憧れ業界への未経験での挑戦。新たな経験を積む日々と今後のキャリアの展望とは

憧れ業界への未経験での挑戦。新たな経験を積む日々と今後のキャリアの展望とは
右:里様
左:株式会社アサイン シニアエージェント 白石 拓也

大学を卒業後、新卒でCMSの企画販売などを行う会社へ入社。主にホームページ作成関連の営業に従事していました。しかし、自分の視野やキャリアに対する先細りを感じるようになり、転職を考え始めるようになったといいます。

最初はなかなか転職活動がうまく行かず、心が折れかかっていたこともあったそうです。今回は、転職活動の様子や、以前から興味があった人材業界へ転職した今について伺いました。

がむしゃらに就職活動に取り組み、地元長崎の企業へ就職

――まずは、新卒でCMSの企画販売などを行う会社へ就職をした背景について教えてください。

地元である長崎県の会社であることも大きかったですが、1番最初に内定が出たため、入社を決めました。大学生の頃の就職活動では、とにかく内定を取らなければという気持ちが大きく、もうがむしゃらでした。

今になって思えば、当時は自分の軸を決めずに就職してしまったなというのが正直なところです。

しかし、ホームページ作成関連の営業を通して、さまざまな会社の社長や役員などの経営層の方とお会いする機会が多く、業務知見とともに、企業経営層の方々と話をするというスキルが身につきました。

当時は自宅が事務所のような形で、基本的に事務作業は一人でこなしていました。担当エリアが神奈川県全域静岡県全域だったので、日中は移動が多く、夜や早朝に自宅で事務処理をするという日々でした。

――長崎の大学を卒業されて、前職の会社も長崎が本社ですが、転勤で上京されたのでしょうか。

転勤で上京したという形ではなく、最初の配属先が神奈川県でした。そして、そこで5年間勤めた後、転勤で静岡県に2年間行っていました。

――それでは改めて、当時の業務内容を教えてください。

主な業務内容は、CMS(Contents Management System)というホームページ作成のパッケージソフトを代理店を通じて販売するというパートーナー営業です。パートナー企業が大手OA機器メーカーだったので、パートナー企業の営業担当が取引先を訪問される際に同行して、チラシを配ったり、提案書を出したりして商談の機会を作って行くという営業でした。

――日々仕事をする中で、一番最初に転職を考えるようになったきっかけは何でしたか。

自分の視野やキャリアに対する先細りを感じ、不安を持ったのが一番大きな理由です。ずっと1人で仕事をしていると、マーケット情報や成功事例を周囲の人から直接聞く機会がありません。メールやチャットで情報が流れて来ることはありますが、誰かの気持ちや言葉の粒度でインプットできませんでした。

そのため、とても良い仕事だとは思っていましたが、その環境自体が自分の視野や価値観を狭めているのではないかと少し焦りを感じていました。

以前から興味があった業界を初回面談で言い当てられた驚きと期待感

――転職活動はどのように始めましたか。

まずは、大手の転職エージェントを中心に登録をしました。

――そうすると、多くのエージェントとお話したかと思いますが、私と一緒に転職活動を進めていこうと思われたポイントやエージェントに期待していたことは何でしたか。

白石さんとお話をする前にすでに2社のエージェントを通して複数企業に応募していました。しかし、なかなかうまく行かず、少し心が折れかかっていた時に白石さんからお電話をいただき、初めてお話しました。

本音では、ずっと人事業務や人材業界に興味がありましたが、自分のスキル面から転職の可能性がないと思い込んでいたのです。ところが、白石さんとお話していると「人材会社に興味はありませんか?」と言われ、私のことをよく理解してくださる方なのかもしれないと思い、お願いすることにしました。

またこれまで他の方からは、提案していただいていなかったポジションを提案していただけるのでないかという期待もありましたね。

実際、紹介してくださるのが初めて知る企業ばかりで、自分の可能性が広がりました。

――営業職中心の転職活動をしていたものの、本音では営業をやりたいという思いはあまりなかったということですよね。

そうですね。

あまり営業職感はないけれど、私のコミュニケーション能力などのスキル面や、お客様に寄り添う顧客志向の考え方などを加味して、人材業界を勧めていただきました。

――面接中心の選考対策をしましたが、いかがでしたか。

当時、本当に面接が苦手で、せっかくのチャンスを逃さないようにと、しっかりと面接対策をしていただきました。

面接対策では、自分のキャリアの棚卸しができて、まだまだ考えが浅いと思う部分も多く発見して、とてもいい経験になったと今でも思っています。

対策の甲斐もあり、今は途切れることなく、すらすらと話ができるようになりました。

――私としては、里様のスキル面や価値観から受かると確信していましたが、世界拠点もある大手人材会社から内定が出た時はやはり嬉しかったですか。

とても嬉しかったです!

