ASSIGN MEDIA

トップセールスが実践する効果的なヒアリング術

営業プロセスの初期段階で実施するヒアリングは、事前の情報収集だけでは把握できない潜在的なニーズや、自社商品が課題解決に貢献できる領域などを聞き出せるチャンスとなります。

質の高いヒアリングができれば、提案の精度が高まり、成約に至る可能性が非常に高まります。今回はヒアリングで重要な3つのポイントを押さえていきます。

信頼感を与える印象力

初回で相手に与える印象は、その後のヒアリングの流れを大きく変えるため非常に重要となります。

当然のことですが、商談相手について事前リサーチしておくなどの準備を怠ってはなりません。

会社HPなどで主要事業、財務情報、コーポレートビジョンなど、検索すれば取得できる情報については必ず下調べをしておきます。

加えて、その企業がメインで取り扱っている商品・サービスの業界での立ち位置や競争環境などの周辺情報を押さえておく必要もあります。

業界のトレンドや市場構造を理解した状態でヒアリングに臨めば、相手の課題・ニーズに対して、踏み込んだ状態からヒアリング、ディスカッションすることができるため、有益かつ具体的な情報を取得することに繋がります。

また、下調べを行った状態で、本番のヒアリングでは話しやすい雰囲気を作ることを徹底してください。

特に初対面の場合、いきなり課題やニーズと言われても具体的な話になることは難しくなります。

心理学で「打ち解けた話ができる関係性」を「ラポール」といいますが、天気やオフィスの話、直近のニュースの話など相手の緊張をほぐすような話題から入っていくことがポイントです。

相手が話したくなる傾聴力

トップセールスマンはトーク力やプレゼン力が優れているのももちろんありますが、それと同じくらい重要なのが、傾聴力です。

特に、ヒアリングの段階では相手の話に真剣に耳を傾ける姿勢を見せることは非常に重要になります。

話の途中で自分の意見を入れたり、言いたいことをまとめようとしてしまうと、相手からすると話の腰を折られてしまったようになるため、相手にもっと話したいと思ってもらうようにするには、まずは耳を傾けることに徹し、必要に応じて共感を示すことがポイントです。

相手の話をただ聞いているだけでは話が発展しないため、自分の中で相手に共感できるエピソードがあれば、小出しにしていくのがよいです。

自己開示をしていくことで相手からの信頼を得やすくなり、共感を示すことでもっと話したいと思わせることにつながります。

テクニック的なところになりますが、相手が話したことを繰り返したり、話すテンポやトーンを一緒にすると人は信頼感や安心感を得やすくなります。

極端にオウム返しが多いと不自然になるため逆効果ですが、適切なタイミングと量を見極めるようにしてください。

本音を聞き出す質問力

ヒアリングにおける質問はある程度フレームワークされており、以下を押さえておくことで情報の散らかりを防ぐことができます。頭文字をとって「BANT」とも呼ばれます。

・Budget(予算):予算の規模感はどの程度か
・ Authority(決裁権):意思決定権者は誰か
・ Needs(ニーズ、必要性):何を実現したい、達成したいか
・ Timeframe(導入時期):いつまでに必要か

実際のヒアリングの場では話があっちこっちに行ってしまうことがあり、たくさん話しても結局重要な情報が得られないということは避けなければなりません。

上記項目だけは必須で確認するようにし、意思決定の基準や他社との商談状況などもヒアリングすることができるとさらによくなります。

また、質問を投げかける順番も重要になってきます。基本方針としては、相手が答えやすい質問から投げかけることが望ましくなります。

例えば、将来的にどんな課題を解決したい、というような未来に関する質問で抽象度が高いと相手は答えにくく、困ってしまういます。

まずは、答えやすい現在に関する質問から投げかけていき、そこから現在から過去に遡るように経緯や背景を確認してください。

その後、未来に関する考えや方針といった少し答えにくい質問に繋げていくのが効果的です。

このように今回は営業の基本となるヒアリングで押さえておくべきポイントを整理しました。

自社製品・サービスをいかに訴求できるかという攻めのトークも重要ですが、そもそもの相手の立場やニーズを捉えることでより攻めのトークが効果的になります。ぜひ営業の現場で活用してもらえると幸いです。

ASSIGN

アサインはビズリーチの最高ランク受賞等、確かな実績を持つエージェントと、若手ハイエンド向け転職サイト『ASSIGN』であなたのキャリアを支援しています。 コンサルティング業界専門のキャリア支援から始まり、現在ではハイエンド層の営業職・企画職・管理職など幅広い支援を行っています。 ご経験と価値観をお伺いし、目指す姿から逆算したキャリア戦略をご提案し、ご納得いただいた上で案件をご紹介するのが、弊社のキャリア支援の特徴です。

企業詳細へ

PICKUP / 編集者おすすめ

" alt="PwCにおける変革と成長 テクノロジーを牽引するTechnology Advisory Serviceの魅力">

PwCにおける変革と成長 テクノロジーを牽引するTechnology Advisory Serviceの魅力

インタビュー
" alt="IT転職成功のカギ:採用担当者が評価するエンジニアのスキルと経験">

IT転職成功のカギ:採用担当者が評価するエンジニアのスキルと経験

キャリアコラム
" alt="IT技術者のキャリアを考える:変化する業界と求められるスキル">

IT技術者のキャリアを考える:変化する業界と求められるスキル

キャリアコラム
" alt="信託銀行で身につく専門スキルと将来のキャリアパス">

信託銀行で身につく専門スキルと将来のキャリアパス

キャリアコラム
" alt="エンジニアのキャリアパスと必要スキル">

エンジニアのキャリアパスと必要スキル

キャリアコラム