転職サイトの選び方を徹底解説。転職サイト利用のメリット・デメリットも紹介

転職サイトの選び方を徹底解説。転職サイト利用のメリット・デメリットも紹介

転職活動を始めるにあたり、多くの人が利用するのが「転職サイト」です。

しかし、いざ転職サイトを見てみると、種類が多すぎてどのサイトを利用すべきか迷ってしまう方も多く、なかには「とりあえず、大手サイトを使えば間違いないのでは」と考える人もいると思います。

しかし転職サイトは、種類よって得意分野やサービス内容が大きく異なるため、自分のキャリアや希望職種に合った転職サイトを選ぶ必要があります。

そこで本記事では、転職サイトの選び方や転職サイトを活用するメリット・デメリットをご紹介します。

適切な転職サイトを利用することで、より効率よく転職活動を進めることができ、自分に合った企業が見つかる確率も上げることができます。

ぜひ転職サイト選びの参考にしてください。

転職サイトはどのように選べばよいのか

転職サイトは数多く存在しますが、そのなかから自分のニーズに合ったものを選ぶことが大切です。

以下の選び方を基準にしながら、自分に適切な転職サイトを選定してください。

タイプ別で選ぶ

転職サイトには、大きく分けて「総合型」「特化型」と2種類があります。

総合型は、職種や業種、年齢に関係なく、あらゆる求人が登録されている転職サイトです。

特化型より掲載求人数が多く、幅広い求人を検索できます。

また、業界未経験の求人も豊富に掲載されているため、未経験業種への転職を希望する方でも利用しやすいものです。

一方、特化型は、職種・業種、年齢、キャリア(年収)に特化した転職サイトです。

求人数は総合型より少ないものの、業界経験者向けやハイクラス向けなどに特化した求人を、豊富に掲載しています。

業界未経験への転職でキャリアチェンジを目指す場合は「総合型」を、同業種・同職種でキャリアアップを目指す場合は「特化型」を使用するのがよいです。

転職エージェントとの併設型で選ぶ

転職エージェントと併設する転職サイトであれば、転職のプロであるエージェントからサポートを受けることが可能です。

基本的に転職サイトは「求人を探して応募する」という用途のみで使用されます。

しかし「独断で転職活動を進めるのは不安だ」という方にとっては、心許ないのも事実です。

このような物足りない部分をカバーしてくれるのが、転職エージェントの強みになります。

応募書類の添削や面接対策をしてくれたり、企業との仲介役として選考日程の調整をしてくれたりと、転職のプロからの充実したサポートを受けられます。

手厚い支援を受けながら転職活動を進めたい場合は、転職エージェントとの併用型を選んでください。

スカウトやオファー機能の有無で選ぶ

企業からのスカウト・オファー機能があるかも確認してください。

自分のスキルや経歴を元に、転職先の候補を提供してくれるスカウトやオファー機能を利用すれば、自分の選択肢がさらに広がります。

また、転職サイトのスカウト機能には「転職エージェント担当者からのスカウト」と「企業の採用担当者からの直接スカウト」の2タイプがあります。

特に、企業の採用担当者から直接届くスカウトであれば、書類選考の通過率も高くなる傾向にあります。

転職サイトを選ぶ際は、スカウト機能の有無に加えてスカウトの種類についても確認してみてください。

現在の年収と比較して選ぶ

自分の年収と比較して、転職サイトを選ぶことも重要です。

転職サイトのなかには、扱う求人を「年収〇〇円以上」と定めて、利用者にある程度以上の実力やスキルを求めているサイトもあります。

自分に合わない、またはレベルの高すぎるサービスを選んでしまうと、「求人がなかなか見つからない」「応募しても全く反応がない」などになりかねません。

効率よく求人を見つけるためにも、転職サイトが扱う年収を確認することも大切です。

求人掲載数で選ぶ

必ず押さえておきたいのが、転職サイトの求人掲載数です。

求人掲載数が多いほど、自分の希望に合った企業やボジションが見つかりやすくなります。

自分の希望する業界や勤務地の求人が十分かを確認しつつ、自分に適切なサイトを選ぶようにしてください。

また、できるだけ多くの求人を見れるように、複数の転職サイトを併用して探すのもおすすめです。

サポート体制で選ぶ

求人サイトによって、サポート体制は異なります。

サポート内容としては、下記のようなものがあります。

  • 興味ある企業からのオファー機能
  • 企業や転職サイトからのスカウト機能
  • 年収査定ツールや自己分析ツール
  • 面接対策
  • 履歴書・職務経歴書添削

