ASSIGN MEDIA

やりたい仕事を実現したいという思いで転身、地方銀行から日立製作所へ

右:杉本様
左:株式会社アサイン シニアエージェント 山上 訓平

一人っ子ゆえに地元で働かねばという理由から地元の老舗地方銀行に就職したものの、本当にやりたい業務はこれではないのではと悩み続けて、転職を決意した杉本様。大手Slerである日立製作所に転職し、銀行勤務の経験を活かして活躍をしてらっしゃいます。

どのように転職活動を行ったのかや、夢である地域活性化の信念をお聞きしました。

「やりたいことをせずに人生を終える不安」を解消したい

─前職の老舗地方銀行に入社した理由はどういったものでしたか

私は一人っ子なので、地元に帰ることを前提として考えておりました。その上で、多くの人を下から支えるインフラ関係を中心軸として、地元の銀行・電力などの業界を選んでおりました。その中でも前職の老舗地方銀行は個人や会社、地域に根差す金融機関であり、自分の実力を高める環境に適していると思い入社を決めました。

─前職ではどんな業務をしていましたか

個人・法人のリテール営業です。1年目は内勤で事務に近い業務を行っておりましたが、2年目からは法人営業として個人事業主や法人の社長との面談を通じてご融資を決める業務をしておりました。他には新しい金融商品の提案もしておりました。

裁量権があまり与えられていないので、どうしても保守的な一面を考えながら営業をしなければいけませんでした。のびのびとお客さんに寄り添うことができず、前職の課題感はそこにありました。

─転職のきっかけはどんなものがありましたか。

正直なところ、レッドオーシャンな金融業界で生き残ろうとする地方銀行の将来性に不安を感じておりました。地方銀行は、地場産業ならではの強み、地場のビッグデータを大量に保有しているものの、競合他社の参入が多く、その他社が力をつけていく状況に危機感を覚えてしまいました。

長期的に考えた際、このままのキャリアで良いのかと感じたことが何よりの要因です。時代に合わせてなるべく色々なキャリアを積んで、人間的にも成長したいと考え、経験を増やす為に転職活動を検討するようになりました。

ただ、1人っ子故に地元に帰ろうと決意した就活時の自分や、生まれてからずっと私を支えてくれた両親に対して転職することは裏切る行為そのものなのではないかと考えてしまうこともあり、転職活動に本気で取り組めないまま、現状で足踏みし続けるしかなかったのも事実です。

年齢的な制約ももちろんありましたが、何より転職の決め手となったのは、自分の興味がある分野で働けるチャンスがあったことです。不安よりも好奇心が勝ったからこそ踏み切れたのだと思います。

不安な転職活動も、絶対なる信頼を置ける存在と一緒だから乗り越えられた

─転職するにあたって、不安はありましたか。

自分で転職先を探すことに不安しかありませんでした。自分なりに調べてはみましたが、膨大過ぎてどれを選べばいいのかわかりませんでした。また、企業研究をしようとしても上場企業だけでなく中小企業も多く、IR情報も見つけられないので、困り果てておりました。

転職におけるリテラシーが低く、数多の情報をどのようにして取捨選択すればいいのかが全く分かりませんでした。そのため、初めのうちは転職の進捗がない状況が続いておりました。自分で就職活動をしていた時も、事前に伝えられていた内容と現実が全然違ったのもあり、疑心暗鬼になっておりました。

─転職をするにあたって、どのように業界を絞っていましたか

一人っ子なので地元四国を中心に働けること、且つ、前職の銀行員としての経験からシステムは大事であると感じていたので、時流に合った分野でキャリアアップさせるためにある程度応用が効くシステムに関わる分野での提案営業を希望しておりました。

それをしておかないと、時代に少しずつ取り残されていくだろうと感じていたからです。

─エージェントに期待することはどんなものでしたか

山上さんだから大丈夫だと安心しておりました。山上さんとは知人ですし、その人柄を理解していたからこそ身を預けていいと思いました。

私が山上さんに期待するというより、山上さんが人事目線で僕に期待してくれているのは何であるのかを汲み取ってその期待に応えることをより意識していました。

ありのままの自分を面接で出し切ることに注力

─転職活動から得た気付きはありますか

活動している時ではなく、すべてが終わってから気づいたことがあります。

前職は未熟な私にとって成長する素晴らしい環境でした。ただし客観的に自分がどれほど成長しているのか分からず、あまり自信を持てずにいました。

ですが、今回の転職活動を経て大手企業に内定をいただけたことが自身の社会的価値を再認識することとなり、自己肯定感と向上心が更に育まれた様に感じます。

─選考対策ではどんなことをしましたか。

人事的着眼点を意識した面接対策をしていただきました。言葉尻や論理的構造を意識した話し方についても指導していただきました。
また、環境はランクアップしたいと思っておりましたが、平常通りにそこで働けるように面接ではありのままの自分を出すことを意識してこだわりました。特に見栄をはらないことに気をつけておりました。
ある程度のランクまで引き上げてスタートラインに立たせてくれるのがエージェントの方の力だと思います。そこから先の人間性に関しては、どうしても自分自身で走りきらないといけない部分だと実感していたので、そこを完走するために自分を虚飾することのないように臨んでおりました。

