金融機関を変革させるオープンAPIの仕組み

金融機関を変革させるオープンAPIの仕組み

数年前からデジタル化の流れの中でよく「API」という言葉を耳にするようになりました。

今回は、そもそも「API」とは何か、金融機関に与える影響とは何か、といったことをご紹介します。

オープンAPIで安全で低コストなデータ連携が可能に

「API」とは、Application Programming Interface(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)の略であり、特定のソフトウェアやアプリが持つ機能やデータを外部からの要請に応じて利用するための仕組みです。

このAPIを他社や他サービスに開放することがオープンAPIの本質ですが、銀行と家計簿アプリに置き換えて例えると、銀行は預金口座というデータを持っており、外部企業が提供する家計簿アプリのユーザが入出金の更新情報を要請すると、銀行はそのデータを外部企業に提供するイメージです。

システム開発などでは、APIをリクエストして、レスポンスする、といった表現をすることもありますが、ざっくり言えば、この一連のやりとりを実現するデータの接続方法がAPIとなります。

従来でも、金融機関が保持しているデータを外部企業が取得することはできましたが、先ほどの例で言うと、家計簿アプリのユーザが外部企業にパスワードなどを提供し、外部企業が代理で金融機関の情報にアクセスします。

ユーザがパスワードを提供してしまっている点や、金融機関からの情報提供の範囲を限定しにくいなどのセキュリティ面での問題点が指摘されていました。

一方、APIならば、ユーザは外部企業に情報提供の委託はするものの、パスワードなどは提供せず、金融機関も限定された情報のみを提供することができるため、セキュリティ面の安全性を担保しつつ、データ連携が可能になります。

金融機関の「脱・自前主義」

APIでデータ連携することはIT業界では最近始まったことではなく、一般的になっています。例えば、FacebookとInstagramのアカウント連携などはAPIの仕組みが使われており、あまりユーザ視点では意識していないかもしれませんが、当たり前になりつつあります。

一方、金融機関は大量の顧客情報や取引情報を保持しているものの、セキュリティ基準が高く、外部に情報を提供したり、自社システムの機能を公開するといった動きがかなり遅れています。

加えて、金融機関のシステムは「レガシー」と揶揄されたりもしますが、そもそものシステム基盤が古くから存在しており、セキュリティ観点を考慮した結果、閉鎖的なアーキテクチャになっており、そもそも「外とつながる」といった概念が薄い傾向にあります。

しかし、このような従来からの「自前主義」にこだわっていては、大量の情報を持っている強みは生かせず、「GAFA」などの巨大プラットフォーマーと戦っていくことはできません。

むしろ、積極的に自社システムの機能をテクノロジー企業に使ってもらい、既存の顧客基盤に加えて、新しい顧客基盤を創出していくことが重要になってきます。

金融機関のトレンドとして、API含めて、外部との連携はデジタル戦略の中で大きなアジェンダとなっており、既存システム基盤と新規の外部連携機能の共存が急ピッチで進められています。

一例ですが、既存基盤と外部機能を直接つなぐことは難しくても、中間で中継ポイントのようなアーキテクチャにすることでセキュリティを担保したり、外部からの接続量をコントロールすることができます。

以上のように、今回はAPIの概要についてご紹介しました。今後、さらにAPIの公開と活用は本格化していくことが予想され、私たちの生活にも大きな変革をもたらすと考えられます。

20〜30代ハイエンド特化なら伴走型の転職エージェント「ASSIGN

株式会社ASSIGNではコンサルファームへの転職支援からスタートし、現在では、経営企画職や営業職など幅広い職種のキャリア形成、転職支援を行っています。

オーダーメイドでの選考対策資料をご用意

20代-30代ハイエンド向けに特化した転職エージェント「ASSIGN」では、初回の面談での案件紹介は行いません。

現職でのご経験や課題感、目指したい将来像をライフプランと併せてお伺いし、次の会社で得るべきスキルや環境を棚卸したキャリアプランを提案します。

その上で、DiSC修了者があなたの価値観と強みを分析し、あなただけの選考対策資料を作成。

  • 転職を考えたきっかけ
  • 今回の転職軸
  • なぜこの業界か
  • なぜこの企業か

など各設問への回答を、専任コンサルタントと共に、妥当性・明確さ・根拠の3点から深掘りします。

また「将来像」「強み/弱み」「現職の活動と工夫」「カルチャーフィット」など頻出質問に対しても、深掘りの観点や注意点を共有し、あなただけのオーダーメイド対策資料をご用意。

