ASSIGN MEDIA

コンサル業界でよく聞く「BIG4」とは。各社の違いや事業内容を紹介

コンサル業界における「BIG4」とは、巨大な世界四大監査法人のグループファーム4社を指します。

  • デロイト トーマツ コンサルティング
  • PwCコンサルティング
  • KPMGコンサルティング
  • EYストラテジー・アンド・コンサルティング

BIG4は世界的に見ても規模が大きく、今後のさらなる成長が見込まれている魅力的なファームです。

事業拡大のために常に経験者採用を実施しているため、多くの人に応募・転職のチャンスがあります。

そこで本記事では、BIG4にあたる4社のコンサルティングファームの特徴や事業内容、転職を目指すにあたって知っておきたい採用情報を紹介します。

BIG4への転職を検討している場合は、ぜひ参考にしてください。

BIG4とは:巨大な会計事務所グループファーム4社のこと

コンサルティング業界におけるBIG4とは、以下の4社を指します。

  • デロイト トーマツ コンサルティング
  • PwCコンサルティング
  • KPMGコンサルティング
  • EYストラテジー・アンド・コンサルティング

この4社は、世界四大監査法人である「デロイト」「PwC」「KPMG」「EY」の巨大会計事務所のグループファームです。

会計・財務系のコンサルだけでなく、IT・DXコンサルやM&Aアドバイザリー、企業再生業務など幅広い分野のコンサルティング業を実施しています。

いずれのファームも世界的に見て規模が大きく、今後も大きく成長していくと予想されています。

コンサル業界におけるBIG4誕生の経緯

コンサル業界のBIG4誕生には、会計事務所の業務や立ち位置が大きく関係しています。

BIG4は元々大手の会計事務所で、クライアント企業の財務状況を調査し、その会社の経営が健全的であることを証明する文書を作成するのが主な業務でした。

これらの業務を行うなかで、経営改善を進める企業に必要不可欠である「財務や金融に関する幅広い知見」を集めていきました。

そこで、財務や金融の知見を基に、企業の経営方針・事業戦略にまでアドバイスを行うコンサルティング業務を行うようになったのです。

その後「コンサル業を行うなかで、本来の会計業務で公正な監査ができるのか」という点からコンサルサービス廃止の動きもあったものの、体制を整備し、業界内での存在感を増してきました。

現在でも、BIG4はコンサルティング業界で勢力を拡大しつつあるのです。

BIG4のコンサルティングファーム4社の詳細

ここからは、BIG4各社の事業内容や特徴について詳しく紹介します。

  • デロイト トーマツ コンサルティング
  • PwCコンサルティング
  • KPMGコンサルティング
  • EYストラテジー・アンド・コンサルティング

デロイト トーマツ コンサルティング(DTC)

デロイト トーマツ コンサルティング

出典:デロイト トーマツ コンサルティング合同会社

デロイト トーマツ コンサルティングは、デロイトの一員として提言・戦略立案から実行まで一貫して支援するコンサルティングファームです。

監査・税務・法務などの知識と国際力を活かし、オペレーションや人事、ITなどさまざまな課題に対してコンサルティング業を提供しています。

また、このファームでは豊富な経験を有する各領域のプロフェッショナルがチームを組み、事業に取り組んでいるのが特徴です。

チーム内だけでなく外部のパートナー企業やDTCの関係者と連携し、クライアントの変革を支援しています。

社名デロイト トーマツ コンサルティング合同会社Deloitte Tohmatsu Consulting LLC
資本金500百万円(2018年5月末日現在)
売上高
従業員4,290名(2022年5月末日現在)
代表取締役佐瀬 真人(代表執行役社長)
創業1993年4月
所在地<本社>
〒100-8361
東京都千代田区丸の内3-2-3
丸の内二重橋ビルディング
事業内容・ストラテジー・アナリティクス・M&A
・カスタマー・マーケティング
・コアビジネス
・ヒューマンキャピタル
・エンタープライズテクノロジー
・パフォーマンス

参考:デロイト トーマツ コンサルティング合同会社

採用情報

デロイト トーマツ コンサルティングは主に「インダストリーサービス」「オファリングサービス」の2つに分け、各サービスからコンサルタントを募集しています。

インダストリーサービスは、資源エネルギーや金融、ライフサイエンス&ヘルスケアなどの業界別のサービスです。

一方のオファリングサービスは、全社構造改革・ビジネスモデル変革やM&A、財務など顧客の目的や機能に合わせたサービスとなります。

選考では「クライアントから真に認められる卓越した専門性や経験を身につけているか」が重視されるため、特定の分野での経験や知識は必須です。

また、面接選考ではケースインタビューの形式で論理的思考力やビジネス感覚を披露する機会があると示されています。

コンサルに不可欠な論理的思考力をアピールするためにも、入念な選考対策をした上で面接に臨む必要があります。

参考:デロイト トーマツ コンサルティング キャリア採用 | 採用情報

PwCコンサルティング

PwCコンサルティング

出典:PwCコンサルティング合同会社

世界158か国736拠点に27万人以上のスタッフが在籍する世界最大級の企業「PwC」のメンバーファームです。

世界各国に広がるPwCのネットワークと連携しながら、クライアントが直面する複雑で困難な経営課題の解決に取り組んでいます。

「いつでも上司に相談できる空気感が、早めのリカバリーを生む。あたたかいチームの関係値が、プレゼン資料の一貫性に現れる。」という方針も示しており、チーム作りを重視している点も特徴です。

