コンサルで得られる能力とは?

コンサルで得られる能力とは?

新卒就活人気ランキング上位にコンサルティングファームがランクインしたり、中途入社でも多くの人がコンサルティングファームに転職しています。

このような時流の中、コンサル業界で得られる能力、特に駆け出しコンサルタントの時期に身に付けられるスキルにフォーカスしてご紹介していきます。

キャッチアップ能力

まずは、高いキャッチアップ能力が求められ、担当業界に対する理解が必要となります。

中途入社でコンサルティングファームに転職している場合、前職と同じ業界にアサインされるケースが多いですが、それでも体系的に業界のビジネスモデル・トレンドを抑える必要があり、新卒/第二新卒であればゼロベースでのスタートとなります。

また、クライアント理解が求められます。前述の業界知識をベースとし、その業界内でのクライアントのポジション・強み・中期経営計画など、クライアントの状況・方針を正しく理解し、なるべく同じ目線でコミュニケーションできるように準備します。

クライアントのキーパーソンを抑えるというソフト面での理解も非常に重要です。加えて、自分がアサインされるプロジェクト情報もアサイン初期には必ず理解する必要があります。

コンサルティングファームのアサイン方法は大きく分けると2つあり、1つ目は完全な新規プロジェクト、2つ目は既存プロジェクトへのアサインです。

多くの場合、後者の既存プロジェクトへのアサインに該当するため、自分がアサインされるタイミングではこれまでのプロジェクトの積み上げがあり、プロジェクト限りの機密性の高い情報はアサイン初期に集中的にインプットを行います。

プロジェクト情報の具体的なキャッチアップ手段として、プロジェクトの提案資料から定例MTG資料、各マイルストーン毎での成果物など多くのドキュメントがプロジェクトで管理されているため、このような資料を読み込む作業を行います。

資料について細かく説明してもらえることは少ないため、自身で読み込み、疑問点があればまとめ、プロジェクトリーダーに質問して確認するなどの作業が必要です。

近年のトレンドとしては、デジタルトランスフォーメーションなどのITの高度化はどの業界・企業にとってもメインアジェンダとなります。

日本国内の他業界のベストプラクティスのみならず、海外の最新ソリューションのインプットが非常に重要となっており、自分の言葉で語れるようになれるとコンサルタントとしてバリューが出てきます。

しかし、コンサルタントになってすぐにこれらの知識がすぐに身に付くわけではないので、学習する習慣を継続しつつ、プロジェクトに参画しながら知識を高度化させ、自らの武器へと変えていきます。

そして、コンサルタントとしての経験が積み上がってくると抑えるべきポイントの勘所がついてくるため、インプットの効率は上がります。

ドキュメンテーション能力

次に、ドキュメンテーション能力が求められます。

ここでのドキュメンテーション能力は主にExcel・PowerPoint・Wordを使いこなすことを指します。

筆者の感覚ではありますが、Excel5割、PowerPoint4割、Word1割、といった比率でプロジェクト業務で使用するので、それぞれの具体的な使用場面と合わせて説明していきます。

Excel

プロジェクトの特徴にもよりますが、Excel・PowerPoint・Wordの中で使用頻度は1番高くなります。

特にシステム構築のPMO(プロジェクト・マネジメント・オフィス)では課題管理表、仕様変更(チェンジリクエスト)管理表などプロジェクトメンバー全体で管理・更新していく場合もあるので、運用できるフォーマットで作成する必要があります。

また、データ分析や財務諸表・会計分析などデータ整理・数値整理の場合もExcelを多用します。

駆け出しコンサルタントはよく使う関数を覚えたり、ショートカットキーを覚えたりと、早く・効率的にアウトプットを出すスキルを身に付けることが重要です。

PowerPoint

これもExcelの次に使用頻度は高い傾向にあります。

特にプロジェクト提案書、リサーチ報告書などプレゼン資料はPowerPoint資料です。

PowerPointスキル上達のポイントはとにかく「パクる」ことです。

コンサルティングファームの中には提案書やレポートを社内資源として共有している場合が多いので、そのような社内資源を活用して、徹底的に資料の構成・オブジェクトの使い方などを真似する、つまり「パクる」ことがポイントになります。

「パクる」ことのメリットとして、コンサルの実業務の中ではPowerPoint資料を全くのゼロベースから作る必要がなくなることです。

既存資料をインプットにしたり、他メンバーの資料を引き継ぐことが多くなります。

その際、自分の中で使いやすいオブジェクトや綺麗なPowerPoint資料のストックを持っておくことでゼロベースで資料を作らず、多少の修正で品質の高いアウトプットを出すことができます。

Word

使用頻度は3つの中で1番低いと考えて良いです。

しかし、議事録、プレスリリース、リサーチ報告書などで使用され、金融機関や官公庁などは社内文書がWord標準である場合もあるので、業界・クライアントによっては使用頻度は高くなります。

また、特に駆け出しコンサルタントは議事録作成タスクは必須になることが多いです。

求められるクオリティはプロジェクトに依存しますが、決定事項、課題、Todoを議事録に整理して次のアクションに繋げる必要があるため、アナリストやアソシエイトクラスなどの駆け出しコンサルタントが議事録を作成することが多く、非常に重要なタスクになります。

以上、キャッチアップ能力とドキュメンテーション能力について説明してきましたが、どちらも最初から完璧に備わっている人はいません。

プロジェクトにアサインされ、徐々に現場で身に付けていきます。

これらはコンサルティングファームに限らず、ビジネスパーソンとして必須のスキルであり、汎用的なスキルとなるため、自身の血肉となるようにスキルを高めていって欲しいと思います。

コンサルファームへの転職なら伴走型の転職エージェント「ASSIGN

株式会社ASSIGNではコンサルファームへの転職支援からスタートし、現在では、経営企画職や営業職など幅広い職種のキャリア形成、転職支援を行っています。

単なる案件紹介ではなく、価値観やご意向から、キャリアの方向性や転職市場の動向を踏まえた上で、中長期でのキャリア戦略のご提案から面談をスタートします。

キャリア戦略にご納得いただけてから、はじめて案件紹介を行い、強みや行動特性を活かせるオーダーメイドの選考対策資料を作成し、PDF形式でお渡しいたします。

以下のリンクより無料でのキャリア相談を受け付けております。
面談日時をご指定頂き、その場でのご予約が可能です。ぜひお気軽にご相談ください。

日本初!AIキャリアシミュレーション「VIEW」

2019年2月、ASSIGNは、AIキャリアシミュレーション『VIEW(ビュー)』をローンチしました。
VIEWは、弊社の先進的なプロダクトの1つ。
たった3分で経歴と価値観を登録し、AIがあなたに合うキャリアをランキング化。

VIEWの提案に興味が湧いたら、ワンタップでその領域を専門とするエージェントに相談をすることもできます。

日本初AIキャリアシミュレーションアプリ『VIEW』が、あなたのより良い未来をご提案致します。