リモート会議を制するファシリテーション術

リモート会議を制するファシリテーション術

コロナウィルスの影響でリモートワークが続いている人も多いと思います。リモートワークでは会議がオンライン化され、1つの会議室に集まって議論をすることは減少しました。

今回はリモート会議でのファシリテーション術についてご紹介します。

対面会議とリモート会議の違いとは?

前提として、対面でもリモートでも会議の目的は変わりません。会議では意思決定をしたり、チームの進捗状況を確認したり、課題の認識合わせをするためにあり、リモート・オンラインになったからといって目的は変わらず、効率的に進めたいものです。

リモート会議になったことで大きく変わる点の1つとして、場所の制約がないことが挙げられます。対面であれば参加者全員が入る物理的な会議室が必要でしたが、リモート会議の場合はキャパシティを気にする必要はありません。

また、移動時間も0にすることができるため、対面であれば移動時間がかかり参加できなかった会議もすぐにオンライン会議ツールを切り替えることで参加できます。タクシーや電車の移動時間の中で話だけ参加している人もいます。

一方、対面であれば感じることができた会議の雰囲気や聞き手の反応は感じにくいため、自分が話者となったときに「ちゃんと伝わっているのだろうか」「質問しにくい状態なのだろうか」と不安になってしまう場面はリモート会議ではよくあります。

人と論点を明確にせよ

次に、ファシリテーション術の具体的な内容について説明していきます。リモート会議ではファシリテーションを行う人を明確に決めておいたほうが効率的です。

特に若手でステップアップしていきたい人は、このファシリテーション役を自ら名乗り出て挑戦してください。ファシリテーションスキルを向上させるには場数も重要です。

というのも、前述したようにリモート会議では場の空気を感じにくく、質問・意見があるのかないのかわかりにくいため、誰かが「司会者」となって進行していく必要があります。

ここで重要なことの1つは「人を明確にすること」です。ファシリテーターは誰に話して欲しいのか明確にしたほうが進行がスムーズになり、誰も話さない沈黙を回避することができます。

オープンに「誰か質問ある人いますか?」と問いかけても、人数が多く参加している会議ではなかなか発言しにくく、沈黙が生まれてしまいます。

そのため、明確に「○○さん質問ありますか?」と人を指定して進行することがポイントとなります。例えば、会議の目的が意思決定であれば、意思決定権者の疑問を解消し、ゴールに到達する必要があります。

バイネームで指名されれば、確実に反応してもらえますし、その人から特に意見がなければ、質問タイム自体を終わりにしてもよいと判断することもできます。とにかくキーパーソンからの言質を確実に取りにいくことが大切です。

次に重要なのは「論点を明確にすること」です。対面でもオンラインでも会議の論点が脱線し、会議時間が長くなってしまうことはありえます。

さらにオンラインで会議をしていると、どこの何の話をしているかわからず、議論の流れについていけない人が出てきてしまうこともあります。

そこで、画面共有で資料を共有し、どの部分の何の話をしているのか明確にすることが大切になります。

ファシリテーターから見て、話が脱線しているようであれば、画面を共有し、今までの論点を箇条書きでもその場で書き出してみるのも効果的です。画面を共有すると会議参加者の意識は画面に集中するため、仕切り直すことができます。

その会議で話すべきアジェンダと到達ゴールを常にイメージして、そこから脱線するようであれば軌道修正するようにファシリテーターは気を付けなければなりません。

議論が逸れていってしまうようであれば、出てきた追加の議題は一旦整理を行い、仕切り直して次回以降の課題・アジェンダにするなどの切り分けが会議時間の効率化には非常に重要です。

質疑応答はチャットを活用せよ

最後に、リモート会議ならではですが、質疑応答でチャットを活用することをおすすめします。基本的なWeb会議ツールであれば会議参加者で共有できるチャット機能がついています。

リモート会議は基本的に1人しか話せず、時間も限られているため、質問したい人が質問できずに終わることもあります。

そのような場合に備えて、ファシリテーターは質問があれば事前にチャットでコメントを依頼しておけば、文字ベースで質問を確認することができ、回答可能な人が会議参加者の中にいればチャットベースで解決することもあります。

また、チャットのログは文字情報として会議以降も残り、議事メモとしての役割を果たすこともできるため、会議内容のポイントとなるところをチャットで全体に共有するというのもリモート会議を効率的に進めるコツの1つです。

それゆえ、ファシリテーターは議論に集中するだけでなく、チャットでコメントが来ていないかというところにも注意する必要があります。

会議も進行しつつ、チャットが動くようであれば、それも拾わなければならないため、ファシリテーターは少し大変ですが、チャットでもコミュニケーションが発生すると意識しておけば自然と慣れてきます。

今回は、リモート会議でのファシリテーション術について説明しました。ファシリテーターによって議論の進め方は全く異なるものになり、ファシリテーターに情報は集まってきます。

ファシリテーターの立ち回りというのはわかりやすく評価につながるため、ステップアップしていきたい人はぜひこのファシリテーション術を実践して、仕事の成果を出してもらえると幸いです。