資料に基づいて導き出したあなたの面接対策は、模擬面接を通して、エージェントからのフィードバックによってさらに完成度を高めることができます。

さらに応募先企業ごとの企業研究についても、両面型エージェントであるため、各企業様から共有いただく情報をあなたのもとへダイレクトに届けます。

常に最新情報をキャッチアップした上で、選考対策に反映可能。

目先の転職だけでなく、あなたの将来がより豊かで、理想のキャリアやライフプランを実現できるよう、伴走型エージェントとして最大限バックアップいたします。

Everything DiSC:米Wiley社で開発された、世界中で毎年100万人以上が利用するアセスメントツールの認定資格。
行動特性による分析理論であり、MicrosoftやSONYなどで導入されています。

一流エージェントがあなたの専任コンサルタントに

転職エージェントASSIGNの創業メンバーは、全員コンサルティングファーム出身です。

他のメンバーについても、IBM、Recruit、野村証券、大手海運やグローバルメーカー出身者などのトップ企業で実績を残したエージェントがあなたをご支援いたします。

また、両面型のエージェントとして、各企業様に対するフォローや交渉等も直接あなたを担当している専任コンサルタントが一貫して行います。企業様に関する詳細情報のご提供はもちろん、選考時のフィードバックを受けての対策修正、各面接官の見ているポイントなど、現場感のある情報をお伝えできます。

2020年6月には、株式会社ビズリーチが主催、国内No.1のキャリアエージェントを選出する「日本ヘッドハンターサミット」にて、2019年度 コンサルティング部門のMVPを獲得。

*日本ヘッドハンターサミットとは、転職サイト「ビズリーチ」に登録する約3,900名のヘッドハンターの中から、ビズリーチを通じた高い転職支援実績者が表彰される式典のこと。

創業3年目にして名誉ある賞を獲得できたのは、キャリアは「点」ではなく「線」として捉えるというASSIGNが大事にしているビジョンを全てのメンバーが共有しているからこそだと考えています。

転職の成功は、新たなキャリアのスタートにしか過ぎません。
まだまだ改善の余地も大きく、日々改善に努めながら、今後も一人一人に向き合ったご支援をお約束させていただきます。

» 日本ヘッドハンターサミット2020の詳細はこちら

長期的な活躍をサポート

転職エージェントASSIGNは、足元の「点」ではなく「線」で捉えたキャリア支援を実施しています。
そのため、長期的なキャリア支援をサポートしており、あなたの将来像に近い案件情報を定期的にご連絡します。

またご希望に応じてキャリア面談を実施し、キャリアプランの見直しやスキルアップまで完全対応。
転職先で活きるスキルアップセミナーも限定配信しています。

日本初AIキャリアシミュレーション「VIEW」

2019年2月、ASSIGNは、AIキャリアシミュレーション『VIEW(ビュー)』をローンチしました。
VIEWは、弊社の先進的なプロダクトの1つ。
たった3分で経歴と価値観を登録し、AIがあなたに合うキャリアをランキング化。

今ある選択肢の幅が広がり、将来のキャリアストーリーをイメージできます。
また、そのキャリアを歩んだ場合の平均的な年収推移や業務内容、ロールモデルも提示。

VIEWの提案に興味が湧いたら、ワンタップでその領域を専門とするエージェントに相談をすることもできます。

日本初AIキャリアシミュレーションアプリ『VIEW』が、あなたのより良い未来をご提案致します。

無料でのキャリア面談はこちらから。

お電話にて30分程度のお時間を頂き、あなたが持つ価値観へのヒアリングから、キャリアの考え方、転職市場のトレンドや動向等、目の前の転職だけでなく将来を見据えたキャリア面談を実施いたします。

以下のリンクより面談日時をご指定頂き、その場でのご予約が可能です。

ぜひお気軽にご相談ください。