未経験で転職する場合の履歴書志望動機の書き方 6ステップで解説

未経験で転職する場合の履歴書志望動機の書き方 6ステップで解説

未経験職種・未経験業種へ転職を検討している場合、履歴書の志望動機はどのように記載すればよいのでしょうか。

履歴書の志望動機は、採用担当者が「一貫性のある転職か」「自社の募集に合致する人材か」「企業文化に理解があるか」など自社に適した意欲的な人材かを判断する重要項目です。

しかし、業種や職種が未経験の場合、前職での経験やスキルを志望動機に反映しにくい場合があります。本記事では、未経験の転職で、納得感が得られる志望動機の書き方を6ステップで解説します。

コロナ禍における転職傾向について

転職求人倍率レポート|doda

出典元:転職求人倍率レポート(2021年4月)|doda

株式会社パーソルキャリアが2021年5月20日に発表した最新の「転職求人倍率レポート」によると、2021年4月の求人倍率は1.88倍(前月比+0.02pt/前年同月比-0.70pt)となりました。

また、求人数は前月比102.6%、転職希望者数は前月比101.6%と増加しましたが、求人数が転職希望者数を上回ったことで、求人倍率は上昇しています。

なお、2021年4月の求人数は新型コロナウイルス感染拡大以前と同様に微増しました。

要因としては「新年度の募集がスタートしたこと」「新型コロナウイルスの影響で採用に消極的だった企業が、徐々に回復してきたこと」が考えられています。

転職希望者数は、2020年6月以来、過去最高を更新したことも判明しています。新型コロナウイルスの影響で、転職を余儀なくされる方、または未来のキャリアへ向けて検討する方が増えていると思われます。

業種別、前月比で求人の増加率が最も大きかったのは「サービス(前月比)104.8%」、次いで「メディカル(前月比103.7%)」です。

また、求人倍率順でみると「IT・通信(5.72)」と以前として高い数値を維持しており、次いで「サービス(1.94)」となっています。

これらのデータからも把握できる通り、2021年上半期の転職市場では、特にIT・情報カテゴリーに関連する求人ニーズが顕著になっています。

新型コロナウイルスの感染拡大によって、IT業界やエンジニアだけでなく、あらゆる業界・職種でRPA(Robotic Process Automation)やDX(Digital Transformation)などの需要拡大が見込まれます。

コロナ禍における転職を成功させるためには、需要が拡大している最新の業種や職種の傾向も踏まえて、検討する必要があります。

この先未経験で転職は可能なのか

履歴書

コロナ禍で、IT・通信、サービスへの転職需要が高まる中、小売や外食など需要が著しく低下した業界もあり、顕著な傾向が続いています。

このように変化の激しい転職市場の中で、未経験での転職は可能なのか、不安な方も多いかと思います。そのような場合には、未経験を次の3パターンに細分化し、転職の可能性を探ります。

  • 未経験業種×経験職種
  • 経験業種×未経験職種
  • 未経験業種×未経験職種

パターンごとに志望動機へ入れるべきポイントが異なります。

未経験業種×経験職種

「未経験業種×経験職種」の場合、不動産会社の営業職からIT企業の営業職など、職種の専門性は変わりません。つまり、前職で培ったスキルや実績をそのまま転職先で発揮できます。

履歴書の志望動機に、これまでの実績や成果とあわせて、取り組む姿勢、なぜ業界を変えるのか明確な転職理由を伝えることができれば、これまでの経歴を強く反映できるため、転職の可能性が高まります。

また、未経験業種への知見がない場合でも「業界情報をキャッチアップする姿勢」または「ポータブルスキル(業界関係なく持ち運び可能なスキル)」を証明できれば、将来活躍してくれそうな人材として企業側から期待される傾向にあります。

最後にその業界・企業でなければいけない必然性を伝えることで、入社意欲もアピールすることができます。

経験業種×未経験職種

「経験業種×未経験職種」の場合、IT企業の営業マンからIT業界のWebディレクターなど、業種は同じで職種だけを変えるパターンがあります。

この場合の強みとしては、業界事情に詳しく、業種ならではのテクニカルスキル(業務を適切に遂行するための知識や能力)を持ちあわせている点です。

業界のマーケットと事業内容への理解、具体的な業務も把握しているので、仕事への順応もスムーズにできます。また、職種未経験であっても、同じ業界ゆえ、一定の理解があります。