これらのサポート内容は、各サイトの特徴や転職エージェントと併設しているかによって全く異なります。

自分が受けたい転職支援内容が、その転職サイトに対応しているかを確かめてください。

転職サイト利用の流れを解説

転職活動

続いて、転職サイトを利用する流れを解説します。

内定獲得までどのように進めていくのかをあらかじめ把握しておきます。

転職サイトに登録

まずは、転職サイトに登録をします。

ほとんどの転職サイトでは、利用するにあたり会員登録が必要です。

登録の際は、自分の経歴やスキル、転職希望条件などを記入します。

サイト登録で名前とメールアドレスしか記入しない場合もありますが、求人応募の際に入力が求められるスキルや経歴なども、先に記入しておくとよいです。

求人情報を検索

次に、求人情報を検索します。

自分の転職先に求める条件や勤務地などを入力することで、自分に合った企業を探すことができます。

掲載された募集要項や待遇などを確認し、自分のこれからのキャリアに合うかどうかを確認してください。

また、気になった企業を詳しく知るためにも、企業のホームページなども確認して会社の経営理念や雰囲気を調べておくとよいです。

さまざまな手段を活用して情報収集しながら、気になる企業を比較してください。

求人へ応募

企業分析を進め、応募の意思が固まったら、実際に転職サイトを通して求人に応募します。

応募するにあたって、まずは履歴書や職務経歴書の準備が必要です。

自己分析や企業分析を踏まえて、採用者に響くような志望動機と自己PRを作り込みます。

また、求人の検索・応募の際は、スカウト・オファー機能を併用するのがおすすめです。

効率よく求人を見つけたい方は、求人検索だけでなくスカウトやオファーも活用してください。

選考

求人への応募と書類の提出が済んだら、いよいよ選考です。

まずは書類選考、通過したら面接選考へと移行します。

選考が始まったら、面接対策を本格的に行います。

改めて応募企業について分析し、「企業が自分を採用するメリットは何か」「自分の経歴やスキルを使って、どのように会社に貢献できるか」を考えてみてください。

採用メリットを明確に述べることができれば、企業があなたを採用する大きな裏付けになります。

十分な対策を打った上で、面接当日を迎えるようにしてください。

» 【例文付き】面接で退職理由をネガティブからポジティブへ言い換えるポイント

» 転職活動でおさえておきたい中途採用面接の流れやマナー、質問の回答例

» 転職の最終面でよくある質問と回答のポイントを徹底解説

» 【2021年】転職で二次面接を通過するための対策を徹底解説

» 【在職中の転職活動の進め方】平日面接への対応方法について

» 【2021年】面接でよく聞かれる中途採用向け質問集と回答例

転職サイトに登録するメリット・デメリットについて

ここからは、転職サイトを利用するメリット・デメリットをご紹介します。

メリット・デメリット双方を把握した上で、転職サイトを効率よく活用してください。

転職サイトに登録するメリット

転職サイトを利用するメリットは以下の通りです。

  • 大量の求人情報を比較できる
  • 自分のペースで転職活動が進められる
  • 無料で使える

転職サイト最大のメリットは、幅広い求人を見て比較できる点です。

またエージェントのような存在がいない分、焦らず自分のペースで転職活動が進められるというメリットもあります。

転職サイトに登録するデメリット

転職サイトを利用するデメリットは、以下の通りです。

  • 検索できる求人に限界がある
  • キャリアアドバイザーから助言がもらえない
  • 非公開求人に応募することができない

転職サイトでは数多くの求人を探せるものの、自分の検索だけではどうしても数が限られます。