多様なバックグラウンドを持つ仲間同士を尊重できる人や、価値観や立場が異なる人と協力する姿勢のある人は、PwCコンサルティングに向いています。

社名PwCコンサルティング合同会社PwC Consulting LLC
資本金
売上高2,056億円(2021年度 PwC Japanグループ全体)
従業員約9,000名(2020年6月末時点)
代表取締役代表執行役CEO 大竹 伸明
創業2016年2月29日
所在地<本社>
〒100-0004
東京都千代田区大手町1-2-1
Otemachi One タワー
事業内容・ストラテジーコンサルティング
・マネジメントコンサルティング
・テクノロジーコンサルティング
・エクスペリエンスコンサルティング

参考:PwCコンサルティング合同会社法人案内

採用情報

PwCコンサルティングではクライアントの最大限の価値を見いだすために、業種(インダストリー)別チームを組織しています。

採用活動もインダストリー別で実施しているため、金融、産業機械、素材・化学などの特定分野における知識・経験があると、採用で優位になる可能性があります。

また、グローバルに広がるPwCのネットワークと連携しながらクライアントが直面する経営課題の解決に取り組むので、英語力も不可欠です。

入社後は社内での英語研修も用意されていますが、海外赴任や海外プロジェクトに参加するならビジネスで困らない英語力は必須だと言えます。

公式:中途採用(PwCコンサルティング合同会社) | PwC Japanグループ

KPMGコンサルティング

KPMGコンサルティング

出典:KPMGコンサルティング

KPMGコンサルティングは、144の国と地域に約23万名を抱えるプロフェッショナルグループのメンバーファームです。

主にビジネストランスフォーメーション(事業変革)、テクノロジー、リスク&コンプライアンスの3分野でコンサルティングサービスを提供しています。

海外のセクターユニットとも連携し、業種ごとに国内外の最新動向や法規制の情報を収集しながら、最新のソリューションを提案しています。

社名KPMGコンサルティング株式会社KPMG Consulting Co., Ltd.
資本金1億円
売上高
従業員1,302名(2022年7月1日現在)
代表取締役代表取締役社長 兼 CEO 宮原 正弘
創業2014年
所在地<本社>
〒100-0004
千代田区大手町1丁目9番7号
大手町フィナンシャルシティ サウスタワー
事業内容・ビジネストランスフォーメーション(事業変革)
・テクノロジー
・リスク&コンプライアンス

参考:KPMGコンサルティング

採用情報

KPMGコンサルティングでは、金融やインフラ、自動車、エネルギーなどセクター別でコンサルタントを募集しています。

各求人情報には、必要なスキルや経験が明確に示されているので、自分に合った・今までの経験を活かせる職を見つけられます。

どのコンサルタントの求人にも共通して見られる条件が、「論理的思考力」「問題解決力」「コミュニケーション能力」です。

KPMGコンサルティングはベンチャー気質が強く、個人が裁量をもって業務に取り組めるという特徴があります。

ほかのBIG4と比べても社員数が少ない分、少数精鋭の文化が強く、自身の論理的思考力や問題解決力を駆使して、プロジェクトを遂行する必要があります。

選考では、各業種や分野の経験・知識に加え、論理的思考力や問題解決力などの業務遂行に欠かせない力が確認されることを想定しておいてください。

参考:コンサルタント 中途採用情報 – KPMGジャパン

EYストラテジー・アンド・コンサルティング

EYストラテジー・アンド・コンサルティング

出典:EYストラテジー・アンド・コンサルティング

EYストラテジー・アンド・コンサルティングは、拠点をロンドンに置くグループファームです。

経営コンサルティングと戦略的トランザクション支援サービスを展開し、幅広い業界に対してサービスを提供しています。

2020年10月に創業した比較的新しい総合系ファームでありながらも、知名度が高く、著しい成長を遂げています。

社名EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社EY Strategy and Consulting Co., Ltd. 
資本金4億5000万円
売上高
従業員3,394名(2022年11月1日時点)
代表取締役代表取締役社長 近藤 聡 
創業2020年10月
所在地<本社>
〒100-0006
東京都千代田区有楽町一丁目1番2号
東京ミッドタウン日比谷 日比谷三井タワー
事業内容・経営コンサルティング
・戦略的トランザクション支援サービス

