実践重視:すぐに使えるロジカルシンキング

実践重視:すぐに使えるロジカルシンキング

ロジカルシンキングとは、筋道立った合理的な思考方法やその方法論のことを指します。
ビジネスパーソンにとって重要なスキルの一つですが、実践で使えるようにするためにどうすれば良いかご紹介していきます。

ロジカルシンキングとは?

ロジカルシンキング、論理的思考はビジネスの現場では必要不可欠です。
なぜなら、ビジネスは最終的には意思決定とコミュニケーションの繰り返しであり、自分や他者を納得させるには論理的であることは非常に重要なスキルであるからです。

論理的であることは意思決定とコミュニケーションのスピードを格段に上げ、効率的にしてくれます。

例えば、何かを主張したいときに、その理由が「なんとなく」や「周りがそうしているから」など論理的ではなかった場合、主張を納得してもらうことはできず、意思決定を即決されることはないでしょう。

相手がどうして?という疑問を持っている間は意思決定できず、質問や確認にコミュニケーションの時間が取られてしまい、非効率になってしまいます。

また、仕事に再現性を持たせるためにもロジカルシンキングは効果的です。再現性とは、自分が再度挑戦したり、他の人が挑戦したときに同じような結果が出せるかという観点です。

個人の感覚やセンスに依存したやり方などは他の人に伝えることが難しく、同じような結果を再現することが困難ということもあります。

因果関係やデータ・数字に裏付けされた手法は個人に感覚やセンスの影響を受けにくく、ある程度期待された結果を導く可能性が高くなります。

日常的にできるトレーニングとは?

では、具体的にどのようにロジカルシンキングを伸ばしていき、実践で使えるようにしていけばよいのでしょうか。

ロジカルシンキングにはフレームワークで物事を捉えるという観点が重要であり、ここではロジックツリーと5W1Hを抑えていきます。

ロジックツリーとは、物事を構造化し、事象を整理していく考え方のことです。課題の分析などで用いられることが多く、見たことがある人も多いと思います。

ロジックツリーは階層が詳細化されるときに必ず問いが入る構造になっています。

例えば、「転職したい」という主張があったときに「なんで転職したいの?」と問いを立てることで①やりがいのある仕事がしたい、②年収を上げたい、③ワークライフバランスを改善したい、など次の階層に理由を整理することができます。

これが一番シンプルな2階層のロジックツリーとなりますが、本格的な課題整理や分析では階層が多階層化していきます。
このような多重階層のロジックツリーを毎回整理するのはかなり負荷が高いため、日常的な習慣として、問いを立てて3つ回答を出す、というのを習慣にしてみてください。

最初は紙に書き出してロジックツリーを整理することをおすすめしますが、慣れてきたらシンプルな2階層のロジックツリーであれば頭の中でパッと浮かべられるようにしてください。

ここで、問いを立てるときに5W1Hを用います。5W1Hはビジネスシーンでよく用いられるが、特に意識すべきなのがWhy、What、Howの3つです。

この3つは質問として強いため、ロジックツリーを整理するときにとにかくこの3つから入ることを意識してください。

先ほどの転職の例はWhyで理由を整理しましたが、Howでどのようにを整理すると、①転職エージェント経由、②現役社員の紹介制度、③直接応募、など手段について整理することができます。

当たり前のように感じますが、ビジネスシーンで一つひとつちゃんと意識して実践できているかというと当てはまる人は少ないと思うので、ぜひ実践してみてください。

ロジカルシンキング活用の注意点

最後にロジカルシンキング活用の注意点についてもご紹介します。

冒頭にロジカルシンキングは意思決定とコミュニケーションにとって重要であると説明しました。これはその通りですが、一方で、人間は100%論理的に意思決定できるかというとそんなことはありません。

ロジカルであることはこちらの主張を伝える上では必要不可欠ですが、あくまでも論理的であることは手段であり、目的ではないことに注意してください。

ガチガチのロジックを構築することを重視してしまい、ビジネスの生産性や相手の立場を無視してしまうとかえってコミュニケーションに失敗してしまうこともあります。

ビジネスの場では組織の政治的な要因やメンツなど、論理的ではない作用が働くこともしばしばあります。

論理的であるがゆえに、相手のプライドを傷つけてしまっては最終的なゴールからは遠ざかってしまいます。

物事を論理的かつ構造的に整理することはビジネスの場において非常に重要ですが、それはあくまでも手段であって、最終的な目的・ゴールを意識して、どの範囲をどの順番で出していくか、という観点もコミュニケーションにおいては必要です。

このように論理的であることは経験の差や立場の違いに関係なく、相手に物事を納得させたり、自分が進めたい方向に導くときに非常に有効になります。

これはいきなり実践することは難しいため、日ごろからご紹介したような方法で問いを立て、回答を3つ整理する、という訓練を繰り返し、即座にロジックツリーが頭の中に浮かぶような状態を目指してほしいと思います。