また、転職サイトはプロのエージェントが関わっていないため、相談・アドバイスを受ける、非公開求人を閲覧するといったサポートは受けられません。

そのため「より専門的な支援を受けたい」「独断ではなく、プロに相談しながら転職活動を進めたい」という方は、転職エージェントを利用した方がよいです。

特にハイクラス転職を目指す場合は、転職サイトのサービスのみでは不安を感じる場面が多いと思います。

20-30代ハイクラス特化型の転職エージェント「ASSIGN」では、コンサルファームや経営企画職、営業職など、幅広い職種の転職支援をしています。

キャリア面談や履歴書添削、面接対策といったあらゆる転職サポートを無料で提供しているので、ぜひこれを機に利用を検討してみてください。

» ASSIGNについてさらに詳しく

転職サイトの便利な使い方

スマートフォン

メリット・デメリットの両方が存在するのが転職サイトです。

しかし、効率のよい使い方をすれば、転職サイトの良さを最大限に発揮できます。

ここからは、効率的に転職活動を進めるための、転職サイトの便利な使い方について紹介します。

転職サイトだけでなく転職アプリも併用する

最近では、転職活動の効率化に役立つさまざまなアプリが普及しています。

転職アプリと転職サイトを併用することで、より幅広い求人と出会え、あなたの可能性が広がります。

転職アプリは、応募書類の作成や面接対策、スカウト機能など、さまざまなサービスを展開しています。

特に、転職活動には欠かせない「自己分析」に役立つ機能は、転職アプリならではの特徴です。

転職サイトにはない部分をアプリでカバーすれば、より効率的に転職活動が進められます。

例えば、自己分析に役立つアプリとして、AIがキャリアシミュレーションを行う「VIEW」なら、2万人以上のキャリアデータを元に、AIがあなたに合うキャリアを自動でランキング化してくれます。

約3分で経歴や価値観を登録でき、キャリアシナリオを可視化できます。

アプリを使用すれば、「転職においてどういった選択肢があるのか」「どういったキャリアアップの方向性があるのか」を明確化できます。

自分の可能性や選択肢を広げたい方は、ぜひ利用してみてください。

手厚い支援でさらに効率化「転職エージェント」も活用

転職サイトだけでなく、プロからの支援を受けられる転職エージェントの活用も視野に入れてみてください。

転職エージェントには、転職サイトだけでは補完できないサービスが数多く存在します。

スキルの棚卸しや応募書類の添削、面接対策など、これらは転職を成功させる上で欠かせません。

自分だけの判断で転職活動をしていても、職歴やスキルを客観視することができず、自分に合った求人に出会える確率も低くなります。

  • プロから転職サポートを受けたい方
  • 非公開求人にも触れて、転職先の選択肢を増やしたい方
  • 給与・待遇交渉をはじめとする企業とのやりとりに自信がない方
  • ハイクラス特化の求人に応募したい方

上記のような方は、転職エージェントの利用をおすすめします。

以下の記事では、転職エージェントの選び方について解説しています。

複数の転職サイトへ登録する

1つの転職サイトではなく、複数の転職サイトへ登録する方法もよいです。

転職サイトは、求人掲載数が多い、特定業界の転職に強い、などそれぞれ強みが異なります。

そのため、1つの転職サイトにこだわっていると、どうしてもリーチできる求人が限られてしまいます。

複数の求人サイトを活用すれば、求人数と求人の質、両方を重視しながら、転職活動を進められます。

自分に合う企業候補をできるだけ多く見つけるためにも、転職サイトの併用は欠かせません。

転職サイトの新着求人更新日をチェックする

求人サイトは、それぞれ求人が更新される曜日が決まっています。(※大手転職サイトは週に2回の更新が基本)

