転職サイトのスカウト機能の仕組みについて解説。メリットやデメリットも

転職サイトのスカウト機能の仕組みについて解説。メリットやデメリットも

多くの転職サイトには、スカウト機能が存在します。

スカウトとは、転職希望者のスキルや経歴を見た企業や転職サイト担当者からメールが送られてくるというものです。

しかし、スカウトサービスが本当に転職に役立つのか、疑問を抱いている人も多いのではないでしょうか。

実際のところ、一口にスカウトといってもいくつか種類があり、なかにはあまり期待できないスカウト機能があるのも事実です。

そこで本記事では、転職サイトのスカウト機能の仕組みや、使用するメリット・デメリットを解説します。

また、スカウト機能付きのおすすめ転職サイト・転職アプリも合わせて紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

転職サイトのスカウト機能の仕組みについて

転職活動

スカウト機能とは、提携している企業や転職サイトの担当者からメールで直接スカウトが届くサービスです。

スカウトの流れとしては、初めにスカウトを受け取りたい転職希望者が自分の経歴やスキル、希望条件などを登録しておきます。

その後、その登録した内容に興味を持った企業の採用担当者や転職サイトから、スカウトとして連絡が届くという流れです。

スカウトを受けるにあたって登録した名前や生年月日、現職の会社名などの情報は、企業側には一切公開されません。

そのため、転職活動をしていることが企業側に知られたくない場合でも、安心して利用できます。

転職サイトのスカウト機能の種類

転職活動

転職サイトのスカウト機能には、主に4つの種類があります。

ここからは、それぞれのスカウト機能の特徴について説明します。

転職サイトからの自動送信

まず1つ目が、転職サイトから自動で送られてくるスカウトです。

スカウト機能を利用していて、「自分の経歴とは全く合わないような求人が届いた」という人もいると思います。

このようなマッチしない求人案件が送られている場合は、ほとんど自動送信です。

プロフィールに記載した住所や年齢などを元に、自動で送信されています。

転職サイト側としても、自動送信のスカウトにはそこまで力を入れておらず、マッチング率は非常に低めです。

たまたまよい求人が見つかる可能性はあるものの、企業側が自分のスキルを評価してスカウトを出したわけではないため、あまり期待はできません。

転職サイト担当者からのメール

転職サイトの担当者から送られてくるスカウトメールです。

こちらのタイプは、転職サイトの担当者が本人の経歴やスキルを確認した上でマッチする求人を送っているため、自分に興味がある求人が送られてくる可能性が高まります。

ただし、企業の代わりにサイト側がスカウトを配信しているので、企業側があなたの経歴やスキルを見ているわけではありません。

気になったスカウトメールに返信することで、転職サイト側が企業側と求職者を仲介し、選考・面接へとつなげてくれます。

自動送信のメールよりスカウトの質もよく、マッチングが期待できます。

企業採用担当者からのメール

人材を募集している企業の採用担当者が、求職者に直接スカウトを送るメールです。

こちらの場合では、スカウトを送るにあたって企業側が直接スキルや経歴を確認し、ぜひ採用したいと思った人材だけにメールを送信しています。

企業側があなたの必要性を感じた上で配信しているため、他のスカウトよりもマッチング率は高い傾向です。

また、書類選考をすでに合格とし、いきなり面接を受けられるという面接確約のスカウトも存在します。

企業側から直接メールが届いた場合には、企業や業務について詳細を確認し、自分が働きたいかを考えた上で、早めに返信するよう心がけてください。

提携転職エージェントからのメール

転職サイトと連携した転職エージェントから送られるスカウトもあります。

こちらのタイプは、転職サイトの担当者から送られるスカウトと同様、企業の代わりに転職エージェントがスカウトを配信しています。

エージェント側は求職者のスキルや経歴を見た上でスカウトを送っているため、自分とマッチした求人が見つかる可能性も高まります。

