「アサインのメンバーと仕事がしたい」本当にやりたい仕事を見つけ、叶える

福田 尚記

Fukuda Naoki

シニアエージェント

京都大学を卒業後、東京海上日動火災保険に入社。その後、外資系コンサルティングファームに転職し、 金融機関のクライアントに対して、戦略立案、業務改善、DX支援など幅広いプロジェクトに参画。 プロジェクトリードを経験した後、アサインに参画。金融業界のバックグラウンドやコンサルティングファームでの実務経験を踏まえた 未経験からのコンサル転職などを中心にキャリアコンサルティングを行う。 また、若手ハイクラス向け転職サイト『VIEW』の事業推進を兼任し、LTV向上を目的とした施策の立案から実行を担う。

福田 尚記

Fukuda Naoki

京都大学を卒業後、東京海上日動火災保険に入社。その後、外資系コンサルティングファームに転職し、 金融機関のクライアントに対して、戦略立案、業務改善、DX支援など幅広いプロジェクトに参画。 プロジェクトリードを経験した後、アサインに参画。金融業界のバックグラウンドやコンサルティングファームでの実務経験を踏まえた 未経験からのコンサル転職などを中心にキャリアコンサルティングを行う。 また、若手ハイクラス向け転職サイト『VIEW』の事業推進を兼任し、LTV向上を目的とした施策の立案から実行を担う。

シニアエージェント

RECRUIT   〉  Member Story   〉  福田 尚記

キャリアのサポートをしたい。心からやりたいと思えたタイミングで転職を決意

「本当にしたいことが見つけられた貴重なタイミング」
アサインへの転職を決めた当時をそのように捉えています。
新卒時の東京海上日動やその後のアクセンチュアへの入社は、明確に「これがしたい」と考えた上での意思決定ではなく、企業のブランドや、給料の高さ、人からの見られ方を重視して決めました。
何をしたいかが明確ではない状態で飛び込んだコンサルファームでしたが、誰かのために働くことや、組織に貢献することが心から好きであるという自分の価値観に気付くことが出来ました。
コンサルファームでは、中途で入る方や反対に転職で出ていく方も多く、様々な人のキャリアを聞いて回っていました。「漠然とキャリアについて課題を感じる。」しかし、どこにも回答がなかったからこその行動だったと思います。
そういった経験で気が付いたことは、キャリアに悩んでいる人が多いことです。だからこそ、そういった人の問題解決をサポートする仕事は、意義のある仕事であると感じました。
そういった背景もあり、アサインへ参画するタイミングでは、明確に人材の仕事をしたい、個人の方のキャリアの課題解決をしたいと心から思えました。
また、「人材業界に風穴を開ける」そういった情熱をアサインのメンバーから感じたことも入社を後押ししました。
そんなことを真剣に言う人は、少なくても私の周りではいません。私自身もそこまで言えるような「志」が当時はなかったからこそ、そういったことを平然と言う人たちに強く惹かれました。

キャリアの充実度は偏差値では測れない。だからこそ転職者の価値観を探す

アサインでは、エージェントとしてコンサル業界への転職を支援しています。
私自身がコンサルファームを経験しているからこそできる支援があると思っていますが、それ以上にかつての私と同様の課題を抱える方の支援をしたいと考えたからです。
同様の課題とは、「何がしたいかを考えてきていない」ということです。
学歴や偏差値、安定や給与の高さなど一般的で分かりやすい指標の中で生きてきたため、何が上で何が評価されるか、偏差値である程度測ってきています。
だからこそ、迷いません。数字の高い場所を選択したら良いからです。
就職においても自分が行ける範囲の中で、「高いところ」にいけば自分は幸せになるはずといった考えを多くの方が持っています。
しかし、キャリアの充実を測る指標はそれだけではないからこそ、結果として、「自分のしたいことではなかった」と思ってしまうわけです。
もちろんキャリアに納得していないことが「悪」ではないです。しかし、ご相談いただく方は、より自らの可能性を発揮したいと考えている方が非常に多いのです。
だからこそ、相対的な良し悪しではなく自分の価値観でキャリアを歩みましょうと面談でお話をします。
「何をしているときが一番面白いのか」「今後何をしたいか」複数の面談を通して、その方の価値観を探します。

VIEWの事業推進責任者として「自分事」としてキャリアを歩みたい

エージェントとしての活動以外には、「VIEW」の事業推進責任者を担っています。
これまでは、キャリアが「自分事」ではなく、会社からの辞令で異動やプロジェクトへのアサインメントが決まる。アサインでは、キャリアを前向きに歩みたいと考えたからこそ、サブミッションとして「VIEW」の事業推進に挑戦しました。
「VIEW」はキャリア形成をサポートするあらゆる機会や情報の提供をミッションにしています。既存のサービスとは異なり、経歴ではなく価値観が主なレコメンドエンジンです。
私自身が感じていた、キャリア選択の軸が企業規模や知名度に偏ってしまっている現状を変えるきっかけを作ることが出来ると、「VIEW」の可能性に惹かれたのも事実です。
事業推進として、このサービスを発展させていくという責任を負っています。具体的には、事業戦略の策定から目標KPIの設計、アライアンスの構築など業務内容は多岐に渡ります。
また、コンテンツを拡充させるというミッションも同時に負っています。
転職活動はどうしても「ショット」になりがちです。
しかし、キャリアを取り巻く環境は日々変化しているからこそ、日常的にキャリアについて考える必要があります。だからこそ、キャリアの情報を提供するためのコンテンツの拡充に力を注ぎます。転職といった切り口だけではなく、ドキュメンテーションやマーケティング、企業価値算定など専門的なスキルを学べるセミナーも実施しています。
「若手ハイクラスの転職サイトなら『VIEW』」
そのような第一想起を目指して、事業推進の責任者として取り組みます。

キャリアの可能性を見出したアサインでの活動

私は大企業にも所属していたことがあるからこそ、それぞれの良さについて理解しています。
その中で、明確にアサインが優れていると感じるのは、「立場が人を育てる」という文化が醸成されている点です。
「できるか分からない。けれどもやってみたい」そういった挑戦を歓迎します。それは、社員一人一人の可能性が発揮されることを信じ、リスクを許容できるアサインならではだと思います。
転職者に対してキャリア形成をサポートするのと同様に、社員のキャリアに対しても、なりたい姿に向けた挑戦を後押しする環境です。
私自身、2つの大きな役割を任せてもらえることで、キャリアの可能性や実力の伸びを実感します。
中長期的に、エージェントと「VIEW」事業推進の二刀流として、高いクオリティーを出すことで組織に貢献していきます。私の挑戦を後押ししてくれる環境に私も応えたい。素直にそのように感じています。