ASSIGN MEDIA

コンサルティングファームの採用トレンドの変化。未経験者の採用ポイントとは

はじめに

経済の変化は私たちの生活やビジネスに多大な影響を及ぼしている。それは、コンサルティングファームの採用トレンドにおいても例外ではない。また、ファーム未経験者の採用についても、年齢や経験によって異なる採用ポイントが存在している。本記事では、それらの採用トレンドとファーム未経験者の採用ポイントについて詳しく解説していきたい。

景況感による採用トレンドの変化

好景気の時期には、企業の収益性が向上し、新規ビジネスの開発や既存のビジネスラインの拡大に余裕が生じる。このような状況下では、企業は新たな市場への進出やビジネスのデジタル化に対する戦略策定を求め、コンサルティングファームは新規事業開発や市場拡大に焦点を当てたサービスを提供することが多くなる。

この時期、コンサルティングファームは新たなビジネスチャンスを見つけ出す能力を持つコンサルタントを積極的に採用する。特にデジタルトランスフォーメーションやAIを活用したビジネスモデルの開発など、新技術に対する深い理解とそれをビジネスに活かす能力を持った人材はコンサルティングファームのメインターゲットとなっている。さらに、異なる業界や職種からの転職者の採用も増える傾向にある。これは、新たな視点や異なる業界知識を持つコンサルタントが、新たなビジネスチャンスの創出や革新的なアプローチの提供に寄与する可能性が期待できるためである。

しかし、不景気の際には企業の収益性が低下し、企業はコスト削減や経営の安定化を迫られる。その結果、経営効率化やリストラクチャリングを支援するコンサルティングサービスが求められるようになる。ここでは、オペレーショナルエクセレンスやコスト削減、リスク管理などの専門知識を持つコンサルタントが必要とされる。

さらに、不確実性の高い環境では、企業が直面する問題も複雑化し、それに対応するための高度なデータ分析能力が求められる。データ分析により、企業はその複雑な問題を理解し、適切な戦略を策定することが可能となる。その結果、アナリティクスやデータサイエンスに精通したコンサルタントの採用も増える傾向にある。

また、コンサルティングファームの採用トレンドは、社会全体の景気だけでなく、特定のクライアント業界の景気にも大きく影響される。これは、各業界の成長や縮小、変革の度合いによって、コンサルタントの需要スキルや背景が変動するためである。

例えば、新興テクノロジー業界が急成長する場合、コンサルティングファームはこれらの企業に対する戦略的なアドバイスを提供するため、テクノロジーに精通したコンサルタントや、新しいビジネスモデルを創出する創造力を持ったコンサルタントを求める傾向にある。一方、製造業やエネルギー業界が不振や変革期にある場合、コスト効率化やリストラクチャリングの専門家、またはサステナビリティやデジタル化に関する知識を持つコンサルタントの需要が高まるだろう。

さらに、クライアント業界の特性に合わせた経験や知識を持つコンサルタントも必要とされる。例えば、製薬業界における規制や臨床試験の知識、金融業界におけるリスク管理やコンプライアンスの専門性などが挙げられる。そのため、特定の業界からの転職者の採用も活発化する傾向にある。

このように、コンサルティングファームの採用トレンドは、マクロ経済の変動だけでなく、クライアント業界の景気や変化にも左右される。しかし、どの業界でも求められるのは、問題解決能力、柔軟性、革新的思考であり、これらの能力を持つコンサルタントは常に価値を提供することが可能となる。そのため、これらの能力を磨き、時代の変化に対応する能力を身につけることが重要である。

ファーム未経験者の採用ポイント

未経験の20代若手層を対象にした採用では、その人物が将来的に優れたコンサルタントに成長する可能性、つまり「ポテンシャル」が評価される。例えば、新卒時や初期のキャリアステージの転職希望者が対象になる場合、コンサルティングの知識や経験はまだそれほど重視されない。むしろ、未来の可能性を見据えて、その人物が持っている問題解決能力、リーダーシップ、論理的思考力、コミュニケーション能力といったベースとなるスキルや資質が重視される傾向にある。