20〜30代ハイエンド特化なら伴走型の転職エージェント「ASSIGN

株式会社ASSIGNではコンサルファームへの転職支援からスタートし、現在では、経営企画職や営業職など幅広い職種のキャリア形成、転職支援を行っています。

オーダーメイドでの選考対策資料をご用意

20代-30代ハイエンド向けに特化した転職エージェント「ASSIGN」では、初回の面談での案件紹介は行いません。

現職でのご経験や課題感、目指したい将来像をライフプランと併せてお伺いし、次の会社で得るべきスキルや環境を棚卸したキャリアプランを提案します。

その上で、DiSC修了者があなたの価値観と強みを分析し、あなただけの選考対策資料を作成。

  • 転職を考えたきっかけ
  • 今回の転職軸
  • なぜこの業界か
  • なぜこの企業か

など各設問への回答を、専任コンサルタントと共に、妥当性・明確さ・根拠の3点から深掘りします。

また「将来像」「強み/弱み」「現職の活動と工夫」「カルチャーフィット」など頻出質問に対しても、深掘りの観点や注意点を共有し、あなただけのオーダーメイド対策資料をご用意。

資料に基づいて導き出したあなたの面接対策は、模擬面接を通して、エージェントからのフィードバックによってさらに完成度を高めることができます。

さらに応募先企業ごとの企業研究についても、両面型エージェントであるため、各企業様から共有いただく情報をあなたのもとへダイレクトに届けます。

常に最新情報をキャッチアップした上で、選考対策に反映可能。

目先の転職だけでなく、あなたの将来がより豊かで、理想のキャリアやライフプランを実現できるよう、伴走型エージェントとして最大限バックアップいたします。

Everything DiSC:米Wiley社で開発された、世界中で毎年100万人以上が利用するアセスメントツールの認定資格。
行動特性による分析理論であり、MicrosoftやSONYなどで導入されています。

一流エージェントがあなたの専任コンサルタントに

転職エージェントASSIGNの創業メンバーは、全員コンサルティングファーム出身です。

他のメンバーについても、IBM、Recruit、野村証券、大手海運やグローバルメーカー出身者などのトップ企業で実績を残したエージェントがあなたをご支援いたします。

また、両面型のエージェントとして、各企業様に対するフォローや交渉等も直接あなたを担当している専任コンサルタントが一貫して行います。企業様に関する詳細情報のご提供はもちろん、選考時のフィードバックを受けての対策修正、各面接官の見ているポイントなど、現場感のある情報をお伝えできます。

2020年6月には、株式会社ビズリーチが主催、国内No.1のキャリアエージェントを選出する「日本ヘッドハンターサミット」にて、2019年度 コンサルティング部門のMVPを獲得。

*日本ヘッドハンターサミットとは、転職サイト「ビズリーチ」に登録する約3,900名のヘッドハンターの中から、ビズリーチを通じた高い転職支援実績者が表彰される式典のこと。

創業3年目にして名誉ある賞を獲得できたのは、キャリアは「点」ではなく「線」として捉えるというASSIGNが大事にしているビジョンを全てのメンバーが共有しているからこそだと考えています。

転職の成功は、新たなキャリアのスタートにしか過ぎません。
まだまだ改善の余地も大きく、日々改善に努めながら、今後も一人一人に向き合ったご支援をお約束させていただきます。

» 日本ヘッドハンターサミット2020の詳細はこちら

長期的な活躍をサポート

転職エージェントASSIGNは、足元の「点」ではなく「線」で捉えたキャリア支援を実施しています。
そのため、長期的なキャリア支援をサポートしており、あなたの将来像に近い案件情報を定期的にご連絡します。

またご希望に応じてキャリア面談を実施し、キャリアプランの見直しやスキルアップまで完全対応。
転職先で活きるスキルアップセミナーも限定配信しています。

日本初AIキャリアシミュレーション「VIEW」

2019年2月、ASSIGNは、AIキャリアシミュレーション『VIEW(ビュー)』をローンチしました。
VIEWは、弊社の先進的なプロダクトの1つ。
たった3分で経歴と価値観を登録し、AIがあなたに合うキャリアをランキング化。

今ある選択肢の幅が広がり、将来のキャリアストーリーをイメージできます。
また、そのキャリアを歩んだ場合の平均的な年収推移や業務内容、ロールモデルも提示。

VIEWの提案に興味が湧いたら、ワンタップでその領域を専門とするエージェントに相談をすることもできます。

日本初AIキャリアシミュレーションアプリ『VIEW』が、あなたのより良い未来をご提案致します。

無料でのキャリア面談はこちらから。

お電話にて30分程度のお時間を頂き、あなたが持つ価値観へのヒアリングから、キャリアの考え方、転職市場のトレンドや動向等、目の前の転職だけでなく将来を見据えたキャリア面談を実施いたします。

以下のリンクより面談日時をご指定頂き、その場でのご予約が可能です。

ぜひお気軽にご相談ください。