つまり、これらを強みとして、志望動機の実績に加えるとともに、未経験職種への適応能力をアピールするため、類似した経験やミッション、ポータブルスキルを訴求できれば転職の可能性を高めていけます。

顧客や社外パートナー、経営層、上司への納得感の高いコミュニケーションや、課題発見・問題解決への対応能力など、職種未経験をカバーできるポータブルスキルをアピールしてください。

未経験業種×未経験職種

「未経験業種×未経験職種」の場合、人材業界の営業マンから、IT業界のWebエンジニアなど、業種も職種も変えるパターンです。

業種や職種に関して、全く経験値がありませんから、応募先企業から将来活躍できる人材であると評価されるよう高いポータブルスキルを証明する必要があります。

業界や職種が未経験でも「類似した経験による実績」「課題解決能力」「マネジメント能力」「社内外への対応力」をアピールできるよう、履歴書の志望動機へ反映してください。

なお、同じ未経験者でも転職する年齢に応じて、難易度が異なります。経験やスキルより、若さやポテンシャルを重視する20代と比較し、30〜40代などではマネジメント能力など、さまざまなスキルが必要です。

この点も考慮して、転職活動をスタートしてください。

未経験の転職 履歴書へ志望動機を書く前におさえたいポイント

未経験の転職で、履歴書へ志望動機を書く前におさえておきたいポイントを紹介します。

未経験で転職する理由を明確に

採用企業側からみると、一般的に同業種・同職種の応募者に来てほしいのが本音です。業界への理解があり、その分野での実績や経験値があれば、即戦力として活躍が期待でき、人材育成コストもかからないためです。

また、コロナ禍においては、事業再編や転換を余儀なくされた企業も多く、新たなビジネスモデルに対応できる、専門的人材の獲得が急がれます。

このような背景から、未経験での転職を成功させるためには、業種や職種の未経験分野をカバーできる、ポータブルスキルをアピールするとともに、明確な転職理由を志望動機欄に記載してください。

同業種・同職種への転職ではなく、あえて未経験分野へ転職しようと考えた理由を、さらに深掘りします。

現職との関連性を打ち出す

業界未経験×職種経験者であれば、職種に関する実績やスキルはもちあわせていますので、現職または前職と応募先の仕事との共通点を見つけ、関連性を打ち出してください。

同じ職種でも業種が異なると、取引先・商品、サービスの種類・仕事の目的・扱うツールなどが変わります。その中で、共通する実績が多ければ「未経験業種であっても活躍できる」との評価につながりやすくなります。

また、経験業種×未経験職種であれば、業界に関する専門知識や業務内容への理解力はもちあわせていますので、なぜ職種を変える必要があったのかという理由を説明します。

その上で、その職種との関わり合いの中で獲得した、関連する実績や出来事を強みとして述べてください。

なお、業種も職種も未経験の場合には、即戦力を期待する中途採用の中で、もっとも難易度が高い傾向にあります。

以下のポータブルスキルをもとに、応募先企業へ貢献できる理由を抽出して、志望動機欄へ記入ください。

また、より転職確率を上げるため「業界・職種未経験でも需要が期待できる募集を探す」「未経験者を積極的に採用する企業を探す」努力も必要です。

ポータブルスキルとは、その言葉の通り、業種や職種が変わっても「持ち運び可能な能力」を指します。

具体的には、一般社団法人「人材サービス産業協議会」が主催した「ポータブルスキル活用研修」によると[仕事のし方]+[人との関わり方]で構成される能力のことです。

【仕事のし方の観点】

  1. 現状の把握:取り組むべき課題やテーマを設定するために行う情報収集やその分析のし方
  2. 課題の設定:事業、商品、組織、仕事の進め方などの取り組むべき課題の設定のし方
  3. 計画の立案:担当業務や課題を遂行するための具体的な計画の立て方
  4. 課題の遂行:スケジュール管理や各種調整、業務を進めるうえでの障害の排除や高いプレッシャーの乗り越え方
  5. 状況への対応:予期せぬ状況での対応や責任の取り方

