面接攻略のカギ STARフレームワークとは?

面接攻略のカギ STARフレームワークとは?

面接官は面接で聞く質問を事前に用意している場合が多い傾向にあります。その中でSTAR面接(行動面接)と呼ばれるフレームワークを意識していることがあります。

今回はそのフレームワークについてご紹介し企業側の意図を把握することで面接対策の参考にしていただければ幸いです。

STARフレームワークとは?

STARフレームワークとは、候補者の過去の行動について質問をすることで、その人の性格、価値観、行動特性を深く掘り下げていく面接手法を指します。

STARとは以下4つの単語の頭文字を取っています。
・S(Situation):過去の状況について
・T(Task):その時の課題は何か
・A(Action):どういう行動を取ったか
・R(Result):その結果は

Situationとは、候補者が置かれている状況を確認しています。例えば、予算規模、体制・座組、競合関係、大手かベンチャーか、経済・政治状況など会社の状況や外部環境などを確認することで前提条件となる情報を整理します。

Taskとは、どのようなタスクを持っていたかを確認しています。特にそのタスクは能動的に設定したタスクなのか、上司から設定された受動的なタスクなのかは重要な要素となります。

Actionとは、どのような行動を行ったかを確認しています。Taskに対して事前にどのような行動を考え、実行に移したのかについては、その人の価値観が大きく現れる部分であり、1つのTaskに対しても取れるActionは複数かつ効果的な順番もあるため、自らActionを設計できるかは非常に重要です。

Resultとは、どのような成果・結果をもたらしたかを確認しています。Actionがどのような成果を出し、どのようなことを実現したかを定量・定性どちらの観点からも確認されます。特に重要なのは顧客視点で成果を説明できるかについてです。

入社後の再現性を確認

企業側がこのようなSTAR面接、行動面接を採用する目的としては、候補者の価値観を深堀し、入社後にどのようなパフォーマンスを発揮してもらえるか予想するために導入していることが多いです。

再現性については、面接の中で成果だけを深堀して確認したとしても、それが本人の実力によるものなのか、外部環境で「たまたま」成果が出たものか判断がつかないこともあります。

一方で、逆境の中で、成果はあまり出ていないものの、課題の選定・解決策の実行で創意工夫があったときも、質問が成果にフォーカスしすぎると良い面が見えにくくなってしまいます。

面接官側もなるべく候補者の良いところを引き出そうとしており、候補者が本音で話しやすくするために、STARの観点に沿って質問を展開することもあります。

また、面接官がSTARの順番通りに質問してくることもありますが、質問の中に複数の要素が含まれていることもあります。質問例としては以下のようなものが挙げられます。
・困難な状況に対峙したときのことを教えてください。
・これまでに自分が設定した目標について教えてください。
・チームメンバーのモチベーションをどのように上げたか教えてください。

TaskやActionはチームで取り組んでいる場合は自分以外が主語になることもあるため、チームメンバーや部下のTask/Actionの設計ができるかどうはマネジメント層では非常に重要となります。

目標を能動的に設定することができ、チーム全体で目標に向かって進むようにマネジメントできる人はどのような組織も欲しています。

意図を把握し、入念な準備を

企業側の意図・目的を理解することができれば、それに沿うように事前準備を入念に行うことで面接の通過率を上げることができます。

面接官は、自分の会社でも成果を出してくれるだろうか、長く働いてくれるだろうか、カルチャーが合うだろうか、と入社後の姿をイメージをしながら質問をしてきます。

面接官に具体的なイメージを持ってもらうためには、やはり定量的な情報と具体例のバランスが非常に重要です。

定量的な情報とは、例えば、マネジメントと言っても2人なのか20人なのかではマネジメントの責任範囲が全く異なり、 プロジェクト期間も3か月なのか3年なのかでは時間の流れ方のイメージが大きく変わってきます。

具体例も、あまりにも専門的な言葉を使ってしまうと面接官が状況をイメージできなくなってしまうので、一般的な言葉で素人でもイメージがつくようにエピソードを説明できるように工夫してください。

また、面接官がSTARフレームワークのように質問してこなくとも、自身の状況、タスク、行動、成果を定量的かつ具体的に説明する意識を持つことは面接突破率を大幅に向上させます。

特にSituationの説明が抜けてしまう場合が多い印象を受けます。状況を事細かに説明する必要はありませんが、面接官が現業の取り組みをイメージしやすいように、必要最低限の前提情報は説明したほうが良いです。

今回は、面接官が意識しているSTARフレームワークをご紹介しました。面接官の意図を汲み取り、求めている情報を具体的に説明することができれば、面接通過率を上げることができるため、本記事が参考になれば幸いです。

