ASSIGN MEDIA

BCG(ボストン コンサルティング グループ)の中途採用。難易度や選考プロセスを解説

BCG(ボストン コンサルティング グループ)は、国内外で名の知れた外資系総合コンサルティングファームです。

コンサル業界の人気も追い風となり、転職難易度が高い企業として知られています。

BCGへの転職を成功させるには、事前にBCGの選考プロセスや求められる人物像などを把握することが重要です。

そこで、本記事ではBCGの特徴や選考プロセス、必要なスキルについて解説します。

BCGへの転職を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

BCG(ボストン コンサルティング グループ)の基本情報

BCG(Boston Consulting Group)は、1963年にアメリカのボストンに設立された世界的に有名な経営コンサルティングファームです。

経営戦略・組織改善・事業成長・業界分析など、幅広い経営課題を抱えるクライアントに対してコンサルティングサービスを提供しています。

いわゆる「BIG4」の一員ではありませんが、外資系総合ファームのなかでも最大規模を誇り、幅広い業界・テーマをカバーしていることが特徴です。

その規模の大きさは、50を超える国々・100以上の都市に拠点を擁することからも伺えます。

日本では、最古の外資系総合コンサルティングファームとして、東京・名古屋・大阪・京都・福岡に拠点を持ちます。

そのほかの概要については以下の通りです。

企業名ボストン コンサルティング グループ合同会社
BCG(Boston Consulting Group)
所在東京オフィス(日本法人本社)
東京都中央区日本橋室町三丁目2番1号 日本橋室町三井タワー25階
設立1966年(日本オフィス)
資本金非公開
従業員約30,000名(国内外のグループ全体)
代表者日本共同代表 秋池 玲子
日本共同代表 内田 有希昌

BCGの中途採用の難易度

BCGでは、各ポジションで中途採用を随時行っています。

応募機会が多い点ではメリットですが、応募者同士の競争は激しく、転職難易度が高い傾向です。

競争が激しい理由には、BCGが「一流の経営コンサルティングファーム」として評価されていることが影響しています。

ファームとしての評価や知名度が高いことで、多くの経営コンサルタント志望者がBCGに興味を持ち、応募する傾向があります。

また、BCGが人材に対して高い専門知識・スキルを求めている点も、難易度の高さの要因です。

BCGが求める専門知識・スキルの一例は、以下の通りです。

  • 高度な分析力
  • 戦略的思考
  • コミュニケーション力 など

BCGは上記の項目について、厳格な選考プロセスを用いて転職希望者の能力や適性を評価しています。

そのため、応募者は入念な対策をし、厳格な選考プロセスを一つひとつ突破していく必要があります。

BCGの中途採用(キャリア採用)のプロセス

BCGでは、総合コンサルティングファームとして多様な業界・分野の課題解決に対応しています。

そのため、さまざまなバックグラウンドを持つ人を積極的に採用している傾向です。

面接プロセスは地域によって異なりますが、通常2回以上の選考(面接や筆記試験など)を行うことが大半です。

ここでは、BCGで行われる面接選考について解説します。

ケース面接(ケースインタビュー)

BCGが重要視している選考が「ケース面接」です。

ケース面接とは、面接の場で何らかの課題が出され、一定時間自分で考えたのちに、その解決策を回答する面接方式のことです。

実際に直面する現実問題をシミュレートするように設計されているため、BCGでの仕事を擬似体験できます。

なお、ケース面接では回答に正誤はありません。

面接官がケース面接を通して重視するのは、その回答に至るまでの思考プロセス・戦略的アプローチと、提示した解決策の説得力の2点です。

応募している役割に関連する技術的または専門的なスキルを活かしながら、論理的に回答することが求められます。

BCGの公式サイトが公開しているケース面接のコツは、以下の通りです。

対処法詳細
面接官に質問する・面接官によるケースの概要説明を聞き、内容がわからない場合は積極的に質問する
・必要に応じてメモを取る
思考・回答の優先順位を考える・論点が複数ある場合は、クライアントにインパクトがあると考えられる項目から着目する
・「なぜその優先順位になったか」を回答できるように検討しておく
複数の考えから結論を導き出す・自分なりに考えた仮説と選択肢をまとめ、論理的に説明できるようにする
一人で考えない・面接官との対話を通じ、自分のロジックや思考プロセスを伝えることを意識する
参考:Interview Resources | Japan | BCG Careers