【人との関わり方の観点】

  1. 社外対応:顧客・社外パートナー等に対する納得感の高いコミュニケーションや利害調整、合意形成のし方
  2. 社内対応:経営層・上司・関係部署に対する納得感の高いコミュニケーションや支持の獲得のし方
  3. 部下マネジメント:メンバーの動機づけや育成、持ち味を活かした業務の割当のし方

特に業種・職種未経験の場合には、上記8つの観点から、あなたの強みを抽出して、志望動機へ反映する必要があります。

企業研究は入念に

未経験業種・未経験職種にかかわらず、企業研究は入念に行います。具体的な転職理由、ポータブルスキルから抽出したあなたの強みだけでは、志望動機に強い入社意欲が反映されません。

企業の「ビジョン」「カルチャーフィット」「サービスの特徴」「業界の最新事情」を企業研究によって分析し、その企業でなければならない理由を明確にしてください。

未経験の転職 志望動機の書き方を6つのステップで解説

面接

基本的な志望動機の書き方、構成自体は、即戦力採用および未経験の場合でも同様です。

以下、6つのステップに即して、簡潔に伝える必要があります。

ステップ①:書き出しは現職の仕事内容について

まず現在の職場、あるいは前職における仕事内容について「どんな仕事をしているのか」「これまでどんな経験を積んできたのか」簡潔に説明します。

特に未経験業種・職種の場合には、過去の経験が応募先企業へも活かせると評価されるよう、事前に応募先企業の求める人材、企業文化をリサーチした上で、分かりやすく記載します。

ステップ②:転職の理由をポジティブに記載

次に、現在の会社あるいは前の会社を辞めようと思った理由、なぜ同業種・同職種ではなく、未経験業種・職種への転職を選択したのか書き出します。

このとき、会社を辞めようと思った理由については、上司への不満や愚痴などネガティブな理由は避けてください。

軽々しく現職や前職への不満ばかりを口にしても、あなたの信用がなくなるだけです。あなたの転職理由から、熱意が伝わるように工夫してください。

ステップ③:志望理由はその企業ならではの内容に

応募先企業を選んだ理由については、企業研究で書き出した項目をもとに、その企業ならではの内容にしてください。

繰り返しになりますが、未経験業種・職種への転職の場合、同業種・同職種と比べると「なぜ当社を選んだのか」という必然性が問われます。

同業種・同職種への転職ではなく、あえて未経験業種・職種の応募先を選択するからには、それなりの強い動機があるはずです。あなたがその企業へ応募する意気込みを企業研究の内容とともに記すことが重要になります。

ステップ④:入社後の未来を共有する

採用企業側が、未経験業種・職種の応募者を採用する場合、業界事情に左右されない新しい観点から業務を遂行できる人材、または、サービスへの新たな価値を求めている場合があります。

たとえば、飲食業界の販売員から、IT企業のマーケティング職への転職の場合、接客業で培ったお客様の再来店施策や、お客様からのクレーム改善事例の共有などがあります。

このように同業種・同職種ではないからこそ、自社商品やサービスへ反映可能なメリットを期待している場合があります。

未経験であるあなたが、入社後に貢献できる未来を、志望動機へ記入してください。

足元の貢献度だけでなく「何年後に、どういった役割で、どのような業務に貢献していきたいか」を書き出すようにしてください。

ステップ⑤:入社意欲で締めくくる

ここまで整理した①〜④の内容に、さらにポジティブな印象を与えられるよう、志望動機欄の行末は入社意欲で締めくくります。応募先企業への思いや、これまで培ったスキルや経験を再度アピールしてください。