銀行の業務とは別次元の世界観との遭遇に驚きと喜びの日々

─日立製作所ではどんな業務をしていますか

前職の銀行での営業経験を活かして、提案営業やバージョンアップの依頼があったら応える業務をしております。これからIT化が進む上で、銀行の現場の働き方や本部との連携などに関わるシステムや入出金のような勘定系のシステムを主に取り扱っています。

─手応えはいかがでしょうか

銀行員としての人生しか知らないよりも、絶対に転職してよかったと考えております。大学時代のゼミの教授にいろいろな世界を見てほしいと指導されていたのを思い出しました。地方銀行の業務に携わっていたままだとしても、様々な社長さんと関わることになり、それぞれが持つ世界観に触れることで人間的な成長はあったように思います。お客さんは確実に僕を鍛えてくれてもいました。

ただ日立製作所での業務は、業種を超えてお金のやり取りだけではない、生活や働き方をガラッと変えてしまう別次元の世界観に触れることができております。これは前職では得られない経験です。

─仕事のモチベーションはどうでしょうか

新入社員ではないですが未経験の業種なので、まずは業界を知ろうという精神で働いております。しかし即戦力として期待されている部分もあるので、これまでの経験を活かすチャンスを逃さぬようにアンテナを張っております。

長期的なキャリアビジョン。地元四国活性化への想い

─今後のキャリアはどうお考えでしょうか。

前職の銀行では最初の目標数値はきつかったものの、お客様との信頼関係が構築できれば、どんどん案件をもらうことが出来ておりました。4年目にもなっていたので、新規開拓の楽しさも分かってきたところでした。その中で転職をしたわけですが、銀行での3年半の経験を生かして、前職の皆さんや地方銀行の方々に恩返しができるような提案営業を出来るようになりたいと考えております。本部が管理しやすいシステムではなく、現場を見据えたシステムによるものです。

─長期的にはどのようなビジョンをお持ちですか

今後も日本は過疎化が進んでいき、東京や大阪のような都市部には人が集まっていくと思います。コロナ禍によってリモート環境で働く場所を選ばない仕事の選択肢が増えている今だからこそ、働き口を増やすことで地元の活性化を促していきたいです。

いろいろな人に四国を訪れてほしい。来ていただくために特にインフラ関係の基盤づくりは必須であり、日立製作所での業務を通じて、その部分のシステムづくりを進めていきたいと思います。

銀行には地場産業を支える大事な役割があります。銀行を活性化させることができれば、地方全体のお金の巡りも良くなり、色んな産業が四国にやってきます。地元産業が盛り上がれば、銀行もまた盛り上がっていきます。そうした好循環を生み出すことで、四国全体を活性化することができると信じています。

その手助けをすることが、わたしの夢です。

ー杉本さんとも長く関わっておりますが、現在の目標に向かって努力されている姿は非常に活き活きされているなと感じました。今後も目指したい姿の実現に向けて、引き続きサポートさせていただければと思います。

本日は貴重なお時間をいただきましてありがとうございました。

ASSIGN

アサインはビズリーチの最高ランク受賞等、確かな実績を持つエージェントと、若手ハイエンド向け転職サイト『ASSIGN』であなたのキャリアを支援しています。 コンサルティング業界専門のキャリア支援から始まり、現在ではハイエンド層の営業職・企画職・管理職など幅広い支援を行っています。 ご経験と価値観をお伺いし、目指す姿から逆算したキャリア戦略をご提案し、ご納得いただいた上で案件をご紹介するのが、弊社のキャリア支援の特徴です。

企業詳細へ

PICKUP / 編集者おすすめ

" alt="パーパス経営を掲げるEY特有の人事制度">

パーパス経営を掲げるEY特有の人事制度

インタビュー
" alt="一流のコンサルタントを輩出するPwCコンサルティングが掲げる「短期ではなく、長期で活躍できる人材を育てる文化」とは">

一流のコンサルタントを輩出するPwCコンサルティングが掲げる「短期ではなく、長期で活躍できる人材を育てる文化」とは

インタビュー
" alt="クライアントへ価値を届けるプロフェッショナルを育て続けるデロイトトーマツの仕組みとDNA">

クライアントへ価値を届けるプロフェッショナルを育て続けるデロイトトーマツの仕組みとDNA

インタビュー
" alt="新卒と中途の違いとは。転職における業界選定やキャリア構築の重要性を解説">

新卒と中途の違いとは。転職における業界選定やキャリア構築の重要性を解説

キャリアコラム
" alt="シグマクシスの平均年収。気になる福利厚生や昇給、残業について解説">

シグマクシスの平均年収。気になる福利厚生や昇給、残業について解説

コンサルコラム