エージェントとしての「役割」は何か。キャリア支援を形づくる

奥井 亮

Ryo Okui

取締役 兼 シニアエージェント

総合系コンサルティングファームに入社し、ITから戦略まで幅広い案件を経験。大手金融・流通業界を中心として支援。 その後、マーケティングリサーチ企業を経て、アサインを共同設立。 コンサルファームやSIer出身者の転職を中心として若手からミドル層に対する支援を幅広く手掛ける。 現在は、コンサル業界においてパートナーファームからの戦略的に重要な案件に対するヘッドハンターとしても活動。

奥井 亮

Ryo Okui

総合系コンサルティングファームに入社し、ITから戦略まで幅広い案件を経験。大手金融・流通業界を中心として支援。 その後、マーケティングリサーチ企業を経て、アサインを共同設立。 コンサルファームやSIer出身者の転職を中心として若手からミドル層に対する支援を幅広く手掛ける。 現在は、コンサル業界においてパートナーファームからの戦略的に重要な案件に対するヘッドハンターとしても活動。

取締役 兼 シニアエージェント

RECRUIT   〉  Member Story   〉  奥井 亮

「転職支援」ではなく「キャリア支援」を。

創業を決意した時、99%失敗すると言われたこともありました。
一方で、これからの時代に求められるキャリア支援への確信も持っていました。
創業から5年間、キャリア支援へのスタンスと確信は、今でも変わっていません。
終身雇用が崩壊し、自分自身でキャリアを歩むことが求められるようになっています。
しかし、キャリアを取り巻く変化が激しい昨今、幅広い選択肢の中で、より自分らしいキャリアを描き、実現することは簡単なことではありません。
我々のミッションは、キャリアのなかで「何を成し遂げたいのか」を一緒に描き、そこから必要な経験・スキルを分解し、環境を提示し、実現へのサポートをすることです。
そのために、エージェントとして、企業として、「十分な支援ができているか」「どうすればより良い支援を提供できるのか」自問し続けています。
転職者のキャリアを叶えるために、エージェントに求められる資質は高く、思い入れだけではなく、ビジネスやキャリアへの理解を併せ持つことが求められます。
これからのキャリアをサポートするために、今はない新たな「キャリア支援」を形づくることに取り組み続けています。

見える世界には限界がある。だからこそエージェントの介在が必要である

「一流のエージェントは一流のビジネスパーソンである」
先の見えないキャリアをサポートし、大切な意思決定に伴走することを役割とするエージェントには、高い実力が求められます。
なぜなら、人が見える世界には限りがあり、転職を考える際に「足元でどうしたいか」のみにフォーカスしてしまうからです。
エージェントが転職者をサポートすることで、中長期を見据えたキャリア戦略を提示することができるのです。
そのために、各業界の成長性や企業ごとの事業方針、資本の投資先やビジネスモデルの理解など、エージェントとして理解すべき内容は多岐に渡ります。
そして、誰よりも転職者の価値観を知る必要があります。価値観とは「好き」で「得意」なものであり、それらを活かすことによって、より可能性が発揮されると信じています。
その方の価値観をどこで活かすべきか。価値観を軸にして、キャリア戦略に落とし込む必要があります。

転職者の活躍をサポートするためにキャリアに伴走する

エージェントは、転職者が「志」に近づくための代理人であると捉えています。
それほど、重要な職業であると考えている反面、やはりキャリアを実現するのは転職者本人なのです。
しかし、私たちがご支援させていただくことで、「普通だと届かないところに届く」これも事実であると考えます。
なぜなら、私たちがキャリアに伴走するからです。
単に寄り添うのではありません。
転職者が転職先で新たな挑戦を行うのであれば、私も実力を高め続けます。全ては転職者により高い価値を還元するためです。
「実力を高め続けること」「伴走型のサポートを行うこと」この2つを実現するからこそ、高い価値提供ができると信じています。
また、社員にも多くの成長の機会を提供します。事業成長をリードするような役割を担うことで、事業がわかる人材から事業をつくれる人材へと一段レイヤーを上げることができるからです。

新たな支援スタイルの確立に向けて

キャリアの自由度が高まる中で、誰一人として、同じキャリアを歩む人はいません。
一方で、キャリアは自由で厳しく、一人一人の目指す姿を叶えるためには、プロフェッショナルとしてのサポートが必要だと考えています。
私たちは、キャリアをサポートすることの重要性を理解しています。
だからこそ、エージェントとして、企業としての支援品質を最優先に考えます。 
短期的な利益を生むマーケティングよりも、長期的な顧客価値を高めるために育成への投資を惜しみません。
私は、これからの「キャリア支援」を社員と創ることに取り組んでいます。
それは、これまでも、これからも変わらず、 より一層の努力や発明が求められます。
既存の支援スタイルは確立されており、人材業界に風穴を空けることは容易ではありません。
今が、キャリア支援の価値を信じ、転職者のキャリアを叶えるための正念場です。
アサインでは、新しい価値を創る人材を募集しています。