また入社意欲を記載後は、最後に全体の見直しを忘れずに行います。誤字脱字はないか、転職理由と志望動機に一貫性はあるかなど再度確認してください。

ステップ⑥:志望動機は簡潔に

履歴書に志望動機を記載する場合、一般的な文字数は200〜300文字が目安になります。購入した履歴書の志望動機欄に罫線がない場合には、余白の取り方が難しいですが、300文字程度で意識してまとめてください。

アピールしたい内容をたくさん盛り込みたいからと、あえて文字を小さくして、志望動機欄をびっしり埋めてしまうと可読性が低下します。

標準的な文字サイズを意識して、最大限アピールできるよう、字数や行数を調節してください。

仮に1行30文字で記載する場合、10行で300文字にまとめることができますが、実際には余白を設ける必要があるので、1行25〜28文字で、ゆとりをもって記載します。

また、手書きやPCにかかわらず、文章の変わり目では適宜、段落を設けて、採用担当者が読みやすいよう配慮します。文章全体の余白が、2割程度を目安に記載してください。

未経験の志望動機 良い例文と悪い例文

ここでは、履歴書に記載する未経験者の志望動機例文について、良い例文・悪い例文をご紹介します。

【良い例文】経験業種×未経験業種

私は、Web制作会社の営業職として、これまで累計100社のお客様とお取引をさせていただきました。

主に自社開発WordPressテーマの営業を担当しておりましたが、お客様から「売り上げが前年比〇%成長した」など感謝の言葉に触れ、とてもやりがいに感じました。

その中で、今度は、私自身がWeb制作者として、お客様の売り上げに貢献できるWordPressテーマを開発したいと思うようになりました。

貴社は、WordPressテーマ開発で業界トップシェアを獲得しております。また、未経験者も積極的に募集されており、この機会を逃すまいと応募いたしました。

営業職として社内成績No.1を獲得したお客様への提案力・顧客分析をもとに、営業もできるWeb制作者として貴社に貢献できればと考えております。

将来は、Webディレクターとしても事業貢献できればと存じます。

【悪い例文】経験業種×未経験業種

私は、Web制作会社の営業職として、これまで累計100社のお客様とお取引をさせていただきました。

主に自社開発WordPressテーマの営業を担当しておりましたが、次第に、私自身が開発したいと強い思いをもつようになりました。

貴社は、WordPressテーマ開発で業界トップシェアを獲得しております。また、未経験者も積極的に募集されており、この機会を逃すまいと応募いたしました。

将来は、Webディレクターとしても事業貢献できればと存じます。

例文のポイント

良い例文では、なぜWeb制作業界における営業職からWeb制作者への興味をもったのか、お客様とのやりとりをもとに具体的に書かれています。

また、営業職としての実績についても触れ、これまでの経歴やWeb制作業界へどのように貢献できるかまで記載します。

一方、悪い例文では、営業職からWeb制作者へ興味をもったきっかけが記載されておらず、応募先企業へ入社した場合の貢献度も把握できません。

業界事情は理解しているので、それをもとに、どのように未経験職種へ反映するか述べてください。

20〜30代ハイエンド特化なら伴走型の転職エージェント「ASSIGN

株式会社ASSIGNではコンサルファームへの転職支援からスタートし、現在では、経営企画職や営業職など幅広い職種のキャリア形成、転職支援を行っています。

オーダーメイドでの選考対策資料をご用意

20代-30代ハイエンド向けに特化した転職エージェント「ASSIGN」では、初回の面談での案件紹介は行いません。

現職でのご経験や課題感、目指したい将来像をライフプランと併せてお伺いし、次の会社で得るべきスキルや環境を棚卸したキャリアプランを提案します。

その上で、DiSC修了者があなたの価値観と強みを分析し、あなただけの選考対策資料を作成。

  • 転職を考えたきっかけ
  • 今回の転職軸
  • なぜこの業界か
  • なぜこの企業か

など各設問への回答を、専任コンサルタントと共に、妥当性・明確さ・根拠の3点から深掘りします。

また「将来像」「強み/弱み」「現職の活動と工夫」「カルチャーフィット」など頻出質問に対しても、深掘りの観点や注意点を共有し、あなただけのオーダーメイド対策資料をご用意。