20〜30代ハイエンド特化なら伴走型の転職エージェント「ASSIGN」

株式会社ASSIGNではコンサルファームへの転職支援からスタートし、現在では、経営企画職や営業職など幅広い職種のキャリア形成、転職支援を行っています。

オーダーメイドでの選考対策資料をご用意

20代-30代ハイエンド向けに特化した転職エージェント「ASSIGN」では、初回の面談での案件紹介は行いません。

現職でのご経験や課題感、目指したい将来像をライフプランと併せてお伺いし、次の会社で得るべきスキルや環境を棚卸したキャリアプランを提案します。

その上で、DiSC修了者があなたの価値観と強みを分析し、あなただけの選考対策資料を作成。

  • 転職を考えたきっかけ
  • 今回の転職軸
  • なぜこの業界か
  • なぜこの企業か

など各設問への回答を、専任コンサルタントと共に、妥当性・明確さ・根拠の3点から深掘りします。

また「将来像」「強み/弱み」「現職の活動と工夫」「カルチャーフィット」など頻出質問に対しても、深掘りの観点や注意点を共有し、あなただけのオーダーメイド対策資料をご用意。

資料に基づいて導き出したあなたの面接対策は、模擬面接を通して、エージェントからのフィードバックによってさらに完成度を高めることができます。

さらに応募先企業ごとの企業研究についても、両面型エージェントであるため、各企業様から共有いただく情報をあなたのもとへダイレクトに届けます。

常に最新情報をキャッチアップした上で、選考対策に反映可能。

目先の転職だけでなく、あなたの将来がより豊かで、理想のキャリアやライフプランを実現できるよう、伴走型エージェントとして最大限バックアップいたします。

Everything DiSC:米Wiley社で開発された、世界中で毎年100万人以上が利用するアセスメントツールの認定資格。
行動特性による分析理論であり、MicrosoftやSONYなどで導入されています。

一流エージェントがあなたの専任コンサルタントに

転職エージェントASSIGNの創業メンバーは、全員コンサルティングファーム出身です。

他のメンバーについても、IBM、Recruit、野村証券、大手海運やグローバルメーカー出身者などのトップ企業で実績を残したエージェントがあなたをご支援いたします。

また、両面型のエージェントとして、各企業様に対するフォローや交渉等も直接あなたを担当している専任コンサルタントが一貫して行います。企業様に関する詳細情報のご提供はもちろん、選考時のフィードバックを受けての対策修正、各面接官の見ているポイントなど、現場感のある情報をお伝えできます。

2020年6月には、株式会社ビズリーチが主催、国内No.1のキャリアエージェントを選出する「日本ヘッドハンターサミット」にて、2019年度 コンサルティング部門のMVPを獲得。

*日本ヘッドハンターサミットとは、転職サイト「ビズリーチ」に登録する約3,900名のヘッドハンターの中から、ビズリーチを通じた高い転職支援実績者が表彰される式典のこと。

創業3年目にして名誉ある賞を獲得できたのは、キャリアは「点」ではなく「線」として捉えるというASSIGNが大事にしているビジョンを全てのメンバーが共有しているからこそだと考えています。

転職の成功は、新たなキャリアのスタートにしか過ぎません。
まだまだ改善の余地も大きく、日々改善に努めながら、今後も一人一人に向き合ったご支援をお約束させていただきます。

» 日本ヘッドハンターサミット2020の詳細はこちら

長期的な活躍をサポート

転職エージェントASSIGNは、足元の「点」ではなく「線」で捉えたキャリア支援を実施しています。
そのため、長期的なキャリア支援をサポートしており、あなたの将来像に近い案件情報を定期的にご連絡します。

またご希望に応じてキャリア面談を実施し、キャリアプランの見直しやスキルアップまで完全対応。
転職先で活きるスキルアップセミナーも限定配信しています。

日本初AIキャリアシミュレーション「VIEW」

2019年2月、ASSIGNは、AIキャリアシミュレーション『VIEW(ビュー)』をローンチしました。
VIEWは、弊社の先進的なプロダクトの1つ。
たった3分で経歴と価値観を登録し、AIがあなたに合うキャリアをランキング化。

今ある選択肢の幅が広がり、将来のキャリアストーリーをイメージできます。
また、そのキャリアを歩んだ場合の平均的な年収推移や業務内容、ロールモデルも提示。

VIEWの提案に興味が湧いたら、ワンタップでその領域を専門とするエージェントに相談をすることもできます。

日本初AIキャリアシミュレーションアプリ『VIEW』が、あなたのより良い未来をご提案致します。

無料でのキャリア面談はこちらから。

お電話にて30分程度のお時間を頂き、あなたが持つ価値観へのヒアリングから、キャリアの考え方、転職市場のトレンドや動向等、目の前の転職だけでなく将来を見据えたキャリア面談を実施いたします。

以下のリンクより面談日時をご指定頂き、その場でのご予約が可能です。

ぜひお気軽にご相談ください。