参考:EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社

採用情報

EYストラテジー・アンド・コンサルティングでは、業種別にコンサルタントを募集しています。

入社後はそのセクター別の専門チームに配属されるため、各分野での専門知識や実績がある人を募集している傾向です。

さらに、豊富な社会経験や実績があるだけではなく、本人の「人間性」「協調性」「コミュニケーション力」なども重視しています。

「One EY」という言葉を大切に、EYに勤める社員全員のマインドを高めようとしているので、「チームメンバーの一員としてふさわしいか」が入念に確認されるのです。

また、EYストラテジー・アンド・コンサルティングの大きな特徴として、現在急速に拡大しながら社内制度、仕組みづくりを最適化している最中だという点です。

駆け出しのファームという環境のなかで、裁量を持って取り組みたい人は、やりがいをもって働きやすい環境だと言えます。

ファームとして大きく成長する貴重なタイミングを過ごすことができるのは、EYストラテジー・アンド・コンサルティングならではの魅力です。

参考:キャリア採用|採用情報

コンサル転職を目指すにあたって検討すべきポイント

BIG4をはじめとする大手コンサルティングファームへの転職を目指すなら、まずは以下のポイントを確認するようにしてください。

  1. 仕事内容
  2. 社風
  3. 方針
  4. 給与・福利厚生 

上記のなかでも仕事内容や方針に関しては、同じコンサルティングファームでも内容が大きく異なります。

例えば、個人の裁量を重視する社風か、それともチームワークを重視するのかは、ファームごとに特色があります。

方針や就業環境が合わないと、いくら好きな事業・業種でも前向きに取り組むことができないので、必ず確認してください。

また、事業内容だけでなく給与や福利厚生などの条件に納得できるかも、同時に確かめるべきポイントです。

入社後のミスマッチや不満を防ぐためにも、仕事内容、社風、方針、給与・福利厚生の4点は必ず確認するようにしてください。

コンサル転職なら転職エージェントの利用がおすすめ

BIG4をはじめとする大手コンサルティングファームへの転職は、非常に難易度が高く、自分一人で選考対策をするのは決して簡単ではありません。

転職を確実に成功させたいなら、コンサル転職に強い転職エージェントの活用をおすすめします。

転職エージェントには、コンサル業界に精通したプロのアドバイザーが在籍しており、業界の最新情報や採用傾向を共有してくれます。

これまで支援してきた転職者のデータを多数保有しているので、「企業では採用時に何が重視されるのか」「過去に採用された人の特徴は何か」などの情報を得ることも可能です。

また、難易度の高いコンサルティングファームの求人は、転職サイトの求人ページには公開されていないことが多い傾向です。

転職エージェントでは、コンサル業界の人気かつ重要なポジションの求人を非公開でそろえているので、非公開求人を含めて適切な求人を紹介してもらえます。

ほかにも、転職エージェントでは以下の支援を受けられます。

  • キャリア面談
  • 求人紹介
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 面接練習
  • 面接日時調整の代行
  • 年収交渉の代行 など

20〜30代ハイエンドに特化した伴走型の転職エージェント「ASSIGN」は、PwCコンサルティングをはじめ、多数のコンサル転職支援実績があります。

各ファームの傾向をもとにオリジナルの選考対策やケース面接対策をするので、内定獲得に向けて万全の準備をすることが可能です。

>> 転職成功者の情報を見てみる

ぜひコンサル転職に強い転職エージェント「ASSIGN」にご相談ください。

ーーASSIGN AGENTが選ばれる4つの特徴

  1. 400,000人のキャリアデータと10,000人以上の支援実績からキャリアの選択肢と強みを提示
  2. 企業紹介より先にキャリアプランを描く
  3. あなた専用の選考対策資料で内定獲得をサポート
  4. 入社後も半年に1度の面談でキャリアの実現まで伴走

ASSIGN

アサインはビズリーチの最高ランク受賞等、確かな実績を持つエージェントと、若手ハイエンド向け転職サイト『ASSIGN』であなたのキャリアを支援しています。 コンサルティング業界専門のキャリア支援から始まり、現在ではハイエンド層の営業職・企画職・管理職など幅広い支援を行っています。 ご経験と価値観をお伺いし、目指す姿から逆算したキャリア戦略をご提案し、ご納得いただいた上で案件をご紹介するのが、弊社のキャリア支援の特徴です。

企業詳細へ

PICKUP / 編集者おすすめ

" alt="営業職の転職におすすめ転職エージェント厳選8社">

営業職の転職におすすめ転職エージェント厳選8社

キャリアコラム
" alt="転職エージェント『ロバート・ウォルターズ』では何ができる?評判を解説">

転職エージェント『ロバート・ウォルターズ』では何ができる?評判を解説

未分類
" alt="転職エージェント『リクルートエグゼクティブエージェント』では何ができる?評判を解説">

転職エージェント『リクルートエグゼクティブエージェント』では何ができる?評判を解説

未分類
" alt="転職エージェント『リクルートエージェント』では何ができる?評判を解説">

転職エージェント『リクルートエージェント』では何ができる?評判を解説

未分類
" alt="営業から事業企画への転職を成功させるためのポイント">

営業から事業企画への転職を成功させるためのポイント

キャリアコラム