「誰かを支援するということに喜びを感じる」転職活動を通じて気づいた価値観から、クライアント支援に挑戦

「誰かを支援するということに喜びを感じる」転職活動を通じて気づいた価値観から、クライアント支援に挑戦
右: 島倉様
左:株式会社アサイン シニアエージェント 石井 秀平

地元の銀行に新卒入社し、頭取賞を受賞するなど順調なキャリアを築いていた島倉さん。
本当にクライアントの成長にコミットできているのか、という課題感から転職活動をスタートしました。

担当エージェント石井との転職活動を通じ、「誰かを支援するということに喜びを感じる」という価値観に気づいたことから多くのクライアントを支援できる営業コンサルティング会社へ入社。

現職での仕事内容や今後の展望についてお話をお伺いしました。

新卒時は軸を決めずに銀行へ。活躍する中で見えてきた課題感

――まずは、前職の銀行へ入社された理由についてお伺いしたいのですが、新卒時は何か軸をお持ちでしたか?

実は、新卒時の就職活動では軸を特に考えていませんでした。

趣味の車を楽しむためにお金を稼ぐ必要はあるものの、土日休みなどのワークライフバランスも重視したい。何社か受けてみましたが、それなりに安定した給料を稼ぐことができて、かつ全国転勤もなさそうという理由から地方銀行を選択しました。

地元の銀行だった理由も、地元が埼玉県だったので一番慣れ親しんでいるし、働くイメージが湧きやすいと思ったからです。

――地元の企業で安心感がある、という理由だったのですね。前職での仕事内容についてもお伺いしてよろしいでしょうか

最初はジョブローテーション期間を通して、色々な部署を経験しました。
窓口業務から始まり、半年後に融資課へ配属され、先輩方の外回りについて回ることで仕事を覚えていきました。

丸一年経過した頃から少しずつ法人の担当を任せていただけるようになりましたが、最初はどのようにすればいいか分からず、とにかく仲良くなろうとしていました。
銀行では営業のノウハウを教えてもらうということがなかったので、経営者の懐に入っていくようなスタイルしか知らなかったんです。

新卒時は生活を重視して漠然と会社を決めたので、正直に言うとどんな仕事内容をするかや今後のキャリアのことはあまり考えていませんでした。

――それでは、ご入社されてから、キャリアについて課題や不安な点を感じるようになったのでしょうか。

実際に働きはじめて、徐々に仕事に対して違和感を覚えるようになりました。上司の働き方を見ていると、本当にやるべきことにコミットできていないように思えたんです。

銀行の本来の仕事は融資などを通じて企業の成長に貢献していくことですが、トップダウンの社風が作用してか、どちらかというと社内評価のために活動している人が多い。

そこで自分のキャリアを考えたときに、10年後こういうビジネスマンになりたいかというと違うな、と考えるようになりました。
勿論、若手のうちから経営者と話ができる環境や財務的な知見を習得できるという部分は魅力的でしたが、若いうちにキャリアを変えようという気持ちは高まっていきました。

周りの親しい友人や優秀な先輩も3年目を目安に転職している人が多く、転職が身近な環境だったため、すぐに転職活動をスタートしました。ただ、最初に自分で動いていく中で、不安は常にありましたね。

転職活動を通じて気づいた「誰かを支援するということに喜びを感じる」という価値観

――転職を始めるにあたって、進め方や履歴書など悩まれる方は多いですね。島倉さんはどのような場面で不安を感じていたのでしょうか。

一番は、転職した先が自分の価値観に合うのだろうかという点です。

先ほどもお伝えしましたが、銀行も良い仕事だし、面白いとも感じていたんです。なので、転職した後に「前の仕事の方が良かった」と思うことがあったらどうしよう、と不安でした。

ただ、やはり顧客ではなく身内にコミットすることでキャリアを積んでいくのは違うと思っていたので、まずはとにかく活動してみる、といった状況でした。

――実際、私と初めて面談をした際には、既に他社のエージェントともお話しされていましたよね。

最初は大手のエージェントさんの話を幾つか聞いていました。そこではまず、希望の条件を聞かれて、それに見合う求人がバーッと送られてくるといった感じでしたね。

その時点では、なんとなく「銀行ではない気がする」という思いと、周りが転職をしているからという理由で活動していて、何がしたいというものはなかったんです。

――なるほど、そのような中での面談だったのですね。
エージェントに求める内容として、「正しい情報提供をしてほしい」や「どのようなキャリアプランがあるのか」など、人によって異なるかと思いますが、島倉さんの場合は何を期待されていらっしゃいましたか?

