ASSIGN MEDIA

市場価値の高まるITコンサルタントのキャリアパスとは

ITコンサルタントとは、クライアントが抱える経営課題を、ITを活用して解決するコンサルタントのことです。経営戦略に沿ってIT戦略を策定し、アドバイスやシステムの提案、導入を進めます。

今回は、ITコンサルタントの業務内容や市場価値の高まるキャリアパスに触れ、さらに高みを目指すための保有スキルについて言及します。

ITコンサルタントの業務内容について

ITコンサルタントの多くは、ITコンサルティングファームに所属し業務を進めます。企業へ出向き、クライアントの課題や市場動向を分析、その上で原因を探り、ITを活用した解決策を提案します。

ITソリューションという点では、システムエンジニア(SE)とも似ていますが、その役割には明確な違いがあります。ITコンサルタントは、クライアントの要望に沿った解決策を提案し、承認されれば、プロジェクトチームに要件を伝え、システムエンジニア(SE)が開発を担うこととなります。

つまり、ITコンサルタントはシステムエンジニア(SE)の上流工程を担うというわけです。それだけに代表や役員といった経営層を相手にすることが多く、経営視点に立ったヒアリングや提案が鍵を握ります。

また、具体的な業務内容は、以下の通り幅広いのが特徴です。

  • IT戦略策定やデューデリジェンスなどのIT企画
  • ERP、CRMシステムなどの導入支援
  • ビッグデータ、Webマーケティングを活用した業務支援
  • ITインフラの提案やアウトソーシングの導入支援
  • ITに関するリスク管理、セキュリティー対策など

「業務系SE」「インフラ系SE」として十分な経験を積み、ITコンサルタントを目指す場合が多いです。

市場価値の高まるITコンサルタントのキャリアパス

システムエンジニア(SE)やプログラマーなど、IT関連で働く人材は、ITコンサルタントを最終目標に設定することが多いが、専門性が高い職種のため、さまざまなキャリアパスを模索できます。

例えば、大きく分けると以下のキャリアパスが存在します。

  • 在籍するITコンサルティングファーム内でキャリアアップする
  • 他のコンサルティングファームへ転職する
  • ITコンサルタントとして独立する

最も身近であるコンサルティングファーム内でのキャリアパスを例に紹介すると、新卒から7年を目安に、ITコンサルタントからマネジャーへ昇進するコースが一般的です。

ITコンサルタントの中でも、限られた人材しか任命されないマネジャーは、プロジェクトの全体進行、予算管理、顧客との連絡調整など、プロジェクトチームの責任者として業務を遂行します。

当然、システムエンジニア(SE)時代に培った「①要件定義」「②基本設計」だけでなく「③マネジメント」や「④システム開発・運用・保守」など一貫した経験が必要です。

自身の市場価値を見直す際は、ぜひこの4点は整理してください。

市場価値が高まるスキル

ここでは、ITコンサルタントが市場価値を高めるためのスキルについて着目していきます。

要件定義や基本設計

顧客の要望をシステムに落とし込む際のプロセスが要件定義です。基本的には、ITコンサルタントやシステムエンジニア(SE)が担当することが多いものの、プロジェクトマネジャーが主導し進めるケースもあります。

基本設計は、要件定義で抽出した各機能の大枠を決定する工程であり、上流工程のシステムエンジニア(SE)が担当します。本来、プロジェクトマネジャーの業務ではないですが、要件定義から基本設計まで主導することで、後の開発工程をスムーズに進められます。

ソースコードへの理解

プロジェクトマネジャーがコーディングやテストなどの実装作業を行うことはありませんが、開発チームのプレゼンや進捗を理解するためには、必要不可欠なスキルです。ソースコードの記述から、何をどのように改善すればよいか判断できると、開発への具体的な指示出しも可能になります。

交渉力

プロジェクトマネジャーは、顧客の要望を引き出し、最善の解決策を提案する交渉力が必須です。特に、システム開発における要望は多岐にわたるため、集約し、優先順位をつけるなど顧客への交渉や調整が必要になります。

ファシリテーションスキル

交渉力とも関係するが、ファシリテーションスキルもプロジェクトマネジャーには欠かせません。ファシリテーションスキルとは「論点を整理する」「合意を形成する」など、相互理解を促す行動のことであり、プロジェクトの意思決定スピードや精度に関係します。多くの関係者を取りまとめるプロジェクトマネジャーには、ぜひ身につけていただきたいスキルです。

リソース管理能力

リソース管理能力とは、例えば「プロジェクトの進行が遅れている」「リソースが不足している」といった場合に、どこにボトルネックが存在するのか判断し、人材を増員するなど適切な対応策を講じる能力のことです。

リソース管理能力は、ヒヤリハットやリスク管理にもつながり、プロジェクトの成功に影響を与える重要なスキルです。

当コラムでは、市場価値の高まるITコンサルタントのキャリアパスについてご紹介しました。システムエンジニア(SE)やプログラマーのキャリアパスとして注目される職種なだけに容易ではないですが、交渉力やリソース管理などのスキル習得を武器に、ぜひ挑戦してみてください。

   

ASSIGN

アサインはビズリーチの最高ランク受賞等、確かな実績を持つエージェントと、若手ハイエンド向け転職サイト『ASSIGN』であなたのキャリアを支援しています。 コンサルティング業界専門のキャリア支援から始まり、現在ではハイエンド層の営業職・企画職・管理職など幅広い支援を行っています。 ご経験と価値観をお伺いし、目指す姿から逆算したキャリア戦略をご提案し、ご納得いただいた上で案件をご紹介するのが、弊社のキャリア支援の特徴です。

企業詳細へ

PICKUP / 編集者おすすめ

" alt="PwCにおける変革と成長 テクノロジーを牽引するTechnology Advisory Serviceの魅力">

PwCにおける変革と成長 テクノロジーを牽引するTechnology Advisory Serviceの魅力

インタビュー
" alt="IT転職成功のカギ:採用担当者が評価するエンジニアのスキルと経験">

IT転職成功のカギ:採用担当者が評価するエンジニアのスキルと経験

キャリアコラム
" alt="IT技術者のキャリアを考える:変化する業界と求められるスキル">

IT技術者のキャリアを考える:変化する業界と求められるスキル

キャリアコラム
" alt="信託銀行で身につく専門スキルと将来のキャリアパス">

信託銀行で身につく専門スキルと将来のキャリアパス

キャリアコラム
" alt="エンジニアのキャリアパスと必要スキル">

エンジニアのキャリアパスと必要スキル

キャリアコラム