更新日をあらかじめチェックしておくことで、更新されたらすぐに新着求人に飛びつけます。

人気企業の求人や、待遇のよい求人は、即座にエントリーが集まります。

応募が殺到した場合には、応募締め切り日を前にして募集がストップされるケースも多々あります。

新着求人を逃さないためにも、更新日を忘れずに確認してください。

口コミやインタビューページも参考にする

転職サイトの情報だけに限らず、口コミやインタビューページも確認します。

口コミやインタビューを確認することで、会社の雰囲気や働く環境などを捉えることができます。

実際に求人サイトに載っている内容は、仕事内容や募集内容だけで、評判や働く環境については詳しく掲載されていません。

企業とのミスマッチを防ぐためにも、口コミやインタビューまで目を通すようにしてください。

お気に入り追加やオファー機能で効率よく進める

ただ求人を検索するだけでなく、お気に入り追加やオファー機能も活用します。

随時求人を探すだけでは、転職活動を効率よく進められません。

気になった企業をお気に入り追加して、後ほどほかの企業と比較できるようにしたり、自分の転職条件を登録してオファー機能も活用したりと、機能をうまく活用してください。

20〜30代ハイエンド特化なら伴走型の転職エージェント「ASSIGN」

「ASSIGN」は、経営企画職や営業職など幅広い職種の転職支援を行う、20〜30代向け転職エージェントです。

ハイクラスに特化しており、現職よりさらにキャリアアップ・収入アップを目指す人が数多く利用しています。

一人ひとり完全オーダーメイドの選考対策を用意

ASSIGNでは、一人ひとりの価値観や強みに向き合い、キャリアの方向性を踏まえた支援を行います。

そのため、初回でいきなり案件を紹介することはありません。

まずは面談を通してあなたの長所や価値観を分析し、一人ひとりに合わせた「オーダーメイドの選考対策資料」を作成します。

そして、ご提案する選考対策資料やキャリア戦略に納得いただいてから、初めて案件紹介へと移行します。

キャリアに基づきながら、戦略的に転職活動を行うのがASSIGNの強みです。

企業への連絡・調整もすべてASSIGNにお任せ

ASSIGNでは、担当エージェントが採用企業と直接やりとりを行う「両面型」を採用しています。

そのため、企業への連絡や面接の日程調整などの細かな業務を、全てASSIGN側にお任せすることが可能。

できるだけ自分の手間を減らしつつ、転職活動を進められるでしょう。

さらに担当エージェントは、企業が求める人材やスキル、入社後の業務内容まで詳細に把握しているので、企業の情報を事細かくお伝えすることができます。

両面型ならではの、充実したサポートをご用意しています。

一流エージェントによる長期的なサポート

ASSIGNの創業メンバーは、全員コンサルティングファーム出身。

IBMやRecruit、野村証券を始め、大手海運やグローバルメーカー出身者など、トップ企業で実績を残したエージェントがご支援いたします。

また2021年6月には、株式会社ビズリーチが主催「JAPAN HEADHUNTER AWARDS 2021」にて、弊社取締役 奥井亮が、最も高い結果を残したキャリアエージェントに贈られる 「ヘッドハンター・オブ・ザ・イヤー(大賞)」を受賞いたしました。

実績あるメンバーが、あなたの長期的なキャリアを見据えた転職サポートをしていきます。

» JAPAN HEADHUNTER AWARDS 2021の詳細はこちら

無料でのキャリア相談はこちら

お電話にて30分程度のお時間をいただき、目の前の転職だけでなく将来を見据えたキャリア面談を実施いたします。

面談では、キャリアコンサルタントがあなたの価値観やキャリアをヒアリングをし、転職市場のトレンドや動向まで丁寧にお伝えします。

以下のリンクより面談日時をご指定いただき、その場でのご予約が可能です。

この機会にぜひご利用ください。