマナーなどは、実際の業務を通じて身につけていくことが重要である。3年という期間は、一人前の社会人として成長するために必要な時間と言える。

キャリアアップのチャンス

3年間同じ会社で働くことで、徐々に重要な仕事を任されるようになり、昇進や昇格のチャンスも増えてくる。自分の能力を発揮し、会社に貢献することで、キャリアアップを図ることができる。また、社内のネットワークを広げることで、将来的なキャリア形成にも役立つ。

デメリット

モチベーションの低下

自分に合わない職場環境や業務内容であっても、3年間在籍しなければならないと考えると、モチベーションが低下してしまう可能性がある。ストレスが蓄積し、仕事のパフォーマンスにも影響を及ぼすことがある。

キャリアビジョンとのミスマッチ

自分のキャリアビジョンに合わない会社に長期間在籍することは、貴重な時間を無駄にしてしまうことにもなりかねない。特に、20代の数年間は、自分のやりたい仕事や目指すべきキャリアを模索する重要な時期である。3年間在籍することにこだわるあまり、自分の成長を妨げてしまうリスクがある。

採用側から見た転職者の評価は変化している

短期間の転職が必ずしもネガティブではなくなった

以前は、3年未満での転職は早すぎると考えられることが多かったが、現在ではそうとは限らない。特に、IT業界やベンチャー企業などでは、プロジェクトベースでの採用が一般的であり、短期間での転職が当たり前になりつつある。また、自分のキャリアビジョンに合わない環境に長期間とどまることは、かえって成長を妨げる可能性もある。

転職理由を納得できる形で説明できるかが重要

採用側が重視するのは、転職の理由や目的が明確であるかどうかである。単に待遇面での不満や人間関係のトラブルを理由に転職を繰り返すのではなく、自身のキャリアビジョンに基づいた転職であることを示すことが大切だ。また、前職での経験や学びを次のキャリアにどのように活かしていくのかを明確に伝えられるかも評価のポイントとなる。

自分のキャリアビジョンに基づいて意思決定する

キャリア形成において、自分の将来像を明確にすることは非常に重要である。目先の流行や他人の意見に惑わされることなく、自分のキャリアビジョンに基づいて行動することが求められる。自分の強みや価値観を整理し、目指すべきキャリアの方向性を定め、現在の職場や業務内容を評価することが有効だ。

もし自分のキャリアのビジョンにまったく当てはまらないのであれば、新卒3年以内に転職することも選択肢としては考えられる。一方、一定期間の経験がなければ自分がその仕事を好きか、嫌いかは判断しにくい。

キャリアにおいて自分が好きで向いている仕事を見つけるのは非常に大事な要素である。一方、30歳までには自分が突き詰めて行きたい領域に身を置いておく必要があることを考えるとその試行を繰り返す機会は非常に少ないため、不用意な判断と転職をしないように留意する必要がある。

おわりに

新卒3年ジンクスについては、自身のキャリアビジョンに基づいて判断することが重要である。3年間在籍することで得られるメリットもあるが、合わない職場に留まることのデメリットも考慮しなければならない。採用側の転職者に対する見方も変化しており、短期間の転職でも納得のいく説明ができれば評価されることもある。

結局のところ、自分の将来像から逆算してキャリアを考え、目先の風潮に惑わされずに行動することが求められる。今の職場が自分の成長に適しているかを見極め、必要であれば転職も視野に入れることが、長期的なキャリア形成には有益なのである。自分のキャリアは自分で決めるものであり、最終的な責任は自分にある。自分の人生を後悔なく歩むためにも、自分のキャリアビジョンを大切にし、それに基づいて行動することが重要だ。

ASSIGN

アサインはビズリーチの最高ランク受賞等、確かな実績を持つエージェントと、若手ハイエンド向け転職サイト『ASSIGN』であなたのキャリアを支援しています。 コンサルティング業界専門のキャリア支援から始まり、現在ではハイエンド層の営業職・企画職・管理職など幅広い支援を行っています。 ご経験と価値観をお伺いし、目指す姿から逆算したキャリア戦略をご提案し、ご納得いただいた上で案件をご紹介するのが、弊社のキャリア支援の特徴です。

企業詳細へ

PICKUP / 編集者おすすめ

" alt="営業職の転職におすすめ転職エージェント厳選8社">

営業職の転職におすすめ転職エージェント厳選8社

キャリアコラム
" alt="転職エージェント『ロバート・ウォルターズ』では何ができる?評判を解説">

転職エージェント『ロバート・ウォルターズ』では何ができる?評判を解説

未分類
" alt="転職エージェント『リクルートエグゼクティブエージェント』では何ができる?評判を解説">

転職エージェント『リクルートエグゼクティブエージェント』では何ができる?評判を解説

未分類
" alt="転職エージェント『リクルートエージェント』では何ができる?評判を解説">

転職エージェント『リクルートエージェント』では何ができる?評判を解説

未分類
" alt="営業から事業企画への転職を成功させるためのポイント">

営業から事業企画への転職を成功させるためのポイント

キャリアコラム