上記以外にも効果的なコツは数多くあるため、自分がケース面接を受ける前に公式サイトを確認しておくことをおすすめします。

質疑応答の面接

ケース面接のほかに、個人的な経験やBCGでのキャリアに関する質疑応答が実施されます。

質疑応答では、面接官は以下の項目に注目しています。

  • 傾聴力
  • 効果的にコミュニケーションを取る力
  • 積極的かつ説得力があるプレゼンテーション力 など

質疑応答で的確に受け答えするためには、志望動機や自己PR、前職での実績などの頻出質問に的確に答えられるよう準備しておくことが重要です。

また、お互いの理解を深めていく自然体な姿勢で面接に臨むことも重要だとされています。

BCGの中途採用における募集職種

BCGは年間を通じて、さまざまな職種で中途採用を行っています。

ここでは、2023年8月時点で募集されている職種を紹介します。

経営コンサルタント

BCGの経営コンサルタントは、年間を通じて中途採用の応募を受け付けています。

コンサルティング業界の経験や資格は不問です。

詳しい応募資格や待遇は、以下の通りです。

応募資格・4年制大学以上(修士・博士含む)を卒業後、企業・官公庁等での実務経験
・事業会社やコンサルティングファームでのデジタル領域の戦略策定、新規事業の企画などの経験
福利厚生・社会保険完備
・退職金制度 など
休日・休暇・週休2日制(土・日)・祝日、年末年始休暇・年次有給休暇 など
勤務時間フレックスタイム制
研修制度・各種トレーニング(国内/海外)
・ナレッジ・シェアリング・プログラム (国内/海外)
・海外オフィス派遣制度
・MBA留学支援制度 など
勤務地東京、名古屋、大阪、京都、福岡

その他の職種

経営コンサルタント以外で募集されている職種は、以下の通りです。

  • データサイエンティスト:クライアントが革新的なソリューションを設計、構築、展開できるようにデータ分析をする職種
  • ソフトウェアエンジニア:堅牢で保守可能なソフトウェアを設計・開発・運用する職種
  • デザイナー:コンサルティングチームと協働し、プレゼンテーション・ドキュメントからイラスト、Webサイトなどのデザインを担当する職種 など

上記のほかにも、各分野で多種多様な職種が募集されているので、自分の希望と経歴に合った職種があるかを確認してみてください。

『捨てるものを決める』元BCGが語るキャリア論(上)
『捨てるものを決める』元BCGが語るキャリア論(上)
『捨てるものを決める』元BCGが語るキャリア論(下)
『捨てるものを決める』元BCGが語るキャリア論(下)