資料に基づいて導き出したあなたの面接対策は、模擬面接を通して、エージェントからのフィードバックによってさらに完成度を高めることができます。

さらに応募先企業ごとの企業研究についても、両面型エージェントであるため、各企業様から共有いただく情報をあなたのもとへダイレクトに届けます。

常に最新情報をキャッチアップした上で、選考対策に反映可能。

目先の転職だけでなく、あなたの将来がより豊かで、理想のキャリアやライフプランを実現できるよう、伴走型エージェントとして最大限バックアップいたします。

Everything DiSC:米Wiley社で開発された、世界中で毎年100万人以上が利用するアセスメントツールの認定資格。
行動特性による分析理論であり、MicrosoftやSONYなどで導入されています。

一流エージェントがあなたの専任コンサルタントに

転職エージェントASSIGNの創業メンバーは、全員コンサルティングファーム出身です。

他のメンバーについても、IBM、Recruit、野村証券、大手海運やグローバルメーカー出身者などのトップ企業で実績を残したエージェントがあなたをご支援いたします。

また、両面型のエージェントとして、各企業様に対するフォローや交渉等も直接あなたを担当している専任コンサルタントが一貫して行います。企業様に関する詳細情報のご提供はもちろん、選考時のフィードバックを受けての対策修正、各面接官の見ているポイントなど、現場感のある情報をお伝えできます。

2020年6月には、株式会社ビズリーチが主催、国内No.1のキャリアエージェントを選出する「日本ヘッドハンターサミット」にて、2019年度 コンサルティング部門のMVPを獲得。

*日本ヘッドハンターサミットとは、転職サイト「ビズリーチ」に登録する約3,900名のヘッドハンターの中から、ビズリーチを通じた高い転職支援実績者が表彰される式典のこと。

創業3年目にして名誉ある賞を獲得できたのは、キャリアは「点」ではなく「線」として捉えるというASSIGNが大事にしているビジョンを全てのメンバーが共有しているからこそだと考えています。

転職の成功は、新たなキャリアのスタートにしか過ぎません。
まだまだ改善の余地も大きく、日々改善に努めながら、今後も一人一人に向き合ったご支援をお約束させていただきます。

» 日本ヘッドハンターサミット2020の詳細はこちら

長期的な活躍をサポート

転職エージェントASSIGNは、足元の「点」ではなく「線」で捉えたキャリア支援を実施しています。
そのため、長期的なキャリア支援をサポートしており、あなたの将来像に近い案件情報を定期的にご連絡します。

またご希望に応じてキャリア面談を実施し、キャリアプランの見直しやスキルアップまで完全対応。
転職先で活きるスキルアップセミナーも限定配信しています。

日本初AIキャリアシミュレーション「VIEW」

2019年2月、ASSIGNは、AIキャリアシミュレーション『VIEW(ビュー)』をローンチしました。
VIEWは、弊社の先進的なプロダクトの1つ。
たった3分で経歴と価値観を登録し、AIがあなたに合うキャリアをランキング化。

今ある選択肢の幅が広がり、将来のキャリアストーリーをイメージできます。
また、そのキャリアを歩んだ場合の平均的な年収推移や業務内容、ロールモデルも提示。

VIEWの提案に興味が湧いたら、ワンタップでその領域を専門とするエージェントに相談をすることもできます。

日本初AIキャリアシミュレーションアプリ『VIEW』が、あなたのより良い未来をご提案致します。

無料でのキャリア面談はこちらから。

お電話にて30分程度のお時間を頂き、あなたが持つ価値観へのヒアリングから、キャリアの考え方、転職市場のトレンドや動向等、目の前の転職だけでなく将来を見据えたキャリア面談を実施いたします。

以下のリンクより面談日時をご指定頂き、その場でのご予約が可能です。

ぜひお気軽にご相談ください。

直接応募で優先的に対応させていただきます。フォームよりお気軽にご相談ください。
【無料】キャリア相談のお申込み
直接応募で優先的に対応させていただきます。フォームよりお気軽にご相談ください。
【無料】キャリア相談のお申込み