現場で使えるマインドマップの使い方とは?

現場で使えるマインドマップの使い方とは?

マインドマップという言葉を聞いたことがある人も多いと思います。ビジネスの場でも用いられ、最近ではビジネス系Youtuberなどはマインドマップでプレゼン・動画を作成しています。

今回は今さら聞けないマインドマップについてご紹介します。

マインドマップとは?

そもそもマインドマップとは、学習能力や理解能力を高めるための脳の使い方を指します。イギリス人作家トニー・ブザン氏がマインドマップという言葉を世に広め、現在の使い方が確立されたと言われています。

具体的には、メインテーマを設置して、そのテーマから連想されるアイデアや情報を線でつなぎながら、ツリー状に展開していく思考法です。例えば、5W1Hといった情報を網羅的に追加していきます。

マインドマップはアイデアマップやメモリーツリーなどとも言われることがありますが、情報を階層構造で紐づけたり、分類したりすることで頭の中の思考整理・記憶の定着に非常に役に立ちます。

マインドマップを使うと頭の中の情報が整理され、パッと見てわかるようにできるため、自分自身の思考の整理だけでなく、他者との情報の共有やアイデアのブレストなどにも効果的です。

最近では、マインドマップを作成するのに便利なツールが多く登場しており、XMind、Coggle、MindMaisterなどは使ったことがある人も多いのではないでしょうか。

もちろん、紙に書き出してマインドマップを作るというやり方でも問題ありませんが、ソフトウェアを使用するとツリー構造を瞬時に入れ替えたり、他者と共有したりするのに便利です。

マインドマップを画面共有しながらプレゼンするというスタイルもあり、凝ったPowerPoint資料などを作るよりも手軽かつ直感的に作ることができるため、社内プレゼンなどで伝えることに特化した場合におすすめです。

業務上での効果的な使い方

次に、具体的な業務上での利用シーンについてご紹介します。1つ目はプロジェクト・タスク設計での利用です。

例えば、新しいWebサイトを作成・開発する際、いきなりサイトを作り始めるのは危険です。サイトのコンセプト、目的、コンテンツ、ターゲット、ビジネスモデルなど、いろいろな情報を整理する必要があります。

その際に、いきなりサイトを作り始めるのではなく、マインドマップを使ってWebサイトの全体像を設計してから、その「設計図」をもとにWebサイトを作ります。マインドマップが効果的なのは、「とりあえず書き出してみること」と非常に相性が良い点にあります。

情報を洗い出す段階では必要か不必要か判断できていない情報もありますが、一旦思いつくままに書き出して、構造化します。そうすることで重複や余分に気づくことができ、不要なものは後から除いていけばよいのです。

また、この設計を他者と共有することで抜けている観点を補足してもらったり、認識が間違っているところがないか確認したりすることにも役立ちます。

マインドマップはパッと見て全体像を俯瞰して見えることがメリットとしてあるので、情報の抜け漏れを指摘しやすく、加筆修正もしやすくなります。

プレゼンの補助資料にもなる

業務上での利用シーンの2つ目は、プレゼンでの補足資料です。マインドマップは一覧性が高く、情報が階層構造で表現されているため、見ている人がキーワードベースで説明している内容を理解しやすくなります。

ただし、あくまでもマインドマップは伝えることに特化しており、社外向けの重要な商談の場などでは適さないこともあるため、その点は注意してください。

具体的なビジネスシーンとしては、社内のチームミーティングでアイデア出しをするときやタスク分担をするときに非常に効果的です。

アイデア出しをすることをブレインストーミングと呼んだりもしますが、チームメンバーから出た意見をその場でマインドマップのツリーの中に取り込んでいくことで分類分けしたり、キーワード同士を結びつけたりして高度化していくことができます。

また、プレゼンターとしてもマインドマップは自分の頭の中を構造化しているため、マインドマップを順に追っていくことで、プレゼン中に迷子にならずに済みます。

最近ではビジネス系Youtuberがマインドマップを使って動画制作をしていることもあり、マインドマップを目で追っていくということに慣れている人も多い傾向にあります。

今回は、今さら聞けないマインドマップの使い方についてご紹介しました。新型コロナウィルスの影響で引き続きリモートワークが続いている人も多いと思いますが、マインドマップは画面共有やクラウド上での同時編集などもできます。