また、エージェントは提出書類の添削や面接対策、企業との連絡代行などをサポートしてくれるため、転職においては非常に役立つ存在です。

転職サイトのスカウト機能のメリット

転職サイトにおけるスカウト機能のメリットは、自分で探す手間を省きながら、自分の経歴とマッチする求人を見つけられる点です。

求人検索のみの転職サイトであれば、基本的に自ら動かなければ自分に適した求人に出会うことができません。

しかし、スカウト機能を活用すれば、スカウトを待っているだけで自分に合った求人を提示してくれます。

検索と並行してスカウト機能を用いることで、自分とマッチする求人に出会える確率が大幅に上がります。

また、スカウトの種類によっては書類選考を飛ばし面接を確約するスカウトもあり、内定獲得までの流れを早く進められるという魅力もあります。

採用までの流れをスムーズに進められるため、効率のよい転職活動を実現します。

転職サイトのスカウト機能のデメリット

一方で、スカウト機能のデメリットもあります。

上記でも紹介した通り、自動配信で送られているスカウトメールは本人のスキルや経歴を考慮していないため、企業とのマッチングを期待できません。

そのためスカウト機能を使用する際には、どのタイプのスカウトであるかをあらかじめ確認する必要があります。

また、スカウト機能に期待しすぎてしまい、転職活動自体が受け身になってしまう点もデメリットです。

企業からの直接スカウトの場合、2、3ヶ月以上待ってもスカウトが1通も届かないという人材も少なくありません。

転職活動をだらだらと進めないためにも、スカウト機能に頼りすぎることなく、自ら転職先を探す・検索することも大切です。

内定率を高めるスカウトメールの見分け方

ノートと資料

スカウトメールの種類はいくつかありますが、そのなかで内定率の高いメールをどのように見分ければよいのでしょうか。

大きなポイントとしては、スカウトメールの文面です。

文面を見れば、多くのサイト利用者に一斉に送られるメールであるかどうかが、一目瞭然です。

企業側から直接スカウトの場合、あるいはサイトやエージェントの担当者からのスカウトの場合は、文面に「なぜあなたをスカウトしたのか」が具体的に書かれています。

全く興味のない求人が届いた、あるいは使い回しのメールが届いた場合、それ以降に届くメールもチェックしなくてよいです。

また、毎週送られてくるようなスカウトメールも、ほとんどが自動一斉配信であるため、確認する必要はありません。

このように、メールのなかでスカウト理由が具体的に書かれているか、使い回しメールではないかで判断するとよいです。

スカウト機能付きの転職サイト一覧

ここでは、スカウト機能付きの転職サイトを6つご紹介します。

それぞれのサイトによって細かな機能やスカウトの種類が異なるので、自分に合ったサイトを選ぶようにしてください。

doda

doda

出典元:doda

dodaは転職サイトと転職エージェントが連携して運営する、総合型転職サービスです。

dodaが扱う求人数は、105,008件(2021年10月29日時点)と業界最多です。

扱っている求人自体もdodaが独自で入手したものが多く、dodaでしか受け取れないスカウトを受け取ることも可能です。

スカウトの種類は、以下の3種類があります。

  • 自動配信スカウト
  • 企業からの面接確約スカウト
  • 非公開求人に登録した人だけに送るスカウト

面接確約スカウトは、企業側から直接送られるものであり、マッチング率も非常に高いです。

dodaが独自に用意したWeb履歴書や自己PRを詳しく書き、こまめに更新しておくことで、より質の高いスカウトが届きやすくなります。

業界問わず、多くの求人に触れたい人におすすめの転職サイトです。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

出典:リクナビNEXT

リクナビNEXTは、株式会社リクルートキャリアが運営する日本最大級の転職サービスです。

リクナビNEXTでは、2万社以上のオファー利用企業がおり、400社以上の転職エージェントからのオファーを実施しています。

(※ここではスカウトをオファーと呼んでいますが、スカウトと同義です。)

