外資系企業への転職でポイントとなる面接対策を解説。選考の流れと注意事項

外資系企業への転職でポイントとなる面接対策を解説。選考の流れと注意事項

「外資系企業の面接では、どのような質問がされるのだろう」

「面接での英語力はどれくらい求められるのか」

「外資系企業の面接だからこそ、ほかとは異なる点はあるのか」

外資系企業の面接を受けるにあたり、上記のような不安を感じている方も多いと思います。

実際に外資系企業の面接は、日本企業の面接スタイルと多少異なるため、面接のポイントをきちんと攻略しておく必要があります。

そこで本記事では、外資系企業の面接の特徴や成功に必要なポイント、よく聞かれる質問例をご紹介します。

外資系ならではの特徴を把握し、適切な面接対策を行ってください。

目次

外資系企業面接の特徴について。日本企業との違い

転職活動

一般的な日本企業の転職と比べて、ハイレベルだといわれるのが外資系企業です。

ここでは、外資系企業面接の特徴や日本企業との違いについて解説します。

外資系企業が必ずしも英語面接とは限らない

外資系企業の面接は英語で行うと思われがちですが、実はそうとは限りません。

外資系企業といっても、仕事のなかでどれほど英語を使うのかは、役職や業務内容によって異なります。

日常的な業務で英語を使用しない外資系企業では、英語は一切触れず、日本語のみで面接を行うケースもあります。

逆に、仕事で英語が欠かせない場合は、面接開始から全て英語で行われることもあります。

そのため、「英語にどれくらい重きを置く職種なのか」「過去の面接スタイルはどうだったのか」の2点を、事前に確認してください。

どちらにせよ、英語で質問されても最低限の受け答えはできるように、日常会話程度の英語は習得しておく必要があります。

日本企業よりも面接回数は多い

外資系企業の面接は、一般企業よりも面接回数が多く、最大で5回ほど行われることもあります。

つまりそれだけ、外資系企業では人材を慎重に検討しているということです。

そして各面接では、面接官が毎回変わるケースがほとんどです。

人事部、部署の上司、現場リーダーなど、それぞれの立場から面接を進めます。

面接官の立場を踏まえ、何が求められるのか、何を聞きたいのか、面接前に考えておいてください。

面接内容は日本企業とほとんど変わらない

基本的な面接内容は、どの企業も変わりません。

初めに、自己紹介と自己PRの時間があり、その後面接官からの質疑応答へと移行します。

どのような会社で、どのような事業を行っているのか、企業を分析した上で面接に臨むようにしてください。

外資系ならではの点として、アイコンタクトが重視されること、さらには開始で握手が求められるケースもあります。

特にアイコンタクトができていないと、英語コミュニケーションに不慣れな人と判断されるので、きちんと目を見て話すことが大切です。

育成前提の採用ではなく即戦力人材が中心

ハイレベルな人材が集まる外資系企業では、入社後の「即戦力」となる人材を求めています。

だからこそ面接では、自分が持つ経歴やスキルを存分にアピールし、自分が入社することで会社に与えるメリットを簡潔に説明する必要があります。

また、個人のスキルや積極性が重視されるという外資系企業独特の観点からも、いかに自分のスキルを企業に還元できるかが肝心です。

指示を待たずに自ら行動できる人でないと、社内ですぐに活躍することは難しい印象です。

会社に入ってから自分は何ができるのか、どのような形で貢献できるのか、入社後の意気込みをアピールしてください。

外資系企業転職の面接質問の流れ

転職活動

次に、外資系企業の転職面接はどのような流れで進行するかを解説します。

自己紹介

面接官と簡単な挨拶を交わした後、自己紹介を行います。

自己紹介では、自分の経歴やスキルを簡潔に述べてください。

なかには勢い余って、自己紹介を3分以上話してしまう人がいますが、長すぎは不適切です。

自分が伝えるべきことを明確にした上で、適切な文量に収めるようにしてください。

また、初めて言葉を発する時間だからこそ、好印象が持たれるようハキハキと明るく話す必要があります。

転職理由

自己紹介の次は、転職理由について尋ねられます。

ここでは「会社が好きではなかった」「会社が合わなかった」などネガティヴな内容を決して言わないようにしましょう。

少しでもマイナスな発言をすると、「採用後すぐに辞めてしまうのでは」と不信感を抱きます。

たとえ転職のきっかけがネガティブな思いだとしても、それをポジティブな形に変換して伝えてください。

例えば「現職のポジションに不満がある」場合、「自分のスキルや能力を試し、キャリアアップできる場を探している」とも言い換えできます。

転職理由は、必ずと言ってよいほど聞かれる質問です。

面接官によいイメージを与えられるよう、事前に話す内容をまとめてください。