今後も続くであろうリモートワークでの作業効率化に、マインドマップを役立ててみてはいかがでしょうか。

20〜30代ハイエンド特化なら伴走型の転職エージェント「ASSIGN」

株式会社ASSIGNではコンサルファームへの転職支援からスタートし、現在では、経営企画職や営業職など幅広い職種のキャリア形成、転職支援を行っています。

オーダーメイドでの選考対策資料をご用意

20代-30代ハイエンド向けに特化した転職エージェント「ASSIGN」では、初回の面談での案件紹介は行いません。

現職でのご経験や課題感、目指したい将来像をライフプランと併せてお伺いし、次の会社で得るべきスキルや環境を棚卸したキャリアプランを提案します。

その上で、DiSC修了者があなたの価値観と強みを分析し、あなただけの選考対策資料を作成。

  • 転職を考えたきっかけ
  • 今回の転職軸
  • なぜこの業界か
  • なぜこの企業か

など各設問への回答を、専任コンサルタントと共に、妥当性・明確さ・根拠の3点から深掘りします。

また「将来像」「強み/弱み」「現職の活動と工夫」「カルチャーフィット」など頻出質問に対しても、深掘りの観点や注意点を共有し、あなただけのオーダーメイド対策資料をご用意。

資料に基づいて導き出したあなたの面接対策は、模擬面接を通して、エージェントからのフィードバックによってさらに完成度を高めることができます。

さらに応募先企業ごとの企業研究についても、両面型エージェントであるため、各企業様から共有いただく情報をあなたのもとへダイレクトに届けます。

常に最新情報をキャッチアップした上で、選考対策に反映可能。

目先の転職だけでなく、あなたの将来がより豊かで、理想のキャリアやライフプランを実現できるよう、伴走型エージェントとして最大限バックアップいたします。

Everything DiSC:米Wiley社で開発された、世界中で毎年100万人以上が利用するアセスメントツールの認定資格。
行動特性による分析理論であり、MicrosoftやSONYなどで導入されています。

一流エージェントがあなたの専任コンサルタントに

転職エージェントASSIGNの創業メンバーは、全員コンサルティングファーム出身です。

他のメンバーについても、IBM、Recruit、野村証券、大手海運やグローバルメーカー出身者などのトップ企業で実績を残したエージェントがあなたをご支援いたします。

また、両面型のエージェントとして、各企業様に対するフォローや交渉等も直接あなたを担当している専任コンサルタントが一貫して行います。企業様に関する詳細情報のご提供はもちろん、選考時のフィードバックを受けての対策修正、各面接官の見ているポイントなど、現場感のある情報をお伝えできます。

2020年6月には、株式会社ビズリーチが主催、国内No.1のキャリアエージェントを選出する「日本ヘッドハンターサミット」にて、2019年度 コンサルティング部門のMVPを獲得。

*日本ヘッドハンターサミットとは、転職サイト「ビズリーチ」に登録する約3,900名のヘッドハンターの中から、ビズリーチを通じた高い転職支援実績者が表彰される式典のこと。

創業3年目にして名誉ある賞を獲得できたのは、キャリアは「点」ではなく「線」として捉えるというASSIGNが大事にしているビジョンを全てのメンバーが共有しているからこそだと考えています。

転職の成功は、新たなキャリアのスタートにしか過ぎません。
まだまだ改善の余地も大きく、日々改善に努めながら、今後も一人一人に向き合ったご支援をお約束させていただきます。

» 日本ヘッドハンターサミット2020の詳細はこちら

長期的な活躍をサポート

転職エージェントASSIGNは、足元の「点」ではなく「線」で捉えたキャリア支援を実施しています。
そのため、長期的なキャリア支援をサポートしており、あなたの将来像に近い案件情報を定期的にご連絡します。

またご希望に応じてキャリア面談を実施し、キャリアプランの見直しやスキルアップまで完全対応。
転職先で活きるスキルアップセミナーも限定配信しています。

日本初AIキャリアシミュレーション「VIEW」

2019年2月、ASSIGNは、AIキャリアシミュレーション『VIEW(ビュー)』をローンチしました。
VIEWは、弊社の先進的なプロダクトの1つ。
たった3分で経歴と価値観を登録し、AIがあなたに合うキャリアをランキング化。

今ある選択肢の幅が広がり、将来のキャリアストーリーをイメージできます。
また、そのキャリアを歩んだ場合の平均的な年収推移や業務内容、ロールモデルも提示。

VIEWの提案に興味が湧いたら、ワンタップでその領域を専門とするエージェントに相談をすることもできます。

日本初AIキャリアシミュレーションアプリ『VIEW』が、あなたのより良い未来をご提案致します。

無料でのキャリア面談はこちらから。

お電話にて30分程度のお時間を頂き、あなたが持つ価値観へのヒアリングから、キャリアの考え方、転職市場のトレンドや動向等、目の前の転職だけでなく将来を見据えたキャリア面談を実施いたします。

以下のリンクより面談日時をご指定頂き、その場でのご予約が可能です。

ぜひお気軽にご相談ください。