セールスが知るべき契約実務の基本をおさえる

セールスが知るべき契約実務の基本をおさえる

セールスの活動において、契約締結は基本的な活動です。一方で、契約締結の実務については営業事務などのサポートを受けていることも多く、契約の細かい内容については法務部で作成されていることが多いです。今回は営業として知っておくべき契約の基本についてご紹介します。

契約はセールスの基本

組織の作り方によっては、セールスが契約を見ないというような業務プロセスになっている企業も一部存在しますが、契約はその取引がどのようなルールでなされるのかを定義するものであり、セールスの活動の中の基本と言っても良い位置づけです。

そのため契約締結のプロセスはもちろんのこと、よく結ばれる契約の種類や条項についての理解を持っておく必要があります。

主要契約の理解

もちろん業態によって契約の内容は様々ですが、今回は主要な契約についてご紹介します。また、見積書や検収書、請求書といったものについてはなじみのある営業の方が多いため、今回は省略します。

秘密保持契約(NDA)

機密情報を守るために結ばれる契約であり、具体的な商談に入る前に結ぶことも少なくありません。実務ではNDAと略称で呼ばれることの方が多い印象で、秘密保持契約にあたる内容が本契約の一部として盛り込まれている場合もあります。

NDAと呼ぶ場合には、独立した1つの契約として先方と結ぶことを意味し、重要度の高い案件を行う上では基本的な契約の1つとして挙げられます。

基本契約

転職エージェントや経営コンサルタントなど1つの企業に何度も取引が発生する場合には、基本契約を結んだ上で個別案件を遂行することが多いです。

各案件に共通する条項を盛り込むことになり、業務範囲や報酬形態、支払ターム、契約期間や契約終了の取り決め、反社条項などが含まれています。

こういった契約を見る際の基本にはなりますが、違反した際にどのようなペナルティーがあるのかという点も見落としがないように確認しておくと良いです。

覚書

基本契約の一部条件について変更する場合などは、元の契約を結び直さず覚書として結ぶ場合もあります。この覚書は定義がややゆるく、簡易的な契約というような理解をしていただけると良いです。既存の契約の条件を変更するだけでなく、大掛かりなプロジェクトの基本合意段階での契約として結ぶことも多いです。この場合には、互いに前向きに進めていくといったレベルの緩さで結ぶこともあります。

このように主要な契約についてはどのような位置づけで、現職での契約内容はどのようになっているのかという点については学習しておきましょう。

オススメの学習方法

お勧めの学習方法としては契約名+雛形で検索をしていただくとフォーマットが出てくるので、共通する条項は一通り理解をしておくことと、実際に現場で使われている契約書をきっちりと確認することです。これによって大まかな理解をすることができます。

特に新しいプロジェクト等の場合には、契約の細かい部分等も営業目線で詰めていく必要があるため、契約を読んだりする習慣は早めに身に付けておくことを推奨します。

今回は、セールスとして知っておくべき基本的な契約についてご紹介しました。今後活躍の機会が広まるにつれて、企業同士の取り決めやルール等に携わることも増えていくので、その学習の第一歩としていただければ幸いです。

20代〜30代ハイクラス特化の転職エージェント「ASSIGN」

転職エージェント「ASSIGN」

ポイント

1. 2021年 Bizreach 最優秀賞を受賞。若手ハイエンドに特化した高い支援品質
2. 長期的なキャリア形成を重視した、キャリア相談から支援がスタート
3. 完全オーダーメイドの選考対策資料を作成する伴走型の転職支援

日本初AIキャリアシミュレーション「VIEW」を活用

ポイント

1. VIEW AIがあなたの転職を診断
2. トップエージェントや有名企業からのダイレクトスカウト
3. MARCH層20,000人以上が登録する若手ハイクラス特化の転職サイト