志望動機

「なぜこの会社に転職したいのか」という志望動機に関しても、詳細に質問されます。

ほかの企業の面接でも言い換えできるような、抽象的で漠然とした理由はよい印象を与えません。

「数ある会社のなかから、なぜ自社を選んだのか」を明確に話せるよう準備してください。

また志望動機を話す際には、会社側の採用メリットを考慮することも大切です。

自分と会社側、双方のメリットを踏まえて、志望動機を明確にしましょう。

スキルや実績

志望動機を聞かれた後、これまでの経歴やスキルについて詳しく質問されます。

特に外資系企業では、転職者に即戦力となる能力・スキルを求めているので、この質問の受け答えは鍵となります。

この質問で面接官が確認することは、「応募者と企業の相性はどうか」「自社でどのような力を発揮してくれるか」です。

事前に提出した履歴書・職務経歴書と照らし合わせながら質問されるので、発言内容と書類にズレを感じさせないよう、配慮しながらアピールしてください。

さらにこの時間では、企業とのミスマッチを防ぐために「コンピテンシー面接」を行うこともあります。

コンピテンシーとは、本人が持つ思考性や行動特性のことです。

1つの成功体験や仕事実績を面接官がさらに深堀りし、応募者の行動パターンを詳細に確認します。

コンピテンシー面接に柔軟に対応するためにも、これまでの経験やプロジェクトから何を得たのか、詳しく話せるようにしておきましょう。

逆質問

面接の最後には、面接官から「何か弊社に質問はありますか」と逆質問が行われます。

ここでは、自分の意欲やコミュニケーション能力をアピールする最後のチャンスです。

面接を通して感じた疑問点を質問してもよいですが、本番で焦らないように質問項目を事前に決めておくのもよいです。

しかし、どこでも言い換えできるような質問では良い印象を与えません。

企業について、または面接官本人に対しての質問をいくつか考えてみてください。

場合によって逆質問の時間が削られるケースもありますが、逆質問されたらチャンスだと思い、意欲をアピールすることが大切です。

外資系企業転職の面接のポイント

続いて、転職成功の鍵となる、面接で見られるポイントについて解説します。

下記のポイントを意識しながら、面接対策を行うようにしてください。

英語でのコミュニケーション力に問題はないか

英語力が重視される外資系企業では、英語コミュニケーションが十分かどうかを確認されます。

英語力の重要性は、企業やポジションによって比重が異なりますが、業務に支障が出ない程度の英語力が求められます。

外資系企業の英語面接でよく質問される内容を事前にチェックしておき、スムーズに受け答えできるよう準備しておいてください。

なお、面接では100%正確な英語が求められるわけではありません。

意思疎通を図るために努力しているか、ボディーランゲージなどを用いて伝えようとしているかなど、コミュニケーションに対する意欲もチェックされます。

英会話力だけでなく、話す姿勢まで意識するとよいです。

入社後のキャリアプランを具体的に説明できるか

入社後のキャリアプランを説明できるかも、評価のポイントになります。

企業側は「応募者が本気で自社に入社したいと考えているのか」「長期的に自社の戦力となってくれるか」を見極めています。

入社後に社内へ貢献できることやキャリアプランが明確である人の方が、企業は安心して採用できるでしょう。

また、事前に提出した履歴書や職務経歴書の内容との整合性も大切です。

事前に記入したキャリアプランと面接での発言に矛盾があると、不信感を抱かれてしまいます。

履歴書や職務経歴書へ記入した内容を、事前に見直してください。

応募先企業への転職に必然性はあるか

「ほかの企業ではなく、自社に転職したい」という必然性があるかも重要です。

ほかの企業でも言い換えできてしまう抽象的な志望動機は、よい印象を与えません。

少しでも転職に迷いがあると、すぐに見透かされてしまいます。

志望動機は、事前の自己分析や企業分析を通して明確にすることが可能です。

「なぜ自社に入社したいのか」を、自信を持って話せるようにしましょう。

応募先企業の業界や仕事内容に理解があるか

企業や業界、仕事内容に理解があるかも、必ずチェックされます。

そもそも、業界や業務内容を理解していないと、自分がどのように会社に貢献できるかという「自分を採用するメリット」を話せません。

また面接によっては、「自社について、知っていることを述べてください」と言われるケースもあります。

会社のホームページや運営サイトなどを念入りに確認し、会社はどんな事業を行っているのか、どのような業態や業務内容なのか、事前に確認しておきましょう。

外資系企業転職の面接時に注意すべき点

転職の面接では、発言内容だけでなく「仕草・姿勢・態度」も評価されるポイントです。