BCGの中途採用で求められるスキルや人物像

BCGが求める人物像は各業界・分野によって異なりますが、どのコンサルタントにも共通して求められているスキルがあります。

ここでは、BCGが求める人物像について解説します。

論理的思考力

BCGの選考では、「論理的思考力の基礎があるか、仮説思考ができるか」が確認されます。

BCGのコンサルタントとして活躍するには、データや情報を収集して分析を行い、その結果から合理的な意見や戦略を導き出す必要があります。

クライアントに的確な解決策を提案するためには、論理的思考力が欠かせません。

知的好奇心

知的好奇心は、新しいアイデアや概念に対する興味を持ち、積極的に学び続ける能力のことです。

BCGでは、さまざまな業界やビジネスモデルに関する知識を持ち、クライアントの課題に対して革新的なアプローチを提供する必要があります。

顧客に合ったアプローチをするには、常に変容する業界のトレンドや社会情勢などを素早くキャッチアップすることが不可欠です。

キャッチアップして得た知識を深めることで、問題解決において幅広い視点を持てるようになります。

創造的思考力

コンサルティング業界では、クライアントの数だけ異なる経営課題を抱えているといっても過言ではありません。

BCGのプロジェクトでは、既存の枠組みにとらわれずに新たな解決策や戦略を提案することが求められます。

創造的思考力を発揮することで、従来見過ごされていた考え方・アプローチを発見し、クライアントの業績向上に貢献できます。

コミュニケーション能力

コンサルタントの仕事では、クライアントとのコミュニケーションが不可欠です。

クライアントとの密なコミュニケーションにより、経営課題の洗い出しや今後の展望などを深堀りでき、信頼関係も構築できます。

また、BCGのプロジェクトは一般的にチームで進行するため、メンバーとの連携が欠かせません。

チーム内でも円滑なコミュニケーションを取ることで、プロジェクトの成功が近づきます。

専門性の高い知識・スキル

BCGは、ビジネス戦略や組織改革など幅広い分野に関するコンサルティングサービスを提供しています。

そのため、特定の業界・分野に関する深い専門知識を持つことは、クライアントの課題に対して価値提供する上で重要です。

専門性が高く、コンサルティングに有用な知識・スキルは以下の通りです。

  • IT関連知識
  • 金融業界での経験
  • 社労士・会計士などの難関国家資格 など

上記のスキルを一つでも多く保有していると、重宝される可能性があります。

英語力

BCGはグローバルファームであり、国際的なプロジェクトに携わる機会が多々あります。

そのため、クライアントや国内チームメンバー、異なる国や地域のメンバーと英語でコミュニケーションを取るシーンが度々発生します。

クライアントや社内でスムーズにコミュニケーションを取るには、ビジネスレベルの英語力が必要不可欠です。

コンサル転職前に知っておきたい。業界の成長性やトレンド、転職成功事例を解説
コンサル転職前に知っておきたい。業界の成長性やトレンド、転職成功事例を解説

BCG入社後に歩めるキャリアパス

BCG入社後に選択できるキャリアパスは多種多様です。

一般的には、以下のような流れで昇進できます。

ポジション役割や業務内容
アソシエイト・新卒もしくは実務経験3年未満の人が就く
・幅広い業界・分野のプロジェクトを通じて、ビジネスで直面する問題に対応するための洞察力や問題解決を身につける
コンサルタント・プロジェクトの中心的な存在として、課題解決を目指してクライアントと密接に関わりプロジェクトを進める
プロジェクトリーダー・プロジェクトの全体像を把握しながら、時間や予算管理を行い、クライアントに提案する
プリンシパル・プロジェクトマネジメントを行う
・プロジェクトやリサーチから得られたインサイトを共有し、今後のプロジェクトに活かす
パートナー・クライアントにインパクトを与えられるBCGのチームメンバーを育成し、企業の発展に貢献する
シニアパートナー・エグゼクティブディレクター・コンサルティングスタッフの総括責任者として、プロジェクトに関わる
・クライアントとのリレーションを発展・拡大させ、企業の発展に貢献する

中途採用の場合は、アソシエイトからではなくコンサルタントやプロジェクトリーダーなど、上位の職位からキャリアをスタートとすることもあります。

BCGの中途採用に向けた選考対策

BCGの中途採用で内定を獲得するためには、いくつか対策を講じておく必要があります。

ここでは、BCGの選考対策を解説します。

自己分析を通して強みやスキルを明確にする

自己分析は、自身の強みやスキル、価値観、キャリアを明確にするための重要なステップです。

BCGは、応募者に高度な専門知識と能力を求めます。

そのため、自身の得意分野や経験を把握し、選考で「自分がどのような価値を提供できるか」を明確に説明する必要があります。

自己分析で具体的にやるべきことは以下の通りです。

  • 自分の経歴や職務経験を振り返り、過去の成功体験や取り組んできたプロジェクトを洗い出す
  • 自分の強み・スキル・専門知識をリストアップし、どの分野でほかの応募者と差別化できるかを考える など