また、新しい状況や困難に適応できる柔軟性、自身でスキルを磨き、知識を吸収する能力も求められる。これは、コンサルタントとしてクライアントのビジネス課題に対応し、最適な解決策を提案するために必要な能力である。例えば、新たな業界のプロジェクトに参加した場合、自身で必要な知識を素早く習得し、問題解決に活用できる能力が重要となる。

一方、30代以降のシニア層の未経験採用では、特定の業界や職種における深い知識と豊富な経験が求められる。これは、彼らがコンサルティングファームにその知識や経験を活かすことで、特定の業界に対する深い洞察と具体的な解決策を提供できるためである。例えば、長年製造業で活躍してきたエンジニアがコンサルタントとなった場合、その深い製造業に対する知識と経験は、製造業に特化したプロジェクトに大いに貢献する。

また、シニア層は、リーダーシップやプロジェクトマネジメントといったスキルも持っていることも多い。彼らが持っているこれらのスキルは、プロジェクトを円滑に運営し、チーム全体の生産性を向上させるために非常に重要である。例えば、大規模プロジェクトでリーダーを務めてきた転職希望者は、その経験を活かしてプロジェクトのマネジメントを効果的に行い、プロジェクト成功に大きく寄与することが可能となる。

このように、コンサルティングファーム未経験者を対象にした採用では、その転職希望者が将来的に優れたコンサルタントに成長する可能性や、特定の業界に対する深い知識と経験、リーダーシップやプロジェクトマネジメントといったスキルが評価される。これらは、コンサルティングファームがクライアントに対して最適なソリューションを提供し、ビジネス価値を創造するために必要な要素となってくる。

まとめ

コンサルティングファームの採用トレンドは、マクロ経済の変動やクライアント業界の景況に大きく影響される。また、ファーム未経験者の採用では、その人物のポテンシャルや特定の業界に対する深い知識と経験、そしてリーダーシップやプロジェクトマネジメントスキルが評価されることになる。
そのため、ファーム未経験者は自身のスキルとポテンシャルを示し、どのように価値を提供できるかを明確にすることが重要である。このように自分自身を表現できる未経験者は、どんな経済状況でもコンサルティングファームにとって魅力的な候補者となるだろう。

ASSIGN

アサインはビズリーチの最高ランク受賞等、確かな実績を持つエージェントと、若手ハイエンド向け転職サイト『ASSIGN』であなたのキャリアを支援しています。 コンサルティング業界専門のキャリア支援から始まり、現在ではハイエンド層の営業職・企画職・管理職など幅広い支援を行っています。 ご経験と価値観をお伺いし、目指す姿から逆算したキャリア戦略をご提案し、ご納得いただいた上で案件をご紹介するのが、弊社のキャリア支援の特徴です。

企業詳細へ

PICKUP / 編集者おすすめ

" alt="PwCにおける変革と成長 テクノロジーを牽引するTechnology Advisory Serviceの魅力">

PwCにおける変革と成長 テクノロジーを牽引するTechnology Advisory Serviceの魅力

インタビュー
" alt="IT転職成功のカギ:採用担当者が評価するエンジニアのスキルと経験">

IT転職成功のカギ:採用担当者が評価するエンジニアのスキルと経験

キャリアコラム
" alt="IT技術者のキャリアを考える:変化する業界と求められるスキル">

IT技術者のキャリアを考える:変化する業界と求められるスキル

キャリアコラム
" alt="信託銀行で身につく専門スキルと将来のキャリアパス">

信託銀行で身につく専門スキルと将来のキャリアパス

キャリアコラム
" alt="エンジニアのキャリアパスと必要スキル">

エンジニアのキャリアパスと必要スキル

キャリアコラム