昨年の春頃からいくつかのエージェントとお話させていただき、10社以上応募しましたが、なかなか決まらないという状況が続いていました。そのような状況の中で以前から興味があった人材業界の内定を取れたわけなので、涙が出るほど嬉しかったです。

最初は諦めていた人材業界へ転職。未経験業界での挑戦

――入社後は、前職の経験からデジタル管轄という花形部署に配属されたかと思うのですが、未経験の領域ゆえ、最初はやはり苦戦しましたか。

苦戦しましたね。実のところ、コンサルティングファームやSierという言葉は、入社後初めて知りました。そのため、「ファームって何?」というところから、彼らのビジネスモデルを理解するところからキャッチアップが必要でした。

さらに、ルールや法律など人材業界のABCを覚えることや、面談の進め方のロールプレイング練習、自分が担当する領域のマーケット情報の仕入れなど、一杯一杯の状態でした。

――確か入社して1ヶ月、ちょうど研修が終わるタイミングでお声がけさせていただいた時も結構大変とおっしゃっていましたよね。その一方で、人間関係は良好ということで一安心しました。
その後、入社して半年くらいの頃に初めて支援させていただけたと連絡をいただいた時は自分のことのように嬉しかったです。

僕も本当に嬉しかったです。このご縁を作ってくださったのは白石さんなので、初めて支援させていただけた時には絶対に連絡しようと思っていました。

――今の業務はやはり難しいですか。

非常に難しいです。

デジタル領域は激動の毎日のため、自分で日々新鮮な情報をアップデートし続け、候補者様にアウトプットして行く必要があります。さらに、クライアントの人事担当者とも常に情報共有し、組織の課題や採用状況に合わせた候補者紹介をしなければなりません。

双方の間に入って、それぞれとやり取りしながら、日々キャッチアップをして、話を進めて行くのが本当に大変です。

――今の仕事にやりがいは感じていますか。

はい、毎日やりがいを感じています。

客観的にみると、私のスタイルはどちらかというと候補者寄りです。

先ほどお話した初成約のときに求職者の方から言われた「こんなに自分にフィットする企業があるとは知りませんでした。里さんに支援してもらって本当に良かったです。」という言葉は、今でも思い出に残っています。

今もその候補者の方とコミュニケーションを取っていて、入社1ヶ月目なのでメールでやりとりをさせていただいています。一度ランチでもご一緒して、会社の雰囲気などをお聞きしたいなとちょうど考えているところです。

――本当に求職者に寄り添っているという感じが里様らしいですね。ランチに行くなど、支援後にコミュニケーションを取るのもエージェント次第ですか。

会社としては推奨されていますが、やるかやらないかは人によってさまざまです。私は積極的にやっていきたいと考えています。

やっと初成約の方が、今月入社という段階なので、これから徐々に増えていくと思って、ワクワクしています。

人材業界での充実した日々。今後思い描くキャリアプランとは

――転職活動当時お話されていたように、今後は人事業務もやっていきたいと考えているところですか。

フェーズを踏むごとに思考は変わって行くので、今後の自分がどのように考えるかはわからないなと考えています。このまま現職で長く働くかもしれませんし、また転職を考えるかもしれません。しかし、現段階でのキャリアビジョンとしては、ここで培ったスキルを企業側のリクルーターとして役立てるという選択肢もいいかなと思っています。

また、昔から興味がある大学のキャリア相談も選択肢の1つかなと考えています。

今はそのための知識と経験を積むステージだと考えていて、この時間は絶対に無駄にならないと信じています。

――入社をされてから仕事の向き合い今の会社はどちらかと言うと、30代から50代を中心にしたミドル向けですが、そこから若手向けの方に移って行きたいというところがあるのですね。

自分がこの10年間で経験してきたことを自分よりも年上の人に伝えるのは、今の会社でも十分出来ると思います。その次のチャレンジとして、新しい領域を考えています。

これから先、私は年齢を重ねる一方ですが、20代の方々にもこの経験は絶対に伝えられると思っていて、それを考えるとワクワクします。

――確かに里様の場合、「対ひと」というのが好きそうですので、人のキャリア支援を軸足としてずっと続けていくというのは悪くないと思います。その場合、ミドル向けハイクラスの転職支援のスキルを付けた上で、若手の支援にシフトチェンジということで、とても素敵なキャリアになりますね。

まだ今の会社に入社して1年も経っていませんが、おぼろげながらこの仕事は自分に向いているのではないかと思うようになり、自信を持てる部分が増えてきました。

正直に言うと、前職では感じられなかったことなので、そこを見つけられたことは、とても大きいと思います。

――やりがいを感じながら、働かれているご様子を伺えて嬉しい限りです。本日のお時間をいただきましてありがとうございました。

白石 拓也 ❘ Takuya Shiraishi
シニアエージェント

DX系スタートアップにて、アカウント営業を経て、大阪支社の立ち上げに従事。 プレイングマネージャーとして、創業からマザーズ上場までを経験。 若手~部長クラスの営業経験者のキャリアアップに強みを持ち、 企業側とのパイプを活かし、戦略的に重要な案件のヘッドハンターとしても活動。

エージェントメッセージ
まずはお気軽に現職での迷いやキャリアについてお話しください。転職ありきではなく、寄り添ったキャリア支援で伴走させていただきます。