上記の分析を行い、自身が持つ能力をアピールできるようにしておくことが肝要です。

企業研究を通して働きたい理由を明確にする

「なぜBCGに入社したいのか」という志望動機を明確にすることが重要です。

説得力のある志望動機を作成するには、まず企業分析を通してBCGの特徴や事業内容を理解する必要があります。

企業研究で得た情報をもとに、BCGへの興味や動機、「なぜほかのファームではなくBCGなのか」を明確にし、志望動機を作成します。

また、企業研究を通じてBCGの文化・価値観・業績・プロジェクトなどを把握すれば、自身と企業のミスマッチを避けることが可能です。

転職エージェントを利用する

BCGは、転職難易度が高い企業です。

そのため、自分一人で転職活動を行うのはデメリットが大きいといえます。

BCGへの転職を成功させるためには、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントに在籍する専門的なキャリアアドバイザーに相談することで、BCGで発揮できる自分の強みやキャリアゴールに合ったポジションが明確になります。

また、個人では入手しにくいBCGの求人情報や、選考プロセスの詳細を把握できるのもポイントです。

さらに、実際の選考プロセスの理解や書類作成、面接対策などの支援も受けられるため、より内定を獲得できる可能性が高まります。

基本的に転職エージェントは無料で利用できるため、まずは問い合わせしてみることをおすすめします。

BCGの中途採用なら、コンサル転職に強い「ASSIGN AGENT」に相談を

BCGへの転職を検討しているなら、コンサル転職に強い「ASSIGN AGENT」にご相談ください。

ASSIGN AGENTはBCGとのコネクションがあり、コンサル転職に強いエージェントが多数在籍しているため、手厚い支援が受けられます。

また、ASSIGN AGENTでは、初回の面談でいきなり求人を紹介することはありません。

初回の面談では、これまでのキャリアの棚卸しと、今後のキャリアプランに対するヒアリングを実施しています。

面談を通してキャリアプランが明確になって初めて、求人紹介のフェーズへ移行しています。

なお、初回のキャリア面談は「そもそもコンサル転職に迷っている」「キャリアの方向性に悩んでいる」といった検討段階でも相談可能です。

BCGへの転職を検討されている方や、キャリアに悩んでいる方はぜひ一度ご相談ください。

ASSIGN

アサインはビズリーチの最高ランク受賞等、確かな実績を持つエージェントと、若手ハイエンド向け転職サイト『ASSIGN』であなたのキャリアを支援しています。 コンサルティング業界専門のキャリア支援から始まり、現在ではハイエンド層の営業職・企画職・管理職など幅広い支援を行っています。 ご経験と価値観をお伺いし、目指す姿から逆算したキャリア戦略をご提案し、ご納得いただいた上で案件をご紹介するのが、弊社のキャリア支援の特徴です。

企業詳細へ

PICKUP / 編集者おすすめ

" alt="PwCにおける変革と成長 テクノロジーを牽引するTechnology Advisory Serviceの魅力">

PwCにおける変革と成長 テクノロジーを牽引するTechnology Advisory Serviceの魅力

インタビュー
" alt="IT転職成功のカギ:採用担当者が評価するエンジニアのスキルと経験">

IT転職成功のカギ:採用担当者が評価するエンジニアのスキルと経験

キャリアコラム
" alt="IT技術者のキャリアを考える:変化する業界と求められるスキル">

IT技術者のキャリアを考える:変化する業界と求められるスキル

キャリアコラム
" alt="信託銀行で身につく専門スキルと将来のキャリアパス">

信託銀行で身につく専門スキルと将来のキャリアパス

キャリアコラム
" alt="エンジニアのキャリアパスと必要スキル">

エンジニアのキャリアパスと必要スキル

キャリアコラム