ここからは、外資系企業への転職面接で、注意すべき点を解説します。

面接官の目を見て回答

外資系企業の面接では、アイコンタクトが特に重視されます。

なぜなら、外資系企業では職場や取引先に外国籍の人がいて、英語圏でスタンダードな「目を見て話すこと」が求められるからです。

逆に目を見て話さないと、相手に不安感を与えることになります。

特に面接官が英語圏の場合、いつにも増してアイコンタクトを意識する必要があります。

日本文化では、むしろアイコンタクトをし続けることが失礼とされることもあるため、人によっては慣れないかもしれません。

もしアイコンタクトがうまくできないという自覚があるのなら、事前練習を進めてください。

身だしなみを整える

面接において、第一印象を左右するのは身だしなみです。

外資系企業は、比較的カジュアルな服装で働く職場が多いですが、面接では清潔感のある、きっちりとした印象を与える服装がよいです。

服装だけでなく、髪型や爪の長さ、靴や服に付いたホコリなどにも注意を向けてください。

堂々とした姿勢で臨む

外資系の面接では、応募者の堂々とした姿勢・振る舞いが非常に大切です。

外資系企業では、即戦力として動くために必要な「コミュニケーション力」や、自分から意見を発信する「積極性」を重視しています。

応募者がどこか自信がないように見えてしまっては、信頼感を失ってしまいます。

受け答えをする際には、自信を持って堂々した姿勢で発言することが大切です。

実績やスキルのアピールは謙遜しない

外資系の面接では、スキルや実績を謙遜せずアピールしてください。

思慮深く自己主張が控えめな日本人ですが、このような姿勢では、評価の対象になりません。

謙遜は自信がない・能力が低いと判断されてしまうので、自分が成し遂げたことや自分のスキルを堂々と語ってください。

実績やスキルを謙遜せずに語り、即戦力として働けることをアピールします。

受付時から面接が始まっているという意識で挑む

転職面接は「受付をするときから始まっている」ともいわれています。

面接会場へ入るときから、きちんと身だしなみを整え、立ち振る舞いや発言を意識してください。

せっかく面接がうまくいっていても、受付や面接外での振る舞いが不適切であれば、選考落ちの対象です。

建物に入ってから出るときまで、気を引き締めて行動してください。

外資系転職での面接を成功させるために

外資系転職の面接を成功させるには、事前にどのような対策をすればよいのか、迷う方も多いと思います。

ここでは、面接に向けての具体的な準備内容をご紹介します。

英文履歴書・職務経歴書の見直し

事前に記入した、英文履歴書や職務経歴書を見直してください。

面接官の多くは、事前の提出書類を元に質疑応答を行います。

事前に記入した内容とかけ離れた発言をしたり、逆に書いてあることをそのまま読んでいたりしては、不信感を与える要因になりかねません。

履歴書に記入した内容を元に、さらに付け加えたい点や念押ししたい点を意識して、簡潔にアピールしてください。

応募先企業の徹底した情報収集

企業に関する、徹底した情報収集も欠かせません。

自分を採用するメリットや企業に役立つスキルを述べるためには、企業や業務内容に対する深い理解が必要です。

自分の経歴や能力の価値を企業に理解してもらうためにも、徹底した情報収集を心がけてください。

万が一調べても分からない場合は、面接での逆質問の時間に、質問を投げかけてみるのもよいです。

明確な志望動機の作成

転職にて最も重要な評価ポイントが「なぜ自社で働きたいのか」という志望動機です。

志望動機が明確であればあるほど、企業も採用に踏み出したくなります。

志望動機を考える際には、自分軸と企業軸の両方の視点から考えることが大切です。

自分の経歴やスキルと企業の特徴、業務内容を踏まえて、一貫性のある志望動機を準備してください。

外資系転職の面接でよく聞かれる質問例

面接

外資系転職の面接でよく聞かれる質問例をピックアップして紹介します。

頻繁に聞かれる質問を事前に把握しておき、対策を練っておきましょう。

自己紹介・パーソナルな質問

  • Please introduce yourself.(自己紹介してください)
  • Please tell me your trouble (the weak point).(あなたの短所、弱みを教えてください。)
  • Please tell me your strong points (the advantages).(あなたの長所、強みを教えてください。)
  • Please tell me a little about yourself.(あなた自身について、少し教えてください。)
  • Please tell me your character.(あなたの性格を教えてください。)