20〜30代ハイエンド特化なら伴走型の転職エージェント「ASSIGN

株式会社ASSIGNではコンサルファームへの転職支援からスタートし、現在では、経営企画職や営業職など幅広い職種のキャリア形成、転職支援を行っています。

オーダーメイドでの選考対策資料をご用意

20代-30代ハイエンド向けに特化した転職エージェント「ASSIGN」では、初回の面談での案件紹介は行いません。

現職でのご経験や課題感、目指したい将来像をライフプランと併せてお伺いし、次の会社で得るべきスキルや環境を棚卸したキャリアプランを提案します。

その上で、DiSC修了者があなたの価値観と強みを分析し、あなただけの選考対策資料を作成。

  • 転職を考えたきっかけ
  • 今回の転職軸
  • なぜこの業界か
  • なぜこの企業か

など各設問への回答を、専任コンサルタントと共に、妥当性・明確さ・根拠の3点から深掘りします。

また「将来像」「強み/弱み」「現職の活動と工夫」「カルチャーフィット」など頻出質問に対しても、深掘りの観点や注意点を共有し、あなただけのオーダーメイド対策資料をご用意。

資料に基づいて導き出したあなたの面接対策は、模擬面接を通して、エージェントからのフィードバックによってさらに完成度を高めることができます。

さらに応募先企業ごとの企業研究についても、両面型エージェントであるため、各企業様から共有いただく情報をあなたのもとへダイレクトに届けます。

常に最新情報をキャッチアップした上で、選考対策に反映可能。

目先の転職だけでなく、あなたの将来がより豊かで、理想のキャリアやライフプランを実現できるよう、伴走型エージェントとして最大限バックアップいたします。

Everything DiSC:米Wiley社で開発された、世界中で毎年100万人以上が利用するアセスメントツールの認定資格。
行動特性による分析理論であり、MicrosoftやSONYなどで導入されています。

一流エージェントがあなたの専任コンサルタントに

転職エージェントASSIGNの創業メンバーは、全員コンサルティングファーム出身です。

他のメンバーについても、IBM、Recruit、野村証券、大手海運やグローバルメーカー出身者などのトップ企業で実績を残したエージェントがあなたをご支援いたします。

また、両面型のエージェントとして、各企業様に対するフォローや交渉等も直接あなたを担当している専任コンサルタントが一貫して行います。企業様に関する詳細情報のご提供はもちろん、選考時のフィードバックを受けての対策修正、各面接官の見ているポイントなど、現場感のある情報をお伝えできます。

2020年6月には、株式会社ビズリーチが主催、国内No.1のキャリアエージェントを選出する「日本ヘッドハンターサミット」にて、2019年度 コンサルティング部門のMVPを獲得。

*日本ヘッドハンターサミットとは、転職サイト「ビズリーチ」に登録する約3,900名のヘッドハンターの中から、ビズリーチを通じた高い転職支援実績者が表彰される式典のこと。

創業3年目にして名誉ある賞を獲得できたのは、キャリアは「点」ではなく「線」として捉えるというASSIGNが大事にしているビジョンを全てのメンバーが共有しているからこそだと考えています。

転職の成功は、新たなキャリアのスタートにしか過ぎません。
まだまだ改善の余地も大きく、日々改善に努めながら、今後も一人一人に向き合ったご支援をお約束させていただきます。

» 日本ヘッドハンターサミット2020の詳細はこちら

長期的な活躍をサポート

転職エージェントASSIGNは、足元の「点」ではなく「線」で捉えたキャリア支援を実施しています。
そのため、長期的なキャリア支援をサポートしており、あなたの将来像に近い案件情報を定期的にご連絡します。

またご希望に応じてキャリア面談を実施し、キャリアプランの見直しやスキルアップまで完全対応。
転職先で活きるスキルアップセミナーも限定配信しています。

日本初AIキャリアシミュレーション「VIEW」

2019年2月、ASSIGNは、AIキャリアシミュレーション『VIEW(ビュー)』をローンチしました。
VIEWは、弊社の先進的なプロダクトの1つ。
たった3分で経歴と価値観を登録し、AIがあなたに合うキャリアをランキング化。

今ある選択肢の幅が広がり、将来のキャリアストーリーをイメージできます。
また、そのキャリアを歩んだ場合の平均的な年収推移や業務内容、ロールモデルも提示。

VIEWの提案に興味が湧いたら、ワンタップでその領域を専門とするエージェントに相談をすることもできます。

日本初AIキャリアシミュレーションアプリ『VIEW』が、あなたのより良い未来をご提案致します。

無料でのキャリア面談はこちらから。

お電話にて30分程度のお時間を頂き、あなたが持つ価値観へのヒアリングから、キャリアの考え方、転職市場のトレンドや動向等、目の前の転職だけでなく将来を見据えたキャリア面談を実施いたします。

以下のリンクより面談日時をご指定頂き、その場でのご予約が可能です。

ぜひお気軽にご相談ください。