ほかの転職サイトと異なる点として、リクナビと連携する数多くの転職エージェントからスカウトが受け取れる点です。

オファーの種類は、以下3種類です。

  • 転職エージェントからのオファー
  • 転職エージェントが取り扱う求人企業からのオファー
  • 企業からの直接オファー

自分の経歴に合ったスカウトを、数多く受け取りたい人におすすめです。

type

type

出典:type

typeは、type転職エージェントと連携して運営する転職サイトです。

利用者の6割以上が20〜30代で、キャリアアップを目指す若手人材が多く利用しています。

公開求人数は約2,600件(2021年10月時点)と、ほかに比べて少なめですが、高収入の求人やIT・エンジニア系の求人を多く取り揃えています。

スカウトの種類としては、企業採用担当者からの直接スカウトのみ実施しています。

そのため、スカウトの質が高く、選考の通過率も高いのが特徴です。

また、一般公開されないシークレット求人から直接スカウトが届くこともあります。

特にIT系に強い転職サイトからスカウトを受けたい人や、20〜30代でキャリアアップを目指す人におすすめのサイトです。

マイナビ転職

マイナビ転職

出典:マイナビ転職

マイナビ転職は、マイナビグループが運営する大手転職サイトです。

大手企業をはじめ、有名な地方企業の求人も多数掲載されています。

またマイナビ転職は、取り扱う求人のうち85%がマイナビ限定であるため(2021年4月15日時点)、ほかにはない求人に出会うことができます。

スカウトの種類は、以下の4つです。

  • 希望や条件、経験に合った求人が送られるスカウト
  • 転職エージェントからのスカウト
  • 企業が直接送るプレミアムスカウト

マイナビ転職は、地域や業界を問わず幅広い企業のなかから転職先を探したい人におすすめです。

エン転職

エン転職

出典:エン転職

エン転職は、株式会社エン・ジャパンが運営する転職サービスです。

エン転職では、就転職や採用の瞬間をゴールとせず「入社後活躍」というモットーを掲げているのが特徴です。

そのため、転職を煽ることは一切なく、求人企業のよい点・そうでない点をすべて開示し、入社後のギャップを予防しています。

エン転職のスカウトサービスは、主に以下の3種類です。

  • 企業からの直接スカウト
  • 転職エージェントからのスカウト
  • 求人企業の求める条件と合致したらオファーとして案内が届く

企業からの直接スカウトでは、前給保証や一次面接免除などの特典が付く場合もあります。

求職者にとって安心のサポート体制の元、質の高いスカウトを受けたい人におすすめです。

キャリトレ

キャリトレ

出典:キャリトレ

キャリトレは、転職希望者と企業がマッチングするための転職サービスです。

掲載されている企業情報を見て、興味があるものに「気になる」ボタンを押し、企業側とマッチしたら直接スカウトが送られてきます。

キャリトレは、キャリアアップを目指す20代の転職に特化しており、ベンチャー企業から大手企業まで幅広い求人を掲載しています。

スカウトの種類は以下の2種類です。

  • 企業から直接届くスカウト(面談確約)
  • ヘッドハンターからのスカウト

20代でのキャリアアップを目指す人におすすめの転職サイトです。

スカウト機能付きの転職アプリ

スカウト機能付きの転職アプリは、外出中やちょっとした隙間時間にも活用できるため、効率よく企業探しをする上で非常に便利です。

ここでは、スカウト機能付きの転職アプリを2つ紹介します。

キャリトレ

キャリトレ

出典元:キャリトレ

先ほど紹介したキャリトレには、転職用アプリも提供しています。

キャリトレは、株式会社ビズリーチが提供する、20代向けの転職アプリです。

AIが転職希望者のアプリ内行動(求人の閲覧や条件の検索など)を分析し、希望条件に合った求人を紹介してくれます。

また、企業からのスカウトやヘッドハンターからのスカウトも一括でアプリ内で確認可能です。

ほかにもアプリ内には、職務経歴書の書き方などを解説した動画コンテンツ、応募前の合格診断まで、幅広いサービスが用意されています。