ざっくばらんに状況を話して、聞いてもらいたいと思っていました。

その上で、「だったらここに行った方がよいのではないですか?」、「転職された方がよいのではないのですか?」と導いてくれる人に出会いたい。自分では何もわかっていなかったのでポジションを取って導いてくれる人が良かったんです。
石井さんはまさにそういうタイプの方でした。

―― 最初の面談が懐かしいですね。それから実際に活動していく中で、ご自身の価値観について新しい気づきはありましたか。

今まで自分は直感的に、感覚に任せて動いていたのだなということを認識しましたね。

前職で頭取賞を獲得した際のことを深堀していただいても、「なぜ取れたのですか」と聞かれてまったく言葉が出てきませんでした。そこで、自分は直感で行動していて、言語に落とし込むことが苦手なのだと理解しました。

同時に、今後部下を持ってマネジメントをしていくとなった際に、このままではまずい、と感じました。

また、自分が一貫して「誰かを支援するということに喜びを感じる」と気づいたとき、感動したのを覚えています。

最初、石井さんから過去のヒアリングをされた時は何が始まったのだろうと思ったのですが、色々話していくと、一貫して自分が喜びに感じている部分は「誰かの支援をすること」だったんです。

転職先でクライアントを支援する中で感じるやりがい

――学生時代の応援団でのご活躍の話や、前職において結果が出ない後輩の方に仕事を教えるといったお話もありましたね。
そういった価値観を踏まえて現職の営業コンサルティング会社をご紹介差し上げたのですが、最終的な決め手は何だったのでしょうか。

まず、営業代行という業態で、相手の企業を支援する仕事なので向いているかもしれないなと思いました。

スキル面では、直感的に行動して結果を残すことは得意でも、再現性のあるロジックを持っていないことが課題でした。社内にノウハウがあって、様々なプロダクトを扱えるこの会社だったらそれらが叶うと考えました。

また、最終面接が社長だったのですが、すごくユーモアがあって魅力的な方でした。
面接の中で「私はこういうことができません、これが苦手です」とお伝えしたところ、うちの会社に来ればできるようになるよ、とお話しいただいて、そこで行こうと決心しました。

――実際、ご転職された先は色々なプロジェクトがある会社さんですので、良い経験を積めているかと思います。最近はどのようなお仕事をされているのでしょうか。

今は大手事業会社の新規事業でフィールドセールスのご支援をさせていただいています。サービス自体も面白いし、業務内容としてもやりがいを感じています。

新規事業であるが故にあまりルールがなく、手を挙げると任せてもらえることが多いです。

例えば、お客様に提案する際の資料が見づらいと感じていて、スキルに不安はあったものの「提案書を私に作らせてください」とお願いしたことがあります。
その時すぐに「いいよ」と言っていただけて、結果的にクライアントから提案書について表彰していただいたんです。

多くのことに挑戦することができて、日々実力がついていっていると感じます。

見えてきた、やっていきたい方向と自分の軸

――今後、どのようなことに挑戦していきたい、どういうチャレンジをしていきたいというイメージはありますか?

先ほどの新規事業のような、裁量を持たせていただける案件をどんどんやっていきたいですね。

様々なクライアントの役に立つような案件に、一から携わっていき、仕組みを作っていきたいです。新規事業は方向性を決めるところから行うので、1か月ごとに方針が変わるようなスピード感なのですが、やっていて面白い、自分に合っているなと思います。

再現性のある方法で売上を立てられたり納品ができたりすると「その方法をセールスモデルとして採用したい」と言っていただけることがあって、クライアントに貢献できていると実感できるのが嬉しいです。

ですから、そういった経験をもっと積んでいきたいですね。

――現職のお話をされている様子から、充実していることが伝わってきました。今後も更に良いキャリアを歩めるよう、ご支援させていただきたく存じます。本日はありがとうございました。


石井 秀平 ❘ Shuhei Ishii
シニアエージェント
大阪大学を卒業後、スポーツ業界のグローバルメーカーに入社。 販売チャネルの開拓プロジェクトをリードした後、エリアマネジメントを担い、ブランドシェアの拡大をミッションに、店舗開発や与実分析に従事。 その後、創業メンバーとしてアサインに参画。営業経験者のキャリアアップに強みを持ち、若手ハイエンド特化でのキャリア支援を行う。 また、顧客コミュニケーションの設計から運用までを担う。