仕事についての質問

  • Why do you want to work for us?(志望動機を教えてください。)
  • Why did you leave your last job?(退職理由を教えてください。)
  • What do you know about us?(私たちについて知っていることは何ですか。)
  • What can you contribute to this company?(どのように会社に貢献できると思いますか。)
  • What do you consider to be your biggest professional achievement?(これまでの仕事のなかで、最も大きな実績は何ですか。)

20〜30代ハイエンド特化なら伴走型の転職エージェント「ASSIGN」

20〜30代ハイエンド特化の転職エージェント「ASSIGN」では、経営企画職や営業職、外資系など幅広い職種において転職支援をしております。

ハイエンドに特化しており、転職を通してキャリアアップを目指す数多くの人が利用しています。

一人ひとりの価値観を軸にした選考対策

ASSIGNでは、一人ひとりの価値観に向き合い、キャリアの方向性を踏まえた転職支援をしています。

そのため、初回でいきなり案件を紹介することはありません。

まずは面談にてあなたの価値観と強みを分析し、一人ひとりに合わせた「オーダーメイドの選考対策資料」をご用意します。

その上で、ご提案する選考対策資料やキャリア戦略に納得いただいて初めて、求人紹介へと移行します。

キャリアやあなたの長所に基づき、戦略的に転職活動を行うのがASSIGNの強みです。

日本初AIキャリアシミュレーション「VIEW」をローンチ

2019年2月、ASSIGNは「キャリアを見渡す。未来を選ぶ」をコンセプトにAIキャリアシミュレーションアプリ「VIEW(ビュー)」をローンチ。

2万人以上のキャリアデータをもとに、AIがあなたに合うキャリアを自動でランキング化します。

約3分で経歴や価値観を登録でき、キャリアシナリオの可視化が可能です。

アプリを使用すれば、自分のなかで思い浮かべるキャリアが明確化するだけでなく、新たな可能性や選択肢を見出すことができるでしょう。

自分の可能性を広げたい方は、ぜひ「VIEW」をご利用ください。

一流エージェントによる長期的なサポート

ASSIGNの創業メンバーは、全員コンサルティングファーム出身。

IBMやRecruit、野村証券、大手海運、グローバルメーカー出身者など、トップ企業で実績を残したエージェントがご支援いたします。

また2021年6月には、株式会社ビズリーチが主催「JAPAN HEADHUNTER AWARDS 2021」にて、弊社取締役 奥井亮が、最も高い結果を残したキャリアエージェントに贈られる 「ヘッドハンター・オブ・ザ・イヤー(大賞)」を受賞いたしました。

実績と信頼のあるコンサルタントが、応募者の長期的なキャリアを見据えて、徹底したサポートをいたします。

» JAPAN HEADHUNTER AWARDS 2021の詳細はこちら

両面型の転職エージェント

ASSIGNでは、担当エージェントが企業と直接やりとりし、常に情報交換をしています。

そのため、転職希望者が直接企業に交渉したり、面接の日程調整をしたりすることは一切ありません。

転職希望者の負担を減らしつつ、転職活動を進められるのが魅力です。

さらに当エージェントは、企業側が求める人材やスキルの最新情報を把握しているので、希望者に事細かくお伝えすることが可能です。

両面型エージェントだからこその、踏み込んだ転職支援が受けられます。

無料でのキャリア相談はこちら

お電話にて30分程度のお時間をいただき、目の前の転職だけでなく将来を見据えたキャリア面談を実施いたします。

面談では、あなたが持つ価値観やキャリアの考え方のヒアリングを行い、転職市場のトレンドや動向などを詳細にお伝えします。

以下のリンクより面談日時をご指定頂き、その場でのご予約が可能です。

ぜひお気軽にご相談ください。