初めて転職活動をする人にとってありがたい機能が詰まった、初心者にやさしい転職アプリです。

ビズリーチ

ビズリーチ

出典元:ビズリーチ

ビズリーチは、国内最大級のヘッドハンティング型転職エージェントが運営するアプリです。

ハイレベルな人材の転職に特化しており、掲載された求人の3分の1以上が年収1000万円以上になっています。

ビズリーチに職務履歴書を登録すると、ヘッドハンターや優良企業からスカウトを受け取ることができます。

ビズリーチのスカウトは、数ある転職サービスのなかでも、スカウトの質が高いことで有名です。

ビズリーチでは、2021年7月時点で約5,100人以上のヘッドハンターが在籍し、その数は業界最多です。

ヘッドハンターは、全員が外資・日系大手などの優良企業出身で、経験豊富なヘッドハンターによって厳選されたスカウトが届きます。

よりレベルの高い企業・ポジションを狙っている人におすすめのアプリです。

20〜30代ハイエンド特化なら伴走型の転職エージェント「ASSIGN」

株式会社ASSIGNは、ハイエンドに特化した転職エージェントです。

コンサルファームへの転職支援からスタートし、現在では経営企画職や営業職など幅広い職種のキャリア形成・転職支援を行っています。

一人ひとりの価値観を軸にした完全オーダーメイド選考対策

ASSIGNでは、一人ひとりの価値観や強みに向き合い、キャリアの方向性を踏まえた支援を行います。

そのため、初回の面談でいきなり案件を紹介することは一切ありません。

現職での経験や強み、目指したい将来像やライフプランについてヒアリングした上で、一人ひとりに合わせた「オーダーメイドの選考対策資料」をご用意します。

そして、提案した選考対策資料やキャリア戦略に納得いただいてから、初めて案件紹介へと移行します。

このように、キャリアや価値観に基づき、戦略的に転職活動を行うのがASSIGNの強みです。

目先の転職だけでなく、あなたの将来がより豊かで、理想のキャリアやライフプランを実現できるよう、伴走型エージェントとして最大限バックアップいたします。

一流エージェントがあなたの専任コンサルタントに

ASSIGNの創業メンバーは、全員コンサルティングファーム出身。

IBMやRecruit、野村証券を始め、大手海運やグローバルメーカー出身者など、トップ企業で実績を残したエージェントがあなたの支援を行います。

2021年6月には、株式会社ビズリーチが主催「JAPAN HEADHUNTER AWARDS 2021」にて、弊社取締役 奥井亮が、最も高い結果を残したキャリアエージェントに贈られる 「ヘッドハンター・オブ・ザ・イヤー(大賞)」を受賞いたしました。

このような実績あるメンバーによる、長期的なサポートをお約束させていただきます。

また、ASSIGNでは担当エージェントが採用企業と直接やりとりを行う「両面型」を採用。

そのため、企業側が求めている人材やスキル、価値観や入社後の業務内容まで、詳細にお伝えすることが可能です。

一人ひとりの長期的なキャリアに向き合いながら、丁寧なサポートをしていきます。

» JAPAN HEADHUNTER AWARDS 2021の詳細はこちら

日本初AIキャリアシミュレーション「VIEW」を活用

「ASSIGN」では、日本初AIがキャリアシミュレーションを行う、先進的なアプリ「VIEW」を開発しました。

2万人以上のキャリアデータをもとに、AIがあなたに合うキャリアを自動でランキング化します。

約3分で経歴や価値観を登録でき、キャリアシナリオの可視化が可能です。

アプリを使用することで、今自分のなかで思い浮かべるキャリアが明確化するだけでなく、新たな可能性や選択肢を見出すことができます。

自分の可能性を広げたい人は、ぜひ「VIEW」をご利用ください。

無料でのキャリア相談はこちら

お電話にて30分程度のお時間をいただき、目の前の転職だけでなく将来を見据えたキャリア面談を実施いたします。

面談では、あなたが持つ価値観やキャリアのヒアリングをし、転職市場のトレンドや動向まで丁寧にお伝えします。

以下のリンクより面談日時をご指定頂き、